⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨元年と称される2017年。日本でもビットコインの知名度は高まる一方で、需要が供給を大幅に上回り、価格は乱高下をみせながらも、基本は右肩上がり。2020年には1ビットコインが5000ドルを超えると予想する識者もいます。

単に長期保有というスタイルでも利益がとれる現状ですが、もっと積極的に「マイニング」でビットコインそのものを稼ぐ「ビットクラブ」という投資案件があります。投資家から出資を募り、ビットコインのマイニング事業を展開する「ビットクラブ」の実態を検証してみましょう。

ビットクラブとは?

ビットクラブは、ビットコインを新たに生み出すマイニング(採掘)作業をするための

ネットワークコンピューターを多くの人がシェアし、その収益を分配する組織です。

500ドルから参加可能で、小口の出資を数多く募り、主にマイニング事業を手掛けています。

マイニングを行うにはスーパーコンピューターなどの機材が必要です。

出資者はその機材をレンタルし、マイニングに共同参加する形です。

そして、マイニングで獲得した新規ビットコインを各出資者に決められた配当率で毎日、1000日間に渡って配当します。

右肩上がりのビットコインの価格を思えば、出資者にとっては配当としてのビットコインに魅力があるわけです。

配当は1000日間で終了します。

その後もマイニングは継続されますが、そこで得た報酬は全てビットクラブの取り分となります。

マイニングを行うには、高性能なスーパーコンピューターが必要です。

しかし、1台が1億円以上もする高額なスーパーコンピューターを個人で購入し、マイニングを実施するのは無理があります。

ビットクラブはそこに目をつけ、出資者を募って資金を集めマイニングをビシネスとして確立しているのです。

ビットコインのマイニング事情

ビットコインの名前を聞くと、同時にマイニングというワードも随所に出てきます。

マイニングとは端的にいうと、仮想通貨の暗号化システム、取引履歴の記録システムに参加するという意味です。
ビットコインの発行や取引はすべてピアツーピアというネットワークシステム上で行われています。

