⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨って聞いて普通の人はどう思うでしょうか?

  • 信用できない
  • 投機目的で購入するもの
  • よくわからない、詐欺にあう危険があるから持つ気がない

しかし、ほんの少し調べてみると、仮想通貨の魅力はとてつもなく大きく、可能性を秘めていることがわかります。

ここでは、そんな仮想通貨の魅力を徹底的に検証します。

仮想通貨にちょっと不安がある人も、その魅力を知り、リスクと可能性を知ることで、きっと買ってみたいと思うに違いありませんよ。

仮想通貨の特徴

まず、仮想通貨の特徴について理解しましょう。

仮想通貨という名が日本では一般的に知られていますが、正確には暗号通貨といいます。英語ではcrypto-currencyといいます。これは、通貨の保管と移動(送金)を全て暗号化して行うためです。

また、仮想通貨の通貨という点については、使う人たちが『これをお金として扱うことにしましょう。』という取り決めをしたということです。

昔は貝殻や石をお金として使おうと取り決めをしていました。それと同じことで、仮想通貨をお金として使おうと取り決めをしたのです。そして、仮想通貨をお金として認める人たちが順調に増えたために、現在ではお金として使うことができるようになったのです。

こういうと、何だか変に感じるかもしれませんので、普段使っているお金(法定通貨といいます)について理解を深めましょう。

お金との違い

お金は生まれた時から身近にあるために意識することはありませんが、それ自体は印刷された紙であり、硬貨の形をした金属です。これらを使って物やサービスを購入することができるのは、周りの人々がそれを『お金として認めている』からにすぎません。

もちろん、国も政府も認めているので、周りの人というよりは法律が『お金として認めている』という言い方もできます。

しかし、仮に海外の全く知らない土地にいって、日本円で何かを購入しようとしても売ってくれないという事実はどうでしょうか?少なくとも、その土地の人は日本円をお金として認めていないのではないでしょうか。

つまり、お金とは物やサービスを交換する人々の間で、お金だと認められたものを指すのです。

古くは貝殻、石などをお金として使ってきた歴史があります。簡単に言えば、偽造が出来ず、持運びが出来て、長時間持っていてもさびたり腐ったりせずお金であると区別がつくものであればいいのです。

それを使う人たちがお金と認めれば、何をお金とするかはあまり関係がないのです。

国や政府がお金を管理しているのは、偽造防止やお金の価値を保つため(価値の安全性)なのです。

そして、仮想通貨は、この偽造防止やお金の安全性を国や政府ではなく、テクノロジーで解決しようといる取り組みなのです。

電子マネーとの違い

では、仮想通貨の形はどういう形でしょうか?

これは、基本的には電子情報の形を取っています。正確に言えば、形はなくて、単なる電子的なデータでしかありません。こういうと、身近なものとして電子マネーが挙げられますが、電子マネーとの違いは何でしょうか?

まず、使う側としては、仮想通貨を電子マネーのように使うことは可能です。ただし、電子マネーほどは普及していないので、使えるところはまだ限られます。

(2017年2月現在、ビットコインを使うことができる日本のお店は4000店ほどだということですので、今後広がると期待されています。)

ただし、決定的に電子マネーと違うところがあります。

管理者が不在である


電子マネーは、管理している企業や団体がその決済の代行をしているわけで、レジでお買い物をしたり、運賃を支払うことに電子マネーを使った場合、後日その管理している団体がお金を支払っているのです。

しかし、仮想通貨は、仮想通貨が直接支払われた人の財布(ウォレットといいます)に入るだけです。財布といっても電子的なデータですので、自分の銀行口座のようなものから相手の銀行口座のようなところに、金額を送金したと記録されるのだとお考えください。

仮想通貨を受け取った人は、その仮想通貨を自分で円やドルに換金することになります。

単位が法定通貨ではない


電子マネーであれば、100円の買い物をすれば、電子マネーから100円が差し引かれます。しかし、仮想通貨は円やドルに対して、常に価格が変動します

(一部、固定のものもあります)。

例えば、ビットコインであれば、100円のお買い物に対して、0.0009BTCだったり、0.00089BTCだったり、その支払う瞬間に変わることがあります。

ごくわずかの送金手数料が必要なこと


電子マネーは、管理している団体が送金手数料などを負担しているので、自分からは手数料を負担することはありませんが、仮想通貨は自分のウォレットから相手のウォレットに送金をしているにすぎません。そのため、ごくわずかとはいえ、送金手数料を負担することになります。

以上が、電子マネーと仮想通貨との大きな違いです。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨の仕組みは、種類によってことなります。しかし、本質的なところは変わりません。

ウォレット間の仮想通貨の送金を全て記録している

その記録を一つではなく、無数の場所に瞬間的に記録します。そのために、誰かが不正に記録を書き換えようとしても、無数にある記録の全てを書き換える必要があるために、現実的に書き換えることを出来なくしています。

