⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の時価総額ランキング第3位(2017年2月現在)に位置するリップルコイン。

1位のビットコイン、2位のイーサリアムに大きく離されているとはいえ、270億円以上もの時価総額があるので、仮想通貨としての地位は安定していますよね。さらに、あのグーグルが出資しているとなれば、その価値がどうなっていくのか気になる人も多いと思います。

そこで、ここでは仮想通貨元年と言われる2017年のリップルコインの今後の流れと、価値について説明します。

リップルコインの生みの親

リップルコインの生みの親は、Jed McCalebという人物です。

実はこの人物は、あのビットコインの生みの親である、中本哲史その人であるとも噂されている人物でもあります。その、大変なキレ者でもある彼が、このリップルコインを生み出したのです。

しかも、彼がキレ者であるというのはそれだけではないのです。実は、日本の仮想通貨取引き所である、Mt.Gox(マウントゴックス)の創設者でもあるからです。

マウントゴックスというと、例のあの事件を思い出す人も多いかもしれませんが、そもそもビットコインをはじめとする仮想通貨の取引き所を設立することは、当時としては非常に画期的だったといえるでしょう。

その、仮想通貨の世界においては第一人者である、Jed McCalebがリップルコインの生みの親となれば、リップルコインは仮想通貨でいうところのエリートというわけです。そのため、多くの人が注目するのもうなずけますね。

リップルコインの特徴

リップルコインは、ビットコインやイーサリアムと同じく仮想通貨(正確には暗号通貨)です。

なので、基本的なところは仮想通貨として考えればよいのですが、他の仮想通貨とは異なる点もあります。その特徴について、ひとつずつ見てみましょう。

そもそも他の仮想通貨とは違うリップルコインの目的

リップルコインの目的は、ズバリ決済や送金の手段として使うことです。

ビットコインも、イーサリアムも、仮想通貨であれば決済や送金の手段としては使えます。安い手数料で、世界中どこへでも、銀行口座なしに、24時間365日、いつでも送金できます。

では、リップルコインのどこが他の仮想通貨と比べて決済や送金手段として優れているのでしょうか?それは、仮想通貨を使っているという認識が不要であり、送金する通貨と、送金される側が受け取る通貨を変えることができるということです。

例をあげましょう。通常、ビットコインを送金する場合は、取引き所にアカウントを開設して、アカウントの口座に円を入金します。次に、その円をビットコインに両替をします。その後、その両替をしたビットコインを、送金先の相手のウォレットアドレスへ送金すれば、送金完了です。

しかし、リップルコインならば、途中の円からビットコインへの両替の手順が不要です。また、相手はビットコインだけではなく、円でもドルでも、好きな通貨で受け取ることができます。つまり、この両替という手続きを踏むことなく、1ステップで送金することができるのです。

1ステップで送金する・・・というと、銀行口座からの振り込み手続きに近い手軽さがありますが、銀行口座からの振り込みは時間や手数料、国内送金であることなどの制限がつきます。しかし、リップルコインならばこの制限がなく、仮想通貨としての特長を生かしての送金が出来ます。

ここが、リップルコインのすごいところであり、ここに的を絞っているから成せる利便性と言えるでしょう。

リップルコインの発行量

リップルコインの発行量は、他の仮想通貨と同様に総量が決まっています。

リップルコインは1000億XRPが総量になります。

ただし、ビットコインのように始めは0で、徐々に流通通貨が増えて行くという仕組みではありません。リップルコインは、その総量1000億XRPが始めから流通しているという点において異なります。

リップルコインの場合は、トランザクション(取引)が行われると流通量がだんだん減っていくという仕組みをとっています。
これは、不正が行われると(不用意な取引を繰り返すと)価値が減るという方式で、不正を防止していくという仕組みなのです。

リップルコインのマイニング

ビットコインの場合、両替や他の人からビットコインをもらう以外にも、マイニング(採掘)によってビットコインを得ることができます。

では、リップルコインはどうでしょうか?