取引の履歴や通貨のやり取りの情報は、システムに参加したコンピューター内で行われます。

マイニングは日本語で採掘といわれますが、これは比喩で、実際は取引の承認作業のことです。

例えば、AさんからBさんに1ビットコインを支払った場合、取引として記録されます。

これはリアルタイムで参照できます。ビットコインを介した取引はすべて丸裸です。

すべての取引が下位のサイトでリアルタイムにみることができます。

https://blockchain.info/ja/unconfirmed-transactions

数字が目まぐるしく変わって、未確認取引を表示されています。

ビットコインの取引は、承認されてはじめて大丈夫だと確認されます。

二重支払や改ざんした取引がないか、確認しているのです。

その確認し、承認する作業を様々な組織が競争してやっているのです。

これがマイニング(採掘)の実際の姿です。

この作業にかかるコンピューターパワーの見返りとして、承認作業を完成すれば、

報酬として一定の新規に生成されたビットコインが与えられるのです。

ブロックチェーンの仕組み

ビットコインの取引は、100や1000単位でまとめられて、ブロックという単位で記録されます。

このブロックごとにまとめられた取引記録に番号がつけられ、チェーン上につながって取引記録全体として保管されます。

これがいわいるブロックチェーンです。

過去のすべての取引を記録した元帳のようなものです。

承認作業とは、承認済みの元帳に未承認の新しい取引記録のブロックをつなげて追加していく作業です。

ブロックを元帳の末尾に正しくつなぐためには、つなぐための「キー」となる値をみつけなければなりません。

そのキーを見つける作業が難解で、高速なコンピューターを使う必要があります。

しかし、いったんそのキーがみつかれば、スマホでも簡単にそれが正しいということを検証できます。

だから、ビットコインの参加者なら誰でも、それが正当な取引であることを確認できます。

マイニング(採掘)とは、具体的には、この「キー」の値を見つけ出し、ブロックをチェーンでつなげる作業のことです。

ビットクラブのマイニング実績

ビットクラブのマイニング企業としての規模は下位のサイトから確認できます。

https://blockchain.info/ja/pools

上記サイトは、第三者機関がビットコイン採掘プールの市場シェアを示しています。

ビットクラブは現在11位。

上記のページの円グラフをみると、その中に「BitClub Network」という項目があります。

項目右側の「%」は、世界中でマイニングされているビットコインのうち、マイニングしたビットコインが全体の何割かを表した数値です。

ビットクラブネットワーク(BitClub Network)は、ビットコインのマイニングシェア率で見た時のランキングでは、中堅どころに位置しています。

世界中のマイニング企業に中には、この円グラフの中に名称さえ表示されないところもあります。

競争が激化する中で、それなりのマイニングシェア率を保っている点は評価できるでしょう。

また、ビットクラブのマイニング能力を調べることもできます。

下記のサイトでは、ビットクラブのマイニングプールで使われているマシンの能力を確認することができます。

https://www.bitclubpool.com/index.php?p=stats

グラフを見ると、「PH(ペタハッシュ)」という単位で表されたマイニングマシンの採掘速度が、段階的に上昇していることが分かります。

ビットクラブ マイニング報酬

ビットクラブのマイニング実績は、シェア率として2~4%で推移しています。

これは前述したhttps://blockchain.info/ja/poolsで公開されています。

マイニングシェアが平均3%であれば1日約5回の採掘に成功している計算になります。

1度の採掘で12.5BTC(プラス手数料)が支払われます。

ビットコインの現在価格は日本円で1BCT当たり約30万円です。

30万円×12.5=375万円。

375万円×5=1875万円。

1ヶ月だと1875万円×30=5億6250万円

1年だと5億6250万円×12=67億5000万円

という半端ない利益を挙げていることになります。
まさに「ビットコイン・バブル」と言えます。

もちろん、この先、ビットコイン暴落の危険性もあります。

その場合は、ビットクラブからの配当も減少します。

半面、ビットコインはさらに高騰すれば、配当も一層高額になります。

マイニングプールとは?

マイニングは高性能で高価なコンピューターを何台も使うので、消費する電力や設備などのコストがかかります。

最初は個人で行われていたマイニングですが、負担が大きすぎるため、最近では企業や資金を集めたグループで行うようになりました。

マイニングを行っているグループを「マイニングプール」と呼びます。

マイニングマシンを数千台、数万台と並べ、マイニング工場を運営するのです。

マイニングプールを運営する組織は多数あり、ビットクラブはそのひとつです。

ビットクラブは数多くあるマイニングプールの中のひとつですが、

運営方法は特殊で計算速度の速い高性能なコンピューターを投資家からの出資で購入し、

マイニング工場全体をみんながシェアする形です。

そして、そのマイニングプールで新規発行されたビットコインを投資家に分配するという仕組みです。

まとめ

ビットクラブに関して、ネット上では様々な意見が飛び交っています。

批判する人がいれば、絶賛する人もいます。

いわば両極端。

なぜ、そうなるのか?

仕組みを完全に把握していないからではないでしょうか?

ビットクラブに関しては正しく理解する必要があるでしょう。

ビットクラブではMLM(マルチレベルマーケティング)のシステムを使って紹介者へ沢山のボーナスが用意されています。

MLMをやっているということで、怪しい人と見られる事もあります。

自分で商売をやっている方など、それだけでお店の信用が落ちる事もあるので注意が必要です。

人間関係に歪みが生じる場合もあります。

MLMのシステム上、あちらを立てればこちらが立たずなんて事もあります。

お金が絡むと、何かと厄介な問題が生じるものです。

このあたりは始める前に十分肝に銘じておく必要があるでしょう。

ビットクラブはMLMに参加せず、マイニング報酬だけを目的に参加できます。

1000日後のマイニング報酬を計算すれば、十分な投資回収率が見込めます。

マイニング報酬は、ビットコインで支払われます。

ビットコインが値上がりすると、それ以上の投資回収率も見込めることになります。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する