総量が決まっていて、後から増やすことが出来ない

昔1972年に第二次ニクソンショックが起こる前の、お金があるべき姿に戻ったとも言えます。ニクソンショック前は、お金は銀行へ行けば金と交換してくれました。

ご存知の通り、金は人工的に作ることができない、つまり偽造することができません。そのため、お金の信用はとても高かったのです。しかし、ニクソンショックによって、銀行はお金を金に交換することをやめました。

これによって、政府は金を持っていなくても、お金を印刷すればお金を生み出すことができるようになりました。

つまり、言い方は悪いですが、好きなだけ、欲しいだけ、お金を作ることが出来るようになりました。その結果、お金の価値が下がってしまう仕組みを作り出したということです。

仮想通貨では、このように後から総量が増えないようにすることで、誰かの都合でお金を増やすことができない仕組みになっています。

ブロックチェーン技術とは?

先ほど、全ての仮想通貨の取引きを記録していると説明しましたが、その技術のことをブロックチェーン技術といいます。

ビットコインの場合、毎10分ごとの全ての記録をまとめておき、10分ごとにつないでいきます。その記録を無数の場所に記録するのですが、10分ごとにつないでいくというところから、記録した石板(ブロック)をチェーンのようにつなぐようだということで、ブロックチェーンと呼びます。

なお、このブロックチェーン技術があるために、管理者が不在でもハッキングなどの脅威から安全性を守ることができるのです。

仮想通貨は本当に信用できるのか?

仮想通貨においては、ブロックチェーン技術のおかげで不正という脅威は低く、信用性は高くなっています。

しかし、あくまでお金として認める人がいて仮想通貨をお金として扱うことができるので、お金として認める人がどれくらいの人数いるのか?という点が大事になってきます。

その点、誰も知らないような無名で時価総額も低い仮想通貨は信用できないと言えますし、ビットコインのように世界中に広まった仮想通貨はもはや信用するもなにも否定することが難しい状況になっています。

つまり、仮想通貨をひとまとめにして信用できるか?という問題ではなく、個別の仮想通貨のそれぞれが信用できるか?と考えなくてはならないということです。

マウントゴックス倒産事件

ここで、信用という点において、マウントゴックス倒産事件に触れておきます。

マウントゴックスというのは、日本の仮想通貨取引き所の一つです。

仮想通貨は円から仮想通貨に両替をしたら、一旦仮想通貨取引き所にある自分のウォレットに保管されます。通常ですと、そこからさらに別の自分だけが管理するウォレットに送金して保管をします。

しかし、多くの人がこの手続きについて理解しておらず、あるいは近々両替をしようと考えて、両替した仮想通貨を、両替所にある一時的なウォレットに預けたままにしていたのです。

そして、その両替所にある一時的なウォレットの暗証番号が盗まれてしまい、保管されていた仮想通貨を不正に盗まれたという事件です。

そして、マウントゴックスは倒産をしてしまいました。

このニュースを見た人たちは、仮想通貨は盗まれてしまうから危ないものだ!と間違って広まってしまったのです。

しかし、ビットコインは今も盗まれませんし、価値も高騰し続けています。私は仮想通貨よりも、誤解や誤解をまねく報道の方がおそろしいと思うのですが、いかがでしょうか?

まとめ

私たちが信用して、普段使っている法定通貨は、1972年の第二次ニクソンショックによって本当の意味でのお金ではなくなりました。

しかし、国や政府がその価値を守り続けているため、私たちは法定通貨をお金として信用をすることができ、日常生活で不安なく使うことができています。

それに対して、仮想通貨は国も政府も管理していませんが、テクノロジーの進化によって、不正できない仕組みを作り上げることができました。

また、総量が決まっているという絶対ルールを守っている点において、第二次ニクソンショック前の兌換紙幣(※)と同じ『本来の意味でのお金』である性質を取り戻しました。

その点において、仮想通貨は法定通貨が失ってしまったお金の持つ本来の性質を取り戻すことに成功したのです。つまり、ある意味では法定通貨を超える存在になったのです。だから、ここまで広がり、価格も上昇し、ビットコイン長者のように本質に気づいた人が先行投資で儲けることができたのです。

それでいて、仮想通貨は純金よりも交換しやすく、安全に使用したり保管することができるのです。

その反面、仮想通貨の仕組みを十分理解していない人や、テクノロジーに詳しくない人を狙った詐欺事件が生じたりするために、多くの人が仮想通貨の魅力よりも不安の方を大きく感じていることも事実です。

以上から、正しい人から学び、正しく仕組みや詐欺の手口を理解して、正しい付き合い方をすることで、仮想通貨の本来の価値を手にすることができることが理解できたのではないでしょうか。

※だかんしへい・・・金と交換してもらえるお札のこと
 

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する