リップルコインもあることをすればリップルコインによる報酬を得る仕組みがあります。しかし、そのやり方はマイニングとは異なります。

そのリップルコインを得る方法とは、World Community Gridというコミュニティに参加して、貢献することなのです。

このWorld Community Gridでは、がんなどの研究をしていて、社会的な貢献を目的としています。そこで、一定の貢献をすることで、報酬としてリップルコインを得ることができるのです。

ただし、このWorld Community Gridの活動に参加して報酬を得るには、事前に登録しておく必要がありますので、誰でも気軽に報酬を得ることができるわけではありません。

リップルコインの価値を決めるもの

それでは、リップルコインの今後の流れを知るためにも、リップルコインの価値を決めるものについて、整理しておきましょう。

まずは、他の仮想通貨と同じく、多くの人が利用することで価値は高まります。そのためには、リップルコインの存在が広く認知されて、リップルコインの目的である、決済や送金で困っている人たちに使われることが重要になってきます。

また、Jed McCalebが参加している時点で、技術的には最高峰であるとは思います。そのため、技術面においては高い価値を生む基盤はあると考えてよいでしょう。

後は、使うためのインフラ設備が価値を高める重要なポイントになりますね。しかし、日本に限って言えば、銀行のATMや、銀行そのものを日常的に目にしますよね。だから、特に決済や送金に困るということが少ないはずです。

仮に今後リップルコインがどこでも使えて、そのためのインフラが整ったとしても、今よりも利便性が上がる・・・ということは想像できないですね。
つまり、今までにない新しい発想で便利になるインフラを整えるならともかく、従来型のインフラを整えたところで、一気に利用者が広まるまでのインパクトはないと考えてよいでしょう。

2017年の価値動向

仮想通貨が一気に認知され始め、その使い方や目的が広まった時に、その仮想通貨の価値が一気に上がるかどうか?についていえば、最も大切なことは『認知度』です。

誰でも、よく分からないものを、とりあえず初めて使ってみるとするならば、一番手に入りやすくて、敷居の低いものを使うのではないでしょうか。そして、もしも使いやすいとか便利とか感じたら、徐々に使う頻度を増やしていくはずです。

仮想通貨も同じで、広まるとするならば、いかによく目にして、いかに使いやすくて、いかに自分が使う上での目的にあっているのかが大事です。

その意味において、残念ながらあまり使うシーンが思い浮かばないのが、このリップルコインです。日本の銀行網は発達しているので、あえてリップルコインで国内送金をするという目的は考えにくいものです。

さらに、海外送金をする人は少なく、海外からネットショップで取り寄せる場合でもクレジットカードを使う人が圧倒的に多いはずです。

また、投資という観点で見た場合、リップルコインは、あえて投資対象ではないところを狙っているようにすら感じられます。なぜならば、マイニング報酬もなく、投資しようという気持ちにさせる仕組みがないからです。

もちろん、仮想通貨としての技術も優れていて、時価総額も大きく、一部の人にとっては投資の対象になり得るかもしれませんが、ビットコインがあるので、あえてそのような選択をする人が多いとも思えません。

つまり、利用者が爆発的に増える要素が少なく、動向としては仮想通貨の認知度の向上に伴って、仮想通貨市場の全体が恩恵を受ける程度の『微増』にとどまるのではないかと予測されます。

まとめ

リップルコインは、他の仮想通貨とは狙った目的が明確に異なります。その目的は『決済・送金』に的を絞っています。

そのため、目的に応じた使い方であれば、とても使いやすく、便利なものになります。そして、便利であるからこそユーザーが増えることになり、結果としてその価値は高まるということができます。

しかし反面で言えば、投資としての性格はあまりないとも言えます。なぜなら、多くの人はリップルコインを利用するのはほんの一瞬であるためです。送金のその瞬間、それがリップルを手にする時間です。

当たり前ですが、保持し続けることで価値は上がるので、これは投資向きではない根拠になります。

さらに厳しいことを言えば、決済や送金の手段の途中でリップルコインが使われていようとなかろうと、手数料がやすく、早く確実に決済や送金が出来ればよいということになります。つまり、リップルコインよりも、もっと便利なもの、もっと良いものが発表されれば、人々がリップルコインを使う理由は完全になくなります。

また、このような見方もできます。決済や送金に使うという目的であれば、送金途中に価値が下がる可能性は、ユーザーにとって一番避けたいことであるはずです。

つまり、価値が下がっては困るのです。そのままの価格維持が望ましいのです。
(上がるのはいいが、下がるのは良くないという考えも間違いで、送金途中で上がっても、送金者は得しませんし、上がるということは通常下がる可能性も含まれるので、固定が一番望ましいのです。)

ということは、そもそもの趣旨目的から言っても価値の変動を狙う投資目的としてはあまり向かない性質を持っているということです。

もちろん、価値が安定するのであれば、インフレに備えて資金をプールしておく場所にはなりえます。しかし、それとて、リップルの目指す趣旨・目的からは外れているので、少数派といえるでしょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する