⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

時価総額でビットコインに次ぐ№2に位置する仮想通貨「イーサリアム」のテクノロジーを応用して作られたdao(ダオ)。アルトコインのひとつですが、ちょうど昨年の今頃、2016年初夏に暴落し、イーサリアムの価格にも大きな影響を及ぼしました。

daoのプログラムの不具合が原因だったのですが、その処理方法で議論噴出し、ひと騒動。仮想通貨プログラムに課題を残しました。「dao暴落事件」を振り返り、仮想通貨の今後を占ってみましょう。

仮想通貨dao暴落事件とは?

2016年5月に誕生したdaoですが、2月ヵ月も経たない時期に、プログラムの欠陥を突かれて50億円分が盗まれる、という事件が起きました。

発行分150億円の3分の1が誕生して間もなく消えてなくなったのです。

信用が失墜したのはいうまでもありません。

daoはイーサリアムから派生した仮想通貨であったため、イーサリアムの価格も一時、暴落しました。

調査によって、daoの情報プログラムのずさんさが浮き彫りになりました。

daoは、使用されているプログラムを動作させるためのプログラムコードの検証さえもされていないなど、不備な点が判明。

情報が簡単に盗難できてしまう状態だったということが判明したのです。
どう処理するか・・について関係者から議論噴出。

検討の末、ハードフォークという手法で復元しました。
ハードフォークとは、ブロックチェーンの流れを1回止め、巻き戻すこと、つまり50億円盗まれる前の状態に戻すことです。

具体的には、イーサリアムのブロックチェーンにはdaoに紐づく取引が記録されていますが、その記録を盗まれる前の状態に戻したのです。

それによって盗まれたdaoを使えなくし、被害者も損をせずに済むことになったのです。
とはいえ、盗難にあったことは紛れもない事実。daoは信用を失い、価格も下落しました。

結果的に個人的な単純な横領だったマウントゴックス社の事件とは事情が異なり、

dao盗難事件は要因がプログラム上の不具合であったため、daoのみならず仮想通貨全体の信用度に少なからず影を落としました。

イーサリアム分裂

dao盗難事件は本家のイーサリアム分裂騒動に波及しました。

daoが敢行したハードフォークに反対する勢力がイーサリアムから分裂。

「イーサリアム・クラシック」という新たな仮想通貨を生み出したのです。

ハードフォークはプログラムの強制的なアップデートです。

もともと仮想通貨の技術ブロックチェーンは中央主権を持たないというのが理念です。

ハードフォークはその理念に反する行為というのが反対派の主張です。

その反対勢力から生み出された「イーサリアム・クラシック」ですが、

分裂騒動があったにもかかわらず、2017年5月現在、仮想通貨時価総額ランキングで5位につけています。

紆余曲折を経ながらも、仮想通貨は着実に成長軌道をたどっている印象です。

スケーラビリティ論争

ビットコインも分裂の火種がくすぶっています。

dao盗難のような事件がおこったわけではありませんが、

ビットコインの取引があまりに拡大しために、取引の処理に時間がかかり過ぎていることが問題視されはじめたのです。
時間がかかるようになったことで、急いで取引をしたい場合の手数料が高騰。

「手数料が極めて安い」というビットコインの最大のメリットが薄れつつある、と主張するグループが出てきたのです。
ずっと以前からビットコインはスケーラビリティに関わる問題が議論されています。

スケーラビリティとは、システムの変化に対し柔軟に対応できる度合いのことです。

現在、ビットコインはスケーラビリティが低いため、問題を柔軟に対処できる段階ではありません。
ビットコインは、一般的な決済システムのデータの処理速度と比べるととても遅く、

