⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨DAOとは一体どんな仮想通貨でしょうか?そして、そのDAOの今年2017年の現在の様子はどのような様子なのでしょうか?

ここでは、仮想通貨のDAOについてお話していきたいと思います。

仮想通貨DAOとは?

まず、仮想通貨DAOとは、一体どのような仮想通貨なのでしょうか?ここから順番に見て参りましょう。

元々、仮想通貨は法定通貨と異なり、政府が関与せず、さらには非中央集権という特徴を持っています。政府が関与しないのはわかるとして、この非中央集権というところは、政府でなくても特定の企業が意思決定をしたり、コントロールしたりせず、純粋に個人間(Peer to peer :P2Pと表記)のやりとりで成立するということです。

つまり、ある仮想通貨を作った団体やエンジニアは存在しますが、その団体や人たちが何かをコントロールするのではなくて、あくまでP2Pの取り引きをサポートするにとどまるということです。

日本円なら、日銀が通貨を緩和したり引き締めたりして為替や株価が極端に変化しないようにコントロールするのですが、そういうことを一切しないということです。

さて、これを可能にした仮想通貨、それがビットコインです。ビットコインの登場によって、非中央集権型の通貨が実現することができました。

それでは、この仮想通貨DAOは、ビットコインが実現した非中央集権であることを取り入れただけの、『ただの仮想通貨』なのでしょうか?

いいえ、違います。実は、このDAOは他の仮想通貨にはない大きな違いを実現するために登場しました。それが、『投資ファンド』としての性質を保つ仮想通貨であることです。

それでは一体、この『投資ファンド』としての性質とはどういうものでしょうか?

仮想通貨DAOの特徴は『投資ファンド』としての性質

さて、投資ファンドとは、簡単にいえば投資資金を投資家から集めて、投資ファンドが投資先を選んで、投資していく仕組みです。投資の結果リターンが得られれば、投資家に還元しますし、仮に投資がうまくいかなければ、損をするのは投資家です。投資ファンド(運営側)は、損しないようにできています。そのために、ちゃんと利益を出す投資先を選んで投資できるような、そんな投資ファンドを投資家は選んで、投資資金をあずけます。

そして、当然ですが投資先を選ぶというのは、大変な目利きが必要になりますので、誰でもできるようなものではありません。もちろん、投資先を選ぶことができる、極限られた人がやるのが普通です。

しかし、このDAOは、この極限られた人がやる中央集権が当たり前の『投資ファンド』を、なんと非中央集権でやってしまおうというチャレンジをしようというのです。DAOに参加する人たちの総数の意見を取り入れて、投資するかどうかを民主主義的に決めていこうという発想です。

それを仮想通貨というプラットフォームを用いることで可能にするというのですから、非常に斬新なアイデアということができます。仮にこれが実現すれば、仮想通貨DAOを買って持っておくだけで、投資ファンドと同じように利益が生み出され、どこかの企業が資金を投資してもらうことで社会に還元されるという仕組みが成立します。

さらには、仮想通貨ですから、投資ファンドであることを意識することなく、ただ単純に送金のためにつかったりすることもできます。通常の仮想通貨も価格は上下しますが、これはあくまで使う人が増えたり減ったりすることによる上下にすぎません。

しかし、この仮想通貨DAOの場合は、そもそも投資していることによるリターンを得ることができるので、先ほどのいわゆる相場の変動とは関係なく価値が高くなる仕組みがあるというわけです。投資がうまくいけば、DAOの価値が黙っていても上がるという仕組みは、投資ファンドよりも買いやすく、使いやすく、保存しやすく、大変なメリットがあるアイデアだといえます。

しかも、仮想通貨であるため投資資金を集めるというところと、投資先をどこにするのか?ということにおいても、すべてが国境を越えて・・・という発想も見逃せませんね。これらは今の時代だからこそ実現できるような、素晴らしい世界ではないでしょうか。

仮想通貨DAOの大きな誤算とは?

しかし、結論から言えば仮想通貨DAOの試みはうまく行きませんでした。残念ながら、当初の目論見であった非中央集権的な投資ファンドの性質をそなえる仮想通貨というものは、成立することはなく壊滅的な状況に陥っています。

その大きな理由のひとつが、初動の失敗です。当初プレセールで集めた価値よりも、一般公開あとの価格の方が安く、『原価割れ』という状況に陥ってしまったのです。

原価割れというのは、簡単にいえば投資家を集めることはできたものの、その投資家が期待するお客が全然集めることができなかったということであります。

要因としては、説明が難しくて、投資家は理解できたがお客となる『DAOユーザー』は理解できなかったということが考えられます。あるいは、説明があまりに投資家よりであって、使い手である『ユーザー』にとってはどうでもいいと判断されたという可能性もあります。ようは、使う側にとってのニーズにマッチしなかったということです。

目指すところは素晴らしいのですが、理解されない、あるいは受け入れてもらえないということであれば、結局人を集めることはできません。DAOはそういうところにはまり込んでしまったのかもしれません。いくら素晴らしいアイデアであっても他の人に『いいね』と思ってもらってこそなりたつものですから、受け入れてもらえないというのが結局のところ敗因となるのでしょうね。

なお、DAOは仮想通貨のイーサリアムを基軸にしているのですが、プレセールの時にイーサリアムへ投資を行い、それを軸にして投資ファンドとして勢いをつけるという目論見だったようです。しかし、イーサリアム自体は非常に好調ですが、タイミングがあいませんでした。残念ながら、DAOの立ち上げのタイミングでちょうどイーサリアムが爆あがりでもすればよかったのでしょうが、そういうことは生じませんでした。

結局は、DAOは非常によいアイデアと、それに見合う計画がない状態で思わぬ方向に進むことになりました。

まとめ

DAOは、すばらしいアイデアがあっても、タイミングや支える人たちによってうまくいかないということを教えてくれています。仮想通貨として存在するだけであれば、それ自体は難しいことではないのかもしれません。なぜならば、すでにうまく行っている仮想通貨がたくさんあるから、真似をすればいいだけだからです。

しかし、DAOのように、非常に素晴らしく、そしてチャレンジングな新しい考え方を持ち込もうと考えると、真似では済まない部分がでてきます。つまり、問題を解決するだけのチームが必要ということです。そして、それに見合うチームと考えながらも、結局はそこまでのチームではなかった・・・というのは、よくあることです。そして、このDAOでも起こったのではないでしょうか。

大変すばらしい目標があったからこそ、多くの人が賛同したのですが、反面賛同したプレセールでの参加者を一般公開時に超えるようなファンをユーザーを、集めることができなかったのが、このDAOの失敗の要因であったのではないでしょうか。プロモーションがいかに大切かを教えてくれる、とてもよい事例ではありますね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する