⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

最近、ビットコインを活用したHYIP(ハイプ)案件が多く見られます。高利回りのため、日本でも投資家や事業者の間で密かに流行り始めていますが、その中のひとつに「ビットモンスター」というハイプ案件があります。

日利1.0%の配当がつくということでネットでは「詐欺だ!危険だ!」と騒がれていますが、実態はどうなのか? 1日約1%の配当をビットコインで受け取れるというビットモンスターの危険性を検証してみましょう。

ビットモンスターとは?

ビットモンスターは、2017年4月15日にスタ―トした元本償還型のHYIP(ハイプ)投資です。

運営元はイギリスにファンドを持つ「ビッテラー社」。

投資家から資金を集め、FXトレードとアービトラージで運用し、収益をあげている会社です。
2000年からトレードを行っており、2005年には毎月の取引量が3億円超えを達成したとしています。

HYIP案件では高い日利を設定しているものが多いですが、このビットモンスターは、日利1%以下の報酬。

低い日利にすることで、短期的に飛ばないようにしているのでは?というのがビットモンスター擁護派の言い分です。

5月に入ってビットモンスターをさかんに宣伝するサイトは増えています。

一方で、ビットモンスターを含めハイプ案件に対し批判的な人は、高利回りを謳うこと自体が危険で詐欺だ!と主張しています。

ちなみにHYIPは法律上では、ギャンブルに近く法律として存在していません。

従って、詐欺として返金を求めても、寄付として返金できないようです。

ハイプ案件に投資する場合、余裕のある資金で参加し、最悪なくなっても大ダメージを受けない金額で参加すべきでしょう。

ビットモンスターの収益源

ビットモンスターを運営するビッテラー社は、どこから収益を得て配当しているか、といえば、

主にトレードとアートビラージ(取引所間の価格差)の収益です。
投資された資金を使ってトレードとアートビラージに運用して毎日安定して日利を出すことができる仕組みです。

とはいえ、HYIP案件に関しては、実際の情報とは異なる可能性も多々あります。
自転車操業的な詐欺の手口、いわいるポンジスキームの危険性もあります。

つまり、出資金を運用して配当を出すと謳いながら、実際には運用をせず、

後から参加した別の出資者から新たに集めたお金を以前からの出資者に配当金などと偽って渡すことで、

あたかも資金運用が行われ利益が生まれてそれが配当されているかのように装うケースです。

ハイリターンは常に危険性と背中合わせということを肝に銘じ、入れ込んだ投資法は避けるべきでしょう。

HYIP(ハイプ)とは?

HYIP(ハイプ)とは、「High Yield Investment Program」の頭文字からの由来です。

日本では考えられない高利回り案件のことです。

ビットコインを代表とした仮想通貨に興味を持った人やネットワークビジネス、

アフィリエイトをやっている人々に広まり、知名度を高めつつあります。

主にビットコインで投資するものが多く、運営元の会社がお金を集めて何かに運用して

その利益から配当を出しています。

利率の高さが売りで、日利1%などはザラで中には日利5%以上の案件もあります。

そんな高配当が本当に出せるの? と疑問を持つのは当然で、HYIP案件は詐欺のケースが多いのが現状です。
ただ、厄介なのは、ある程度の期間ちゃんと配当を出している点です。

