⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の時価総額ランキングでビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3位にランクされているリップル。Googlが出資し、銀行が導入を決めるなど注目されていますが、まだ情報が少なく、投資対象として判断を迷っている人も多いでしょう。

では、実際のところ2017年リップルコインの動きはどうなるのか? 取り巻く背景や、その仕組みなどを詳しく見ていきましょう。

リップルとは?

リップルはそれ自体、仮想通貨ではありません。

リップルはRipple Labs Inc(リップル・ラボ)という会社が提供する金融商品の決済・送金システムのことです。

そこで使われる通貨は「XRP」といいます。

つまり、リップルのコインとは「XRP」のことです。

読み方は「エックスアールピー」、または「リップルズ」。
リップルというシステムの中で「仲介通貨」としてXRPが使用されているのです。

従って、リップルコインではなく、XRPコインといった方が正しいでしょう。
ピットコインのイメージを引きずってリップルコインと呼ぶ人もいますが、

正確にはこれは間違いであることを認識しておく必要があるでしょう。

リップルの特徴

前述した通り、リップルは、決済・送金システムを迅速かつ安価に行われることを目的として設立されました。

最大の特徴は、決済・送金システムがピットコインより速く完結するという点です。

そのシステムは現行の銀行間の取引システムを大きく変え、革命的とさえ言われています。
例えば、日本円から米ドルに両替する際や米ドルから欧ユーロに両替する際、その中間を通る通貨が瞬時にXRPになり、システム内を通過するのです。

そうした形で、XRPはその橋渡し役を担うため「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。

XRPは円やドルの法定通貨でも、ビットコインなどの仮想通貨でも、どんな通貨でも自由に交換することができます。
手数料もいままでより大幅に安価になります。

いままでになかった優れたシステムが評価されるリップルの決済・送金システム。

その点が仮想通貨の時価総額ランキングで上位にランクされている要因です。

リップルのメリット

リップルはビットコインの弱点を補うために開発された決済システムだと言われています。

リップルは国際間の取引を瞬時に処理してくれる「リップルコネクト」という独自の海外送金ソリューションを開発しており、この技術により、ビットコインよりもはるかに早いスピードで送金を完了します。
リップルは自由度の高さも大きな特徴です。

例えば銀行振込みで円を送金しようとすると、銀行ごとに1日に振り込める上限額が決まっていることが多いですが、

リップルの場合は、24時間いつでもいくらでも自由に送金することが可能です。

リップルとビットコインの違い

同じ仮想通貨でもリップルとピットコインは、その特性や性格が違います。

リップルは創業者が明確になっていますが、ビットコインは誰が創業者がわかっていません。

また、仕組みも異なり、ビットコインは管理者が存在しませんが、リップルは「リップル・ラボ」が管理主体です。

ビットコインが分権化なら、リップルは中央集権といえます。

上限発行数

リップルとビットコインは発行上限数も大きく違います。

ビットコインの上限は2.100万枚ですが、リップルのそれは1,000億万枚。

リップルの方がビットコインより約5倍多いです。

発行の仕組み

リップルとビットコインは発行の仕組みも違います。

ビットコインは0から始まって2.100万枚に到達したところで終了です。

それに対し、リップルはすでに1,000億万枚が存在しています。

ネットワークで処理が行われるごとにリップルのXRPが減少する設計になっています。
リップルは仕組み上、一度利用されると消化されていく性質を持っています。

そのため、普及が進めば進むほど、数が少なくなるとともに需要が出てきて、XRPの価値の上昇につながると見られています。

日本の銀行が導入

日本の銀行間でもこのシステムが取り入れられることが決定しています。

みずほフィナンシャルグループとSBIホールディングスが共同でリップルのシステムを使った送金の実験を行っています。

2017年3月の正式な構築時には他に40以上の地方銀行が参加する決済用プラットフォームを稼働するとしています。

リップルをカスタマイズして利用されるプロジェクトで、外国為替だけでなく国内市場をカバーするとしています。
銀行間の送金などにリップルXRP導入が決定した以上、将来的にリップル自体が消滅してしまう可能性は低いといえるでしょう。

