⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨は、形がなくて、電子的データであるために、お札や硬貨のようにお財布にいれて持ち歩くことは出来ません。

そのため、保管する時も送金する時も、受け取る時も『ウォレット』と呼ばれる場所から場所へと移動することになります。このウォレットは、身近なもので言えば銀行口座に近いものです。

せっかくのブロックチェーン技術により暗号化されて送金時の安全性を高められた仮想通貨であっても、ウォレットの安全性を保てなければ意味がありません。

そこで、ここでは仮想通貨の安全性を保つ為に必要なウォレットについて説明します。

ウォレットの種類

まず、このウォレットにはいくつかの種類があります。

デスクトップのウォレット(アプリをダウンロードして、ハードディスクに保存する方式)。

オンラインにあるウォレット(最も多いタイプ)。

ハードウェアウォレットと呼ばれる、USBメモリタイプのウォレット。

ペーパー(コールド)ウォレット。

それぞれの特徴と、安全性を保つために必要なウォレットについてご説明しましょう。

デスクトップのウォレット

これは、自分が持っている仮想通貨を自分のPCのハードディスクや、スマホのメモリの中に保存するタイプのウォレットです。

専用のアプリケーションを自分のPCやスマホにダウンロードして、ウォレットとなるアプリケーションに仮想通貨を送金して保管します。これによって、自分のPCやスマホがオフラインであれば、誰も仮想通貨を盗み出すことはできなくなる、というものです。

ただし、問題としては、そのPCやスマホが故障したり、データを失ってしまう可能性があります。また、コンピューターウィルスなどに感染する危険性もあります。

自分の手近においておけるという点と、自分自身で安全を確保しているという満足感は感じられるかもしれません。しかし、PCやスマホには毎日たくさんのデータが出入りしますし、オフラインに保つことも難しいため、この方法はそれほど安全性は高くはありません。

あまりおすすめできない方法ですが、一応紹介はしておきます。

オンラインにあるウォレット

取引所で仮想通貨を交換した場合、一旦保管される口座や、BLOCKCHAIN.INFOに代表されるようなウォレットが、このオンラインにあるウォレットになります。

無料で利用出来る上、セキュリティ対策も取られているため最も多くの人が利用する、ウォレットでもあります。

ただし、マウントゴックス倒産のきっかけとなったのは、取引所が管理する口座の暗証番号が盗まれたことです。基本は、BLOCKCHAIN.INFOのように、取引所とは別のウォレットで保管するものだ、という認識を持ちましょう。

なお、オンラインであるという特性から、不特定多数の端末からアクセスが可能になっています。つまり、自宅のPCからでも、自分のスマホからでも、会社のPCからでも、他の誰かのスマホからもアクセスして送金することが可能です。

つまり、オンライン上での管理は、アカウントやパスワードの管理が安全性を保つ全てだと言っても過言ではありません。

2段階認証は当然ですが、ご使用の段階で選択できる、最もセキュリティレベルの高い方法を選択しておきましょう。

ハードウェアウォレット

USBメモリの形をしたウォレットです。PCから取り外してしまえばオフラインの状態に保て、完全に物理的にアクセスできなくなっているため、最も安全なウォレットの一つになります。

仮想通貨は電子的データですから、そのデータをUSBメモリの形をしたウォレットに記録(保管)してしまえば、あなたがそのハードウェアウォレットをPCに接続しない限りは、他の誰もアクセスのしようがありません。

そのためハードウェアウォレットを厳重に保管することで、仮想通貨を外部から一切アクセス出来ないようにすることができます。

ただし、このハードウェアウォレットは、物理的に破壊されてしまえば仮想通貨を取り出せなくなる可能性があります。

あるいは、信頼性の低い製品の場合は、その製品自体に問題が生じる可能性もあります。

そのため、ハードウェアウォレットの安全性は、ハードウェアウォレットの製品としての信頼性の高いものを使う必要があります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットというのは、仮想通貨をお札のように紙にしてしまおう、という発想から生まれたウォレットです。コールドウォレットとも呼ばれるようです。

