⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

注目のエイダコインのプレセールが終了して、いよいよ一般公開が見えてきました。

オンラインカジノや、スマホアプリの決済手段として、ほとんど瞬間的に送金が完了すると言われるエイダコイン。さらには、絶対に不正ができない仕組みを目指して、その技術的な側面も限界まで高められてきていると言われています。

そのキーマンとなるのが、天才数学者チャールズ・ホスキンソン氏。イーサリアムの開発者でもある彼が、従来の仮想通貨の弱点を全て克服して開発を進めてきたのですから、注目が集まるのもうなずけますね。

そこで、ここではエイダコインの公開日と、その詳細について振り返ってみましょう。

エイダコインの公開日

エイダコインの公開は2017年の2月となっています。しかし、2017年2月5日現在において、公開日はまだ確定していません。

現在は代理店の方へのアンケートなどを集めている段階で、今後もエイダコインの普及に協力をしてもらえるのか?という意思確認をとっています。これが終わるまでまだ時間が必要でしょうから、おそらく2月の末か、3月くらいまで伸びる可能性もあります。

しかし、アンケートの締め切りが2017年2月5日ですので、おそらくは2月の末には間に合うでしょう。

エイダコインのプレセール

エイダコインは、約1年3ヶ月に及ぶプレセール期間を経て、一般公開されます。

  • 第1期 2015年9月〜12月(日本のみ)
  • 第2期 2016年1月〜4月(日本のみ)
  • 第3期 2016年8月〜9月(アジア)
  • 第4期 2016年11月〜2017年1月(アメリカ、カナダを除く、全世界)

各プレセール毎の購入額は以下のとおりです。

  • 第1期 1エイダ=0.2セント
  • 第2期 1エイダ=0.22セント
  • 第3期 1エイダ=0.24セント
  • 第4期 1エイダ=0.26セント

セント:US CENT、$1=100CENT

プレセールのうち、日本だけの第1期と第2期は期間中購入が出来ましたが、第3期のアジア地域での交換は、たったの4日間で予定数を超える購入者が出てしまい、完売となったようです。

その後、第4期ではそこまでの混乱は生じなかったので、2017年1月末までは購入できたようです。
(なお、厳密には第3期があまりにも短期間で終了したために、第3.5期というのがありました。)

なお、エイダコインのプレセールでの発行通貨の量は以下のとおりです。

  • 第1期 4億エイダ
  • 第2期 4.545億エイダ
  • 第3期 5.833億エイダ
  • 第4期 10.769億エイダ

プレセール期間の全期間を通じて発行されたエイダコインは25.147億エイダということになりますね。

第3期プレセールが4日で完売

第3期のアジア地域でのプレセールがたったの4日で完売したという背景について考えてみましょう。

エイダコインは、カルダノ財団が運営するオンラインカジノのプラットフォームで使える仮想通貨です。

オンラインカジノといっても、あまり私たちには馴染みがないですよね。なぜなら、日本では現在カジノを違法としているためで、どうしてもカジノには悪い印象がつきまとってしまうからではないでしょうか。

しかし、アジアに目を向けると、アジアにはカジノで有名な観光地もたくさんあります。

有名なところで言えば、アメリカのラスベガス以上の世界最大規模と言われるマカオ。

おとなり韓国にもカジノはありますし、フィリピンのセブ島にもカジノがありますね。他にも、シンガポールやマレーシアもカジノがあります。

つまり、カジノが身近であることが、この第3期プレセールの完売にも影響があったのではないでしょうか。

もちろん、ギャンブル的な投機対象という側面も仮想通貨にはあるため、オンラインカジノに使うというよりは、エイダコインに投資することそのものがギャンブルという認識があるかもしれませんね。

では、日本にはカジノがないから、エイダコインの需要がないかというと、そうではありません。

今最も普及しているゲーム機器は、ニンテンドーでもプレイステーションでもなく、スマホです。

オンラインカジノはやらなくても、そのスマホの課金タイプのゲームをやっている人も多いと思います。このスマホの課金決済にもエイダコインを普及させようとしています。

そうなると、日本での需要も大変に大きいことがわかりますね。

エイダコインが世に広まると期待される理由

では、エイダコインが世の中になぜ広まると期待されているのかについて考えてみましょう。

そもそも、仮想通貨の世界には、すでにビットコイン、イーサリアムをはじめとする多くの種類が存在します。その中で、あえて後発でエイダコインを作る意味ってあるのでしょうか?