配当を出しているので投資家は信用して、さらに投資を追加します。

利益率が高いので、投資家も欲が出ます。

しかし、資金を集めるだけ集めると、会社ごと蒸発してしまうのです。

HYIP案件の運営元の常套手段です。長く続くHYIP案件など存在しません。

HYIP案件は毎日のように世界のどこかで誕生しては消えていきます。

今現在でも世界には多くのHYIPが存在しています。

HYIPがすべて悪とは言い切れませんが、長く続かないのは確か。

HYIPに投資するなら、そのあたりをわきまえて余剰資金で少額を分散投資するのが賢明でしょう。

ビットモンスター 危険性の根拠

ビットモンスターに関して、評価は真っ二つに割れています。

他のハイプ案件と比較して日利が1%と低い分、「固い案件だ」と紹介する人がいる半面、

「これは危険!詐欺だ!」と批判する人もいます。

ビットモンスターを危険とする人が提供する情報をまとめると、説得力があります。

まず2000年から事業をやっており、毎月の取引額が300万ドルにものぼっているというのに、いまさら投資家が必要なのか?という点。

1日1%の配当額だと、紹介報酬と合わせると最低でも一日2%は出せないと成立しないでしょう。

2%出すということは、月利60%です。現実的ではありません。

それなら銀行から借りた方がはるかに安い金利で資金を調達できます。

また、ドメイン情報が非公開で、2000年から運営している会社なのにドメインを取得したのが最近という点も引っかかります。

SSLの契約期間が半年と短いなど、疑わしい情報が次々と出てきています。

「ビッテラー社」の実体がなく、アクセスのほとんどが日本からで、お問い合わせ窓口がアジア。

お知らせメールが日本のサーバーから送信されている、などの情報をみると、実体のない会社が運営しているポンジスキーム案件の可能性が強いようです。

HYIP案件の危険性

HYIP案件の多くは、一定期間は配当を出して出資者の紹介者からさらに投資を募り、タイミングを見計らって蒸発するというケースが多くあります。

そして新しい案件が出来ては消え、というサイクルが繰り返されています。
HYIPには、元本が引き出し可能になるまでの期限が長く、配当しか受け取れないという案件が多く見られます。

また、最初の数ヶ月は高配当の利子が出るものの、その後は高額の手数料が差し引かれて配当収入が少なくなっていくという案件も非常に多いようです。

そして、元本分の配当収入を得る間もなく蒸発する業者や、満期を待たずに解約する場合は多額の手数料が必要になるという種類のものも多数あります。

何の前触れもなく突然サイトにログインできなくなったり、何らかのエラーが起こったというアナウンスとともに出金できなくなることがしばしば。

意図的にサイトを閉鎖して、運営元が突如蒸発するケースが多く見られます。

うまくいけばハイリターンの見込めるHYIPですが、その実態はほとんどが詐欺です。

マレにHYIPで儲けている人もいるようですが、初心者にはとてもおススメできる案件ではありません。

詐欺案件を見抜く方法

最近はビットコイン系のHYIP案件が多く見られます。

ビットコインが持つ匿名性が詐欺をするにはとって都合が良いものだからです。

ビットコインは銀行口座などと違って、口座と所有者の紐付けがされていません。

ビットコインが悪事をはたらくものに利用されるニュースもよく見られます。

とはいえ、本当に儲かるのであればHYIP案件を利用したいと誰でも思うでしょう。

そこで、HYIP案件を見極めるひとつの方法として、HYIPの情報を集めているWEBサイトを紹介します。

盲目的に信じるのはどうかと思いますが、ある程度の危険性を知ることはできるでしょう。

「All HYIP Monitors .com – Check your investment status on all HYIP monitors at once.」

こちらのサイトではトップページから検索ボックスに自分が気になる案件を入力すれば、その案件が今どのような状況になっているのかチェックできます。

HYIP案件への投資を考えている人は、ある程度参考になるでしょう。

まとめ

今のところビットモンスターでトラブルは起こっていないようですが、5月1日にグランドオープンしたばかりです。

時が経つにつれてトラブルがおこる危険性が増します。

もしかしたら着金しなくなるかもしれません。

ビットモンスターに投資している人は、こまめに出金申請をして様子を見ることをオススメします。

今後ビットモンスターに投資を考えている人は、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

まず前提として、ビットモンスターはHYIP案件であるということを十分に念頭におくことです。

日利やボーナスプランがシンプルだと言っても、何十年も続くような案件だとは考えづらいでしょう。

ビットモンスターは基本的には短期的な投資として考え、なるべく早めに参入して早めに切り上げることが重要になります。

過去のHYIP案件でも「長期的に安定して日利を得られる」と謳いながら、ほとんどが消滅してしまっています。

このビットモンスターも、投資するならギャンブルと考えて、リスクの少ない投資をすることが大切でしょう。

ハイプ案件で投資を行う場合、一番賢いやり方は、誰よりも早く投資して、タイミングを見計らって早めに切り上げることです。

正しいやり方を実践すれば、HYIP案件でも資産を増やすことは可能です。

HYIP投資で最も重要なポインとは、リスク管理と言えます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する