見た目がお札っぽいので、ウォレット?お札?と混乱しそうですね(ペーパーウォレットを、財布(ウォレット)に入れて・・・というと、ややこしいですね。)

これは、紙にQRコード(二次元バーコード)の形でプリントアウトして、物理的かつ非電子的媒体である『紙』に仮想通貨を保管してしまおうという仕組みです。

先ほどの説明にありました、ハードウェアウォレットの『物理的に外部からアクセスできなくする』という利点と、『ハードウェアウォレットの故障』というリスク面をなくす、ある意味では最も安全性の高いウォレットになります。

・・・しかし、これには大きな問題点があります。

それは、偽造出来るということです。

偽造というと大げさですが、要はコピーしちゃえるってことです。普段使うお金(法定通貨)はそもそも偽造できないから、信用して使っています。しかし、このペーパータイプのウォレットは、偽造できてしまいます。コピーしても警察につかまりません(法定通貨はコピーしたりスキャンするだけで犯罪です)。

この辺りは、ハードウェアウォレットとどっちが安全性が高いか?というと、少々意見が分かれるところですね。

とはいえ、安全性の高いウォレットの一つであることは変わりありません。

最も安全性の高いウォレット

まず、オフラインの形で保管するウォレットであることが、最も安全性の高いウォレットであることは間違いありません。

先ほどお伝えしたとおり、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットがそのオフラインで保管するウォレットになります。

そして、どちらが安全性が高いかというと、これは意見が分かれるところですが、私個人の意見を言うと、ハードウェアウォレットの中でも、上級クラスのものが最も安全性が高いと考えています。

理由は、このクラスのハードウェアウォレットは、オフラインでの保管でハッキングを防止するだけではなく、実際にハードウェアにも強固なセキュリティを施すことができるためです。

そのため、二重三重に安全性を確保することが可能になります。

物理的な破壊についても、ペーパーウォレットと比較した場合、どちらが破壊しやすいか?は明らかではないでしょうか。紙の方が、破られたり汚されたり、破壊しやすいとは思いませんか?

以上から、意見がわかれるところではありますが、私の意見としては、上級クラスのハードウェアウォレットが最も安全性が高いと考えます。

仮想通貨を安全に保管するために

仮想通貨を安全に保管するには、どのタイプのウォレットを使うにしても、アカウントとパスワードの厳重管理、2段階認証は最低ライン、セキュリティレベルはその時に選択可能な最も高いものを選ぶ、ということが前提となります。

その上で、頻繁に使わない仮想通貨の保管には、オフラインのウォレットを使い、使う予定のあるものはオンラインの、ただし取引所のウォレット以外のウォレットを使うようにするべきです。

また、ハードウェアウォレットを使う場合は、必ず信頼性の高いものを選ぶようにしましょう。

またオンラインのウォレットを使う場合は、アカウントやパスワードの流出が最も多いトラブルの原因になっています。

意外ですが、スマホの写メでログイン画面を撮って保管している人は多いものです。しかし、この方法によるパスワード流出が多いので、必ず手帳などに手書きで書き写して大切に保管しておいてください。

いくらBLOCKCHAIN.INFOがセキュリティを強化しても、パスワードが流出しては防ぎようがないのですから。

まとめ

おそらく、一番初めは取引所のウォレット、その次がオンラインのウォレット、さらにその次がハードウェアウォレット、ごく一部の人はペーパー(コールド)ウォレットという順番に使ってみることになるでしょう。

そして大多数は、取引所とオンラインのウォレットとハードウェアウォレットを用途に合わせて使い分ける、というのが最も現実的で、トータルでみた安全性を確保できる使い方ではないでしょうか。

まずは少額から始めて、それぞれの操作や特徴をおさえて、慣れるところから始めていって、そもそも仮想通貨をどれくらい所持するかを知りましょう。

頻繁に取引をしないのであれば、ハードウェアウォレットに厳重に保管しておくというのが最も安心できる方法だと思います。

また、そこまで多額の仮想通貨を持っていない、という場合はオンラインでのウォレットのみということになるでしょう。その場合も、取引所のウォレットではないウォレットに移し、アカウントとパスワードは手帳などに手書きで写すようにしてくださいね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する