将来的に利用者が増大することを考えれば、不都合が生じる危険性が多分にあります。
ビットコインのブロックサイズ(取引情報)は1Mバイトに制限されています。

1Mバイトという低い制限は、セキュリティの関係から設定されています。

セキュリティの強固さがビットコインの最大のセールスポイントですが、

情報のやり取りに関しては非常に不便を強いられます。
その解決策のひとつとしてイーサリアムが採用したハードフォークがあります。

ハードフォークを実施すれば、ビットコインもイーサリアムと同様に分裂することになります。

現在のビットコインの通貨単位はBTCですが、ハードフォークを実施すれば

新たにでBTU(ビットコイン アンリミテッド)が誕生。

2種類のビットコインが存在することになります。

このスケーラビリティ問題、いまだに明確な方向性が示させていません。

ビットコインに内在する大きなリスクとして捉えられています。

dao事件の誤解

dao盗難事件は、あくまでもdaoで書かれたコードの脆弱性が大きな原因です。

当時のニュースでは、イーサリアムプロジェクトの脆弱性が問題視されていました。

また、イーサリアムから不正送金が行われたなど、誤った報道が目立っていました。

dao盗難事件は、銀行のサーバーへのハッキングとは事情が違います。

銀行の場合だと、ハッキングされると資金は行方を知ることは容易ではありません。

しかし、仮想通貨は対処法があります。

ある意味、銀行よりも安全性が高いという見方もできます。

dao盗難事件の表面だけ見て「大金が不正アクセスで盗まれた」と思い、仮想通貨に対して不信感を持つ人も多くいるかもしれません。

しかし、プログラムはきちんと実行され、なおかつ送金された資金の場所もわかっています。

仮想通貨は歴史が浅く、まだ完全とは言い切れないものの、決して不安定なものではありません。

ブロックチェーン技術は金融業界でも注目されており、2017年4月から「仮想通貨法」も施行されました。
過去のネガティブなイメージを徐々に払拭し、知名度をアップして価格も上向線を描く仮想通貨。

その素晴らしい技術や機能の発展が滞らないよう明確に事実を捉えていく知識力が大切といえるでしょう。

イーサリアムクラシック活況

dao盗難事件以降、ハードフォークによって分裂した「イーサリアム」。

ハードフォーク反対派の技術者によって生み出された「イーサリアムクラシック」。

この二つの通貨の大きな違いは、中央集権型(イーサリアム)か非中央集権型(イーサリアムクラシック)という点です。
現状、イーサリアムに比べて小規模なイーサリアムクラシックですが、ここにきて活況を呈しています。

2017年5月28日現在、仮想通貨時価総額ランキングでライトコインを抜いて5位に浮上。

今後、膨大な資金注入が噂されており、イーサリアムETHからイーサリアムETCに移行するプロジェクトの大規模な離脱が見られると予想する声もあります。

単なる仮想通貨ではなく、技術革新ともいえるスマートコントラクトを実装したイーサリアムとイーサリアムクラシック。

ともに将来的に有望な仮想通貨といえるのではないでしょうか。

daoマーケット縮小

2016年6月の盗難事件で信用失墜したdao。

日本国内でdaoの売買ができた取引所「コインチェック」でも2017年4月30日をもってdaoの取り扱いを廃止。

売買停止にともなって、顧客が保有しているdaoはイーサリアムETCへ変換されています。

もはやdaoは消滅の道をたどりそうです。

まとめ

dao盗難事件を教訓として、ビットコイン以外のアルトコインに投資する場合、ある程度のリスクも承知しておかなければなりません。

新規のアルトコインやマイナーな仮想通貨では消滅の危険性や思うように売買できないなど、不都合が生じる可能性も含みます。
仮想通貨は、通貨の裏付けとなる技術やプログラムコードは明らかになっていますが、

売買する個人が、すべての通貨を完全に把握して購入しているわけではないでしょう。
アルトコインは、値動きが大きくハイターンが得られる可能性があるなどの投資妙味があることも事実。

とはいえ、投資するからには慎重な姿勢が必要でしょう。
2017年4月より「仮想通貨法」が施行され、取引所は法定帳票の作成と国への提出が義務付けられるようになりました。

取引所は登録制になり、誰がいくら利益を得たか、法定帳票を作成し、国に提出する義務が生じます。
法律に施行により、仮想通貨投資の環境は整いつつあるとはいえ、この業界自体がまだまだ未成熟です。

取引所自体の倒産もないとは言い切れないでしょう。
仮想通貨は非中央集権です。法定通貨のように保証の裏付けがありません。

売買だけでなく、保有する際の管理も自己責任です。

仮想通貨投資において、最も重要なポイントは知識を身につけることといえるでしょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する