⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

日本で生まれた初めての仮想通貨モナーコイン。当初は2チャンネルの「ネタ」から作られたような仮想通貨でしたが、2014年1月1日の正式流通から3年の時を経ても消滅していません。

依然「日本人ネットオタク専用」のイメージから脱却し切れていない印象はあるものの、それなりに市場価値を保持しています。では、2017年の価値は昨年と比べてどう変化するか、今後コイン価格は値上がりする可能性があるのか、占ってみましょう。

モナーコインの特徴

ビットコインが仮想通貨の代名詞になっているような現状ですが、他にも仮想通貨は数多くあります。

しかし、そのほとんどは発祥が外国で、その中で日本発祥の唯一の仮想通貨がモナーコインです。

もともとは掲示板「2チャンネル」から生まれたもので、2013年12月23日に公開され、翌2014年1月1日に現行のブロックチェーンに移行しています。

その過程を振り返ると「面白半分」で作られたような気もしますが、現在でも市場価値が出ており、「モナーコインプロジェクト」という公式サイトもあります。

発行元

モナーコインもビットコインと同様、発行元は存在しません。

公式サイト「モナーコインプロジェクト」ではコインの発行・運営はしていません。

参加者のパソコンで作動するプログラムによって維持されており、管理者は存在しません。

モナーコインのマイニング方法

マイニングとは、採掘のこと。大量のデータを解析して、有用な情報を抽出することです。

いわゆる取引の認証作業です。

モナーコインやビットコインなどの仮想通貨は、このマイニングがコインの偽造や不正利用を防ぐための重要な行為になります。世界各国でこの承認作業の競争が起こっています。

なぜなら、マイニングに成功した人には、新規に生成された一定のコインが貰えるからです。

こうしたマイニングの作業が、不正な取引を防いでいます。モナーコインをマイニングで得ようと思ったら、高性能のパソコンでツールを使わなければなりません。

それなりのスペックがなければ多くのコインを得ることはできません。

電気代も相当かかります。

今からモナーコインのマイニングに参加しても、それほどうま味はないようです。

モナ―コインの価格変動

モナーコインのこれまでの最高値は2014年3月21日の17.3円。

しかし、すぐに急落し、翌日には9.9円まで下がっています。

現在では2.5~3.2円の間を行き来しています。

最高値をつけた当時、実際に長野県の別荘地を「5000MONA」で売却したいという人があらわれたり、

ホリエモンこと堀江貴文がメディアでモナーコインについて語ったことが興味を呼び、値上げのつながったようです。

今後もメディアでニュースなどの取り上げられるようなことがあれば、再び価格が高騰する可能性はあります。

モナーコインの使える場所

モナーコインを使える場所は結構あります。

以下はamazonギフト券などを売買するサイトですが、モナーコインやビットコインが使えます。

・amaten

・コインギフト

・Bitでマネー

ただ、こうしたサイトでは「偽物のギフト券を買わされた」などの詐欺被害も出ており、利用する際はくれぐれも慎重に。

その他、同人誌サイトやコミックマーケットなどモナーコインを使える場所があり、利用者コミュニティもあります。

取引所

モナーコインの取引所として使い勝手がよく、便利なところはZaifです。

Zaifでは、モナーコイン(通貨MONA)を日本円又はビットコインで購入することができます。

また、Zaifは取引所だけでなく、店舗向けにビットコイン・モナーコインでの決済が可能となるサービス「Zaif Payment」も提供しています。

「Zaif Payment」を導入した店舗は、買い物客がビットコイン・モナーコインで支払いすることができ、店舗側は支払い金額を2営業日後に日本円で受け取ることができます。