その答えはイエスです。

もちろん、エイダコインの誕生には、誕生するだけの理由があるのです。

まず、エイダコインの特徴は2つあります。

1つはセキュリティレベルの向上です。そしてもう1つは、送金速度の短縮です。

1つ目のセキュリティレベルについては、イーサリアムの開発者でもある天才数学者のチャールズ・ホスキンソン氏が『絶対に不正が生じない技術』を目指して開発をしたという点も重要ですが、もっと重要なことがあります。

それは、後発であるため、既に存在する仮想通貨(正確には暗号通貨)の暗号化技術の欠点やリスク、実際の使われ方を十分なデータと共に検証することができるということです。

つまり、後発ならではの利点である『他の通貨の分析をすることができる』という点です。

これは、後発でなくてはならない利点だと思いませんか?既にビットコインもイーサリアムもあるから要らない・・・というのは、その2つが技術的に完璧で、今後一切不正が行われないという前提に立っています。

もちろん現段階では、ビットコインもイーサリアムも暗号化技術としては十分な性能を持っています。

しかし長い目で見たときには、どんな技術にも絶対はないので、セキュリティレベルを少しでも向上させることは歓迎されるべきでしょう。

また、オンラインカジノということから、ハッキングの対象になることは間違いないですし、カジノの運営者も怖い人がやってそうじゃないですか。。。

そういう背景を考えると、仮想通貨として後発でなければなしえなかった技術的な発展が望めるということが、このエイダコインが誕生する理由の1つになるのです。

もう1つは送金速度の短縮ですね。

こちらは、オンラインカジノに使うという目的から考えて、ベット(賭けること)したけど送金に10分かかってしまったらどうでしょうか?おそらく、勝っていればともかく、負けているとイライラとストレスがたまってしまうのではないでしょうか。

ですから、特定の時間帯(例えば金曜日の夜とか)に送金が集中しても、常に一瞬で送金が完了するということは、ユーザーにとっては大変重要なことになりますよね。

エイダコインの今後

知れば知るほど魅力のあるエイダコインですが、今後の動向はどうなるでしょうか?

もちろん、それは開けてのお楽しみに!というところではあるのですが、私なりに考えてみましたので、参考までにご紹介しておきます。

実際に私もエイダコインのプレセールに投資しているので、応援したい気持ちが高いのは事実ですが、一般公開してすぐは他の仮想通貨と同様に投機目的の人がすぐに利益確定するために売りに走るでしょう。

そのため、しばらくは暴騰と暴落を繰り返すのではないかと考えています。

この不安定な段階で下がったからといって『エイダコインは流通させすぎだ!』とか、『エイダコインは詐欺だった!』という意見は当然出て来ると予測されますし、大切な資金を元本割れにしたくないですから、価格が下がれば不安に思うでしょう。

でも、安定するまでの乱高下は当然ですので、一喜一憂せずにその価値(ファンダメンタル)に目を向けて、『エイダコインを使うユーザーは今後増えるか?それとも減るか?』というところに注目をすべきです。

要は、オンラインカジノやスマホの決済手段に『エイダコインで決済可能』というのを目にするようになれば、勝ちだと思いますし、それが一向に広まらなければ、価格は下がってしまうでしょう。

ですが、オンラインカジノ市場が22兆円、スマホのゲーム市場が3兆円といわれるなか、不正ができない決済手段があって、ほぼ一瞬で決済が完了するなら・・・使わない手はないと思います。

さらに、現在はクレジットカードを使っての決済が多いと思いますが、クレジットカードって、実はお店側が手数料を払っているのですよね。ここに着目すれば、カジノ運営側は手数料分が安くなるので、エイダコインを使うメリットは十分あると言えます。

それから、自前で暗号化技術を投資して開発するくらいならば、さっさとエイダコインを使ったほうが経営者目線で見ても間違いがないでしょう。その意味では広がるのは時間の問題かな、というのが私の意見です。

エイダコインの未来は明るい?

仮に、オンラインカジノ市場の1割、スマホのゲーム市場の1割でもエイダコインに流れれば、とてつもなく大きな時価総額になります。現在の仮想通貨時価総額ランキングトップのビットコインをも超える規模のポテンシャルを秘めています。

さらに、今までクレジットカードの決済の数パーセントを手数料として払っていたカジノ運営者にすれば、使うだけで利益が数パーセントアップするなんて、使わない手はないように感じますね。

そう考えると、エイダコインの今後は明るいとしか思えないのですが、いかがでしょうか?

まとめ

以上が、エイダコインの公開日と詳細についてです。2017年は仮想通貨元年とも言われます。それは、日本でも仮想通貨に関する法律が施行され、日本の大手メガバンクも自前の仮想通貨を開発しているからです。

これによって、仮想通貨の認知度は一気に上昇して、興味を持つ人も、さらには使ってみようと考える人も増えることでしょう。

その仮想通貨元年に一般公開されるエイダコインは、何とも素晴らしいタイミングの公開となりそうです。プレセール購入者の一人である私としても、エイダコインは特別な思いで見守っています。

ただし、くどいようですが投資とはリスクを伴うものです。リスクをちゃんと理解して、公開後のエイダコインの動向を見守りましょう。例えば、プレセールで購入した人は、そこそこ値段が上昇したら一部は利益確定をして元金は確保するなどの工夫はしておきましょう。

賢く投資して、資産を構築しましょうね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する