2016年当初は安値で推移していたリップルですが、銀行間でのシステムの採用などが広く知れ渡るようになれば、

2017年春以降は価格は上昇してくるのではないでしょうか。

リップルの価格変動

大きく乱高下を続けるピットコインの価格変動と比べると、リップルの動きは堅調です。

ピットコインは2016年12月20日に1BTC10万円を記録し、そこからさらに上昇を続け、2017年に入ると、さらに価格が高騰。元旦に11万ほどだったのが1月5日には一気に15万まで上昇しました。

しかし、ここをピークに以降は価格下落。

今現在、11~12万円ほどで推移しています。
一方のリップルはというと、ピットコインほどの派手な価格変動はありません。

過去1年間、だいたい0.7円~0.8円(1XRP)で推移しています。

1BTCが10万円以上するピットコインに比べ、1XRPが1円以下のリップル。

庶民でも手が出せる価格です。

銀行が導入を決めた、金融商品の決済・送金システムを考えれば、

手堅い投資先として、ひとつの選択肢になりそうです。

リップルが描くビジネスモデル

リップルの世界中を網羅する決済ネットワークが広く実現すれば、どのような通貨も、誰でもメールを送信するように数秒でほぼ無料で送れます。

個人は、銀行や金融機関を介さず地球規模の決済システムが利用できるようになります。

企業は、新たなビジネスを提供できるようになります。

同時に個人や企業ともに一目で決済の状態を把握でき、資産管理を容易にします。

外国人出稼ぎ労働者にメリット

リップルの送金システムが世界規模で実現すれば、外国人出稼ぎ労働者の母国への送金問題に大きく貢献するといわれています。

日本人にはあまり知られていませんが、外国人出稼ぎ労働者が母国へ送金する際、着金に4日から1週間ほどかかり、手数料も10%ほどかかります。

外国人出稼ぎ労働者は、労働の対価が中間業者によって搾取されている形です。
例えば、日本に出稼ぎにきた外国人労働者が一カ月に20万円を稼ぎ、

そのうちの5万円を母国の家族へ送金する際、5千円の手数料を取られるのです。

それが毎月なら1年で6万円になります。
リップルの送金システムは、こうした母国への送金問題を一気に解決します。

外国人出稼ぎ労働者にとって、リップルは「救いの神」になるのではないでしょうか。

2017リップルの動き

昨年3月3日までリップルなどの仮想通貨は法律上での定義はありませんでした。

それまで仮想通貨は「モノ」扱いで購入する際などは消費税がかかっていました。

しかし、3月4日に仮想通貨法案が閣議決定し、日本国内で仮想通貨が「貨幣」扱いとなりました。

2017年春を目途に消費税がかからなくなるようです。

今春をメドに拡大

リップルはモノやサービスではなく「支払い手段」と明確に位置付けられています。

貨幣と認められ、支払い手段として位置付けられたリップルは2017年春をメドに

さらに拡大が見込まれそうです。

まとめ

ビットコインに比べると、まだまだ存在感の薄いリップルですが、世界各国の銀行の動きや日本における仮想通貨の取り扱い法が改定されたことにより、着実にその認知度は高まりつつあります。今後、需要も増加することが予想されています。

ただ、銀行間の決済・送金システムとして導入は決定していますが、一方で投資対象としては評価微妙な部分もあります。
というのも、リップルは決済・送金システムとしてXRPを使うのであって、「一般ユーザーのXRPの取引は制限していくのでは?」という指摘がささやかれているのです。

このあたりの事情が価格上昇につながらない要因ではないでしょうか・・・。
とはいえ、ビットコインと比べると、まだまだ価格が安いリップルXRP。

価格変動も大きくない今のうちにリップルを買っておくと、この先、取り巻く状況次第で一気にブレイクする可能性もないとは言い切れません。

このあたりは各自の判断次第。あくまで投資は自己責任です。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する