⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

「仮想通貨投資ランキング」のページにようこそ!!!

2017年6月に入って、停滞していたビットコインの価格が、また上昇してきました。

ビットクラブは、ビットコインの価値が上がればもうかりますよね。

今回は、この「ビット倶楽部の仕組みを解説」と題して、説明します。

最後までよろしくお付き合いください。

ビットクラブとは?

「ビットクラブネットワーク」は、世界最大のマイニングプールを目指しています。現在、ビットコインのマイニングは、ビジネスとして大金を投資した、組織的なマイニングが主流になっています。それゆえ、個人で「マイニングをする」ことは、不可能といっても過言ではありません。

「ビットクラブネットワーク」では、個人でマイニングに参加できる道を開いてくれました。「ビットクラブネットワーク」の会員になって、出資することによって、「共同採掘」することが可能になりました。

マイニングとは?

ビットコインに代表される、仮想通貨の技術の一つにブロックチェーンがあります。ブロックチェーンは、ビットコインでは、一定時間毎(約10分)に、「どのアドレスから、どのアドレスに送った」という取引を「取引台帳」(ブロック)に追記します。

「追記処理」の役割は、コンピューターネットワーク上に分散して記録されている全てのデータと、一定期間内に行われた追記すべき取引データの整合性を保ちつつ、正確に記録することです。

この追記作業には膨大な計算量が必要となります。それを処理し、追記作業が成功すれば、報酬としてビットコインが支払われます。現在の報酬は、1ブロックあたり12.5BTC、ビットコインの価格は、最近変動がありますので、30万円で計算すると、1ブロックの報酬は375万円ですね。

ビットクラブネットワーク

ブロックの承認作業は、約10分毎なので1日あたり144回マイニングの機会があります。1ブロック375万円×144回=5.4億円

一日に5.4億円分のビットコインが生成される計算になります。ビットコインのマイニングは、誰でも参加できます。そして、最も早く膨大な計算量の「追記作業」を成功させた人に報酬が支払われます。

ビットクラブが、どれぐらいマイニングしているかを見てみると、3.6%のシェアがあります。1日144回のマイニング機会の3.6%は、5.184回。一日の報酬が1ブロック375万円×5.184回=19.4百万円。1か月は5.8億円。1年間で70.9億円。

年間70億って凄いですよね!また、ビットクラブは2016年1月には、Bitfulyというアイスランドの会社とパートナー契約を締結しており、Bitfulyのシェアは6.4%。双方合わせて10.0%、第4位のシェアになります。

話が少しそれましたが、ビットコインのマイニング報酬が全体で1日当たり5.4億円発生するのです。その報酬を獲得するため、コンピューターの投資合戦がエスカレートして組織的なマイニングが主流になりました。出資を募ってスーパーコンピューターの能力をシェアする方式です。

ここから、「マイニングプール」という考え方が生まれました。マイニングマシンを数千、数万台を備えたマイニング工場を運営すると言うものです。「ビットクラブ」は、多数あるマイニングプールの一つです。

多数存在するマイニングプールの中でも、「ビットクラブの運営方法は特殊である」といわれています。その運営方法とは、

・一般会員から資金を募集する

・高性能なコンピューターをそろえる

・マイニング工場全体を会員全体でシェアする

・その工場で生成され、新規発行されたビットコインを分配する

ビットクラブを選ぶ理由

前項では、ビットクラブの運営方法の特徴を説明しましたが、ここではビットクラブを選ぶ理由を説明します。

ビットコインをメインにマイニングしている

ビットコインは、仮想通貨時価総額約4.8兆円で第1位。第2位は「イーサリアム」。最近の高騰で時価総額も4兆円に迫っておりビットコインを追い上げています。

ビットコインは、2017年4月に「リクルート系や、ビックカメラでビットコイン決済」が決定し、日本国内約26万店舗でビットコイン決済が可能になりました。現段階で一般店舗で決済ができる仮想通貨は、ビットコインだけのようです。

マイニングするコンピューターの性能を上げる仕組みが確立している

ビットクラブでは、マイニングコンピューターの稼働環境の改善や、計算性能を上げる目的で新しいコンピューターに買い替えたりする仕組みがあります。その費用負担のために報酬の一部を拠出しています。

マイニングの速さと正確さが報酬に繋がりますから、マイニングコンピューターの運用環境や計算能力の改善は必須項目ですね。

ビットクラブの投資プランは?

プール1    プール2     プール3    創立者プール

投資額$500  投資額$1,000  投資額$2,000  投資額$3,500

プランは、$500、$1,000、$2,000。プール1からプール3まで一つづつ買うと「創立者プール」と呼ばれ、創立者ボーナスと特別オファーがあるようです。

日本円の為替は$1=110円位ですから、プール1が55,000円、プール2が110,000円、プール3が220,000円、創立者プールが385,000円程度になります。1アカウントでの投資額は、「創業者プール」が上限になりますが、アカウント数に制限がないので、投資額の上限はありません。

申し遅れました、登録料が$99掛かります。日本円で約10,900円です。どのプールを買っても「1,000日間」高性能なマイニングマシンがレンタルすることができます。

他にビットクラブについて、特徴をあげれば、

・ランニングコストが必要ありません

・配当は毎日ビットコインで入ります

・入出金も、当然、ビットコインでいつでも可能です

・現在のように、ビットコインが値上がりすると、配当以上に利益が大きくなります

報酬

ビットクラブの会員募集は、MLMの口コミで広めています。友達に紹介すると配当とは別の報酬がもらえますよ。たとえ紹介しなくても、プランによって違いがありますが、6~8か月で回収ができるようです。

私は、ビットクラブは投資していませんが、年初から始めていたら、ビットコインの価格が3倍になってるので、随分と良い利回りになっているでしょうね。ビットコインはまだまだ値上がりが見込めますので、ビットコインへの投資も検討すべきかもしれません。

「ClubCoin」と「CoinPay」

ビットクラブの会員にとって、マイニングが収入の柱ですが、更に「Clubcoin」と「CoinPay」という2つ収入源があります。

ClubCoin

CulbCoinは、ビットクラブ独自の仮想通貨です。ビットクラブに投資するとClubCoinがもらえます。ClubCoin加盟店で、商品の購入やサービスの対価として使えるようになると言われていますが、まだインフラが整っていないようです。

ビットクラブが買い上げて、価格を上げていくそうですが、期待したいですね。

CoinPay

CoinPayは、ビットコイン決済システムを無料で導入できる法人決済用アプリをいいます。このアプリ導入により、スマホやタブレットで簡単に決済ができるシステムです。

ビットクラブに投資すると、CoinPayの「株」がもらえます。ビットコインは、国内でも利用店舗が増えていることは説明しましたが、世界では日本以上に進んでいます。その流れから、今後のCoinPayの業績が期待されます。

まとめ

ビットクラブは、マイニングの配当自体はそれほど利益は出ないようです。しかし、ビットコインの高騰に支えられているようです。更に、「ビットクラブに投資するとClubCoinとCoinPayの株がもらえる」という2つの収入源も期待したいですね。

HYIPのように「高利でも、いつ飛ぶかわからない」という怖さがない分、安心して投資できます。投資について検討してはどうでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する