⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットシャワーは、高配当をうたう投資案件で、注目を浴びています。その反面、情報らしい情報はあまりなくて、調べていてもなかなか欲しい情報に届かないというケースが多いですね。

そんな中で、ビットシャワーの原資がD9ではないのか!?という意見がありました。そこで、ビットシャワーの原資がD9ではないかといううわさについて調べてみました。

ビットシャワーについて

ビットシャワーとは、ビットコインを想起させるビットというところと、報酬をシャワーのように降り注ぐように手に入れるというイメージで付けられたように感じますが、実際の報酬体系がどうなっているのかを見ていきましょう。

まず、イギリスのロンドンの会社が運営しているということで、一定の金額をビットコインで振り込めば、その金額に応じたコースごとの報酬体系に応じて、配当金を支払われるという仕組みになっています。

それでは、いったい何からの利益を元に配当金を支払うのかというと、仮想通貨のアービトラージから得られた利益を元にしているようです。

アービトラージとは、ようは利ざやを取るということで、仮想通貨のアービトラージというと、仮想通貨の取引所ごとに売値と買値の金額が異なるため、Aという仮想通貨取引所でビットコインを買って、Bという仮想通貨取引所で売るだけで利益が出たりします。

アービトラージとは、このようなことを利用して、利益を出すという手法です。実際にアービトラージをやっている瞬間に立ち会ったことがありますが、その時は大体1000万円くらいの資金で7〜8万円の利益を出していました。ただし、あまりに金額が大きすぎると、相場自体(売値と買値)が動くので、成立しなくなるという話でした。

話によると、ビットシャワーの利益については投資金額に対して一日あたりに5%とも言われているようです。そして、その利益を元に配当金を投資している人へ還元しているということになります。

ビットシャワーの報酬プラン

ビットシャワーの報酬プランについてですが、配当が出るのは、平日のみという謎のルールがあります。(この謎のルールが後述のように効果をあわらしてくるのですが・・・。)

ベーシックプランと、プレミアムプラン、プロフェッショナルプランの3つがあって、配当は以下のようになっています。

ベーシックプラン・・・日利0.5%(年間目論見:125%)
プレミアムプラン・・・日利0.8%(年間目論見:200%)
プロフェッショナルプラン・・・日利1.2%(年間目論見:300%)

なお、それぞれの参加費は以下のようになっています。

ベーシックプラン・・・$100 , $300 , $500
プレミアムプラン・・・$1,000 , $3,000 , $5,000
プロフェッショナルプラン・・・$10,000 , $30,000 , $50,000

つづいて、D9についてもご紹介しましょう。

D9について

それでは、なぜビットシャワーの原資がD9だといわれているのか?というところを知るために、D9のことについてもご紹介していくことにしましょう。

まず、D9はブラジルの会社が運営していて、ビットシャワーと同じように一定の金額をビットコインで振り込めば、その金額に応じたコースごとの報酬体系に応じて、配当金を支払われるという仕組みになっています。

また、何からの利益を元に配当金を支払うのかというと、ブックメーカーと呼ばれるスポーツ賭博から得られた利益を元にしているようです。ちなみに、賭博というと聞こえが悪いですが、海外ではスポーツ観戦にはつきものであって、応援チケットの感覚で購入されるようなものです。応援に熱が入るのは、このためでしょうかね。

そして、賭博というと勝てないというイメージがありますが、サッカーは番狂わせが少ないので、配当金は少ないけれどカタい勝負があるということで、そこにベットしているようです。また、負ける確率が高くてもごひいきのチームを応援する人の方が圧倒的多数ですから、ちゃんと賭博が成立するというわけです。

そして、このブックメーカーでカタい勝負で得た利益を配当金として支払ってくれるのがD9なのです。

D9には4つのコースがありまして、簡単に説明すると以下の通りになります。

ブロンズコース・・・週の配当$12.75(参加費は1年で39,000円)
シルバーコース・・・週の配当$27.75(参加費は1年で71,500円)
ゴールドコース・・・週の配当$51(参加費は1年で136,500円)
ゴールドプラスコース・・・週の配当$170(参加費は1年で266,000円)

これに、配当金の出金手数料(1回5ドル〜)や税金(5%)を引いた額がビットコインで振り込まれるという仕組みです。

結局ビットシャワーはなぜD9が原資と言われ始めたのか?

さて、このD9のゴールドプラスというコースは、実は計算をすると日利1%に相当する配当金になっています。つまり、仮に私がビットシャワーの運営元だとして、ビットシャワーで集めたお金をそのままD9に入れてしまえば、毎日1%の配当をD9から受け取り、ビットシャワーに参加してくれた人に、0.5%の配当を支払うことで『利ざやを稼ぐ』ことができます。

ついでに言えば・・・やりとりは『ビットコイン』つまり仮想通貨ですよね。これ、曲解すれば『仮想通貨のアービトラージで稼ぐ』ということにもとれなくもないです。

もちろん、これではビットシャワーの5%の日利をアービトラージで得て・・・という説明は成立しませんが、少なくともD9を使って利ざやを稼ぎつつ、ビットシャワーの参加者へ0.5%の配当を支払うことは可能です。なにも面倒くさいことはしなくても儲かります。

そして、土日休み・・・というところもポイントですね。D9は土日が休みではない条件で1%の配当の計算です。ここもみそですね。

これが効いてくるのが、ビットシャワーのプロフェッショナルプランなのです。

よく見てみると、ビットシャワーには配当金が日利1%を超えるプロフェッショナルプランがあります。これは日利1.2%ですから一見すると成立しなさそうですね。

ですが、ここにもカラクリがあります。プロフェッショナルプランは年間の配当目論見が、土日休みの条件を元に計算すると出資金の300%となっていて、ちょうどD9の配当も年間の配当金目論見が300%になっているのですね。ですから、一応プロフェッショナルプランの1.2%配当でも損はしないことになります。

・・・なるほど〜ですね。

そして、D9にもバイナリーボーナスや直紹介ボーナスの仕組みがって、さらには参加している人の数が増えることによってポイントボーナスという仕組みまで用意されています。

このポイントボーナスによって、フェラーリやヘリコプターなどがもらえるというのですから、仮にビットシャワーの参加者に右から左へとD9へ代理で会員登録をして、配当金を代理で運ぶだけでも、ポイントボーナスなどで利益を得ることが可能という仕組みです。

・・・なお、お断りしておきますが、実際にビットシャワーの運営者がD9を原資に運営をしているかどうかはわかりません。そもそも証拠がない。しかし、計算がなりたつという点から、このような『うわさ話』が出てきたとしても、不思議ではありませんね。

まとめ

以上がビットシャワーがなぜD9が原資になっているといわれているのか?についての説明になります。実際にそうなっているのか?についての証拠があるわけではなく、あくまで報酬体系が十分成立するという観点からの説明ですので、そこは誤解のないようにお願いします。

なお、ビットシャワーを検討している人がいたら、この内容を知った途端にD9に乗り換えるという人が出てくるかもしれませんね。ビットシャワーは実績がありませんが、D9は実績がありますし、何よりも配当金も高いということですから。私はD9をやっていますが、この記事を書きながら感じていたのですが、ビットシャワーには全く興味がわかないですね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する