しかも、価格変動の大きい仮想通貨ですが、その際のリスクの負担はZaif側が請負うそうです。

店舗側にはクレジットカード決済と比べるとメリット大の決済方法ですね。

2017年モナーコインの価値

2017年2月10日現在、zaifの日本円での買値は1MONA 3.5円です。

一時、1円台まで下がっていたことを思えば、上昇をみせています。

最近では3円台の安定基調を示しています。

モナーコインの将来性

モナーコインの今後の価格を予想するのは容易ではありませんが、ある程度をユーザー間で取引されており、完全に消滅することはないでしょう。

モナーコインを賞金にしたゲーム大会なども開催されており、2チャンネル界隈では依然活発な動きもあります。

海外でもマイニングと取り引きがされており、ネットでの売買も今後増えてくる雰囲気も感じます。
将来性に関して断定的なことは言いにくいですが、今後なにかのきっかけ、例えばマスコミで大きく取り上げられたり、著名人がモナーコインに関して発言したりすれば、

価格が高騰する可能性はあるでしょう。

スマートATM

個人間でビットコインやモナーコ―ンを売買するシステムがあることをご存じでしょうか。

zaifが提供するスマートATM。

そのスマートATMでは、個人ユーザーからビットコインやモナーコインを対面販売で購入できます。

それもzaifへ会員登録なしでできます。

スマートATMの使い方

zaif スマートATMへアクセスし、「今すぐATMを探してみる」をクリック。

すると、地図上に近くのATMが表示され、詳細情報からスマートATMユーザーが公開している電話番号やメール、SNS情報から事前に連絡を取ることができます。

近場の人から購入するなど、目的にあったユーザーより購入することができます。

その際、位置情報を有効にしておく必要があります。

スマートATMで副業

スマートATMを使って空いた時間に副業ができます。

日本円で保証金を入金し手数料率を設定しておけば、誰でもビットコインとモナーコインの販売ビジネスが運営できます。

ZaifスマートATMでは、あらかじめATMの位置情報と手数料を設定して日本円の保証金を入金しておくと、販売時に自動的にビットコインに変換されるため、為替変動リスクなしに手数料収入が得られます。

スマートフォンやタブレット、パソコンがあれば、その場ですぐにビットコインATMを設置運営できます。

個人がビットコイン販売ビジネスを開始できる点は魅力的ですね。

情報トレンド

仮想通貨の情報の移り変わりのスピードは速いです。

ほんの2~3週間前の情報が古くなったりします。

仮想通貨で投資を考えている人は、情報収集に敏感になっておく必要があります。

ポータルサイトやニュースサイト、コミュニティなどで最新の情報をこまめにチェックしておきましょう。

モナーコインのポータルサイト=Mona!JAPAN

モナーコインのウォレット&ポータルサイト=Monappy

リンク集=Mona Link

その他、モナーコインのニュース・情報サイトやコミニュテイなど検索すれな数多く出てきます。

取引履歴

仮想通貨の最大の特徴は、個々のコインの取引履歴がすべて共有されていて、自分の取引だけでなく、他人のものも含め、すべてを自由に確認出来るようになっている点です。

下位はモナーコインの取引履歴を確認できるサイト

Insight Monacoin

ビットコイン用もあります。

Blockchain.info

仮想通貨を使っている全員の通帳が匿名にした状態で全世界に公開されています。

改めて仮想通貨のすごさ感じますね。

まとめ

市場規模を考えると、ビットコインより数段劣るモナーコイン。

世界の規模のビットコインに対し、モナーコインは日本のネット民専用の印象が拭えないだけに、将来性を問われると疑問符を投げかけざるを得ません。

とはいえ、依然コミュティは健在で、モナーコインが使える場所が増えてきていることも確か。

今後も何か知名度がアップする要素があらわれれば、価格上昇の可能性はありそうですが、規模の点からビットコインのように何百倍、何万倍も高騰するようなことはないでしょう。

この通貨を広めようとする人もあまり見かけません。

それでも一時に比べ安定軌道に乗った感のあるモナーコイン。

日本発祥の仮想通貨だけに、日本人には取っつきやすく、初心者が仮想通貨に慣れる意味で少し購入しておくには、ちょうどいいコインかもしれません。

目先の売買で利益を得ようと思えばビットコインを筆頭にランキング上位の仮想通貨を狙うべきでしょう。

モナーコインはあくまで少額投資で楽しむ仮想通貨ではないでしょうか・・・。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する