⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2ちゃんねる発の仮想通貨、それがモナーコインです。

アスキーアートのキャラクター『モナー』が印象的ですので、知っているけど仮想通貨としてはどうなんだろう?という人も多いはず。

そこで、ここではモナーコインがどういうもので、仮想通貨元年と言われる2017年にどういう動きをするのか考えてみたいと思います。

モナーコインの誕生

ご存知の人も多いとは思いますが、一応基本的なところを紹介しておきます。

モナーコインは2013年12月23日に誕生した、国産の仮想通貨です。

(正確には暗号通貨といいます。英語で言うとcrypto-currencyです。)

仮想通貨は、ビットコインを代表とする電子的なお金のことです。交通系電子マネーのスイカや、エディーなど日常的に浸透しているので、ここは大丈夫だと思います。

このモナーコインの名称モナーは、ご存知2ちゃんねるのキャラクター『モナー』であり、2ちゃんねるから生まれた仮想通貨であることがわかります。2ちゃんねるというと、自由な発言が持ち味であり、この仮想通貨も政府機関による管理がされないという点において、近い雰囲気があるように感じますね。

その2ちゃんねるから生まれたモナーコインですが、仮想通貨としては基本的なところを抑えていて、さらには2ちゃんねるユーザーの多さから、一定のユーザーの確保に成功しています。

あの、堀江貴文さん(以下、ホリエモン)も仮想通貨に関するコメントを求められるときにはモナーコインの名称にも触れることが多いので、ユーザーがいなくなるという心配はなさそうです。

通貨は、一定数の人の間で貨幣としての価値を認め合うことで成り立ちます。日本円は日本では価値を認め合って、物やサービスの購入に使うことができますが、全く未開の土地で日本円で何かを買おうにも、売ってくれないとの同じです。

モナーコインが存在できるのは、2ちゃんねるユーザーの中で仮想通貨として共通の認識があって、お互いに通貨としての価値を認めることによって成り立っているので、このユーザーの数こそがモナーコインの最大の武器になるのです。

ご存知だと思いますが、仮想通貨自体は誰でも作ることができるのですが、問題はこのユーザーの数が大事なのです。

その点において、モナーコインは、今後も存在し続けるポテンシャルを持つ仮想通貨といえそうですね。

モナーコインの位置付け

それでは、モナーコインの位置付けはどうでしょうか?ここでいう位置付けとは、他の仮想通貨と比較した位置付けのことです。

仮想通貨の位置付けにおいて最も重要な指標は、時価総額です。

そこで、時価総額について調べてみました。

時価総額ランキング96位 MonaCoin MONA時価総額は$1,153,989(1ドル=113円として、1.3億円)

なお、その他の数字は以下の通りです。

1MONA=$0.025575(1モナー=2.89円)
流通量45,121,600 MONA

24時間の取引額$405

取引額から考えて、流通はしているけれど、1日あたり両替をしている人は数名とかそのレベルのようですね。

しかし、1.3億円以上の時価総額があるので、ほとんどのモナーコインユーザーは、保持し続けているか、両替をせずモナーコインのままで使っている可能性が高いですね。

モナーコインの存在する意味とは?

仮想通貨には、必ず存在する意味があります。例えば、送金手段として銀行口座を持たない人でも使えるとか、スマホがあれば、24時間365日、10分以内に送金可能であるとか、そういうことです。

あるいは、投機対象として、外国為替取引のFXのように売買を通じて利ざやを稼ぐ人もいます。それでは、モナーコインの存在意義は何でしょうか?

もちろん、仮想通貨ですから、他の仮想通貨で出来ること、例えば送金手段として使うことは出来るでしょう。しかし、もう一方では、モナーコインでなくても、ビットコイン、イーサリアムという仮想通貨が存在するのですから、モナーコインでなければならないということにはならないはず。

そうすると、ユーザーの数が増える確率がグンと下がってしまいます。

そこで調べてみますと、オンラインゲーム『モナーコイン』というのがあって、このゲームを通じて得たポイントが、モナーコインとしてもらえるのだそうです。つまり、遊んだらポイントがもらえて、そのポイントもちゃんと使える、という仕組みがあるようです。

モナーコインの利用場所

続いて、モナーコインの利用場所についてはどうでしょうか?

そもそも使えない、あるいは使えても使いづらい仮想通貨であれば、ユーザーは減っていくはずです。

この点においては心配はなさそうですね。2ちゃんねる周辺での支払いや、アマゾンギフト券やVプリペイド等への交換にも使えるようです。

また、同人誌のネット販売やPCゲームの購入など、2ちゃんねるユーザーにとっては嬉しいサービスにも使えるので、お店で会員カードについてくるポイントのように日常的に使うことは出来ます。

もちろん、取引所でも扱われているので、他の通貨と両替をすることも出来ますね。ただし、取引額は現時点では非常に少ないので、売れば価格が下がってしまいそうですが・・・。

モナーコインのインフラ

通常の仮想通貨であれば、円に両替をして紙幣をその場で受け取れるATMや、AppleのiWatch2から搭載されたApple Payのように、直接コンビニや交通機関でお支払いに使えるウェアラブルデバイスといった、インフラの整備をすることで、ユーザー数を増やそうとします。

今話題のノアコインでは、街を一個作ってしまうという、壮大なプロジェクトも存在します。

あるいは、日本でも4000ヶ所以上で、ビットコインをそのままお店のお支払いに使えるようになってきました。

これが、その仮想通貨のユーザーを増やすためのインフラ投資です。

では、モナーコインはどうでしょうか?厳密に言えば、先ほど例に挙げたアマゾンギフト券との交換という仕組みもインフラの一部になるのでしょうけれど、今の所大きなインフラ整備はないようです。

また、そのような整備をしないか?というと、今後どれだけユーザー数が増えるかが鍵なので、仮想通貨元年の今年以降ユーザー数が増えれば・・・ということになるでしょう。

モナーコインの今後の動き

2ちゃんねるが存在する限り、このモナーコインは生き残るでしょう。

ただし、2ちゃんねるそのものが、広くおじいちゃんおばあちゃんまで浸透するか?というと、それはちょっと趣旨が違うのではないかと思います。もちろん、現在の2ちゃんねるユーザーが、数十年後にも2ちゃんねるユーザーのままで、おじいちゃん・おばあちゃんユーザーとなる日まで待てば話は別ですが・・・。

逆に言えば、それくらいまでモナーコインは存在し続けて、じわりじわりとユーザーを増やし続けて、爆発的な伸びはないけれど、確実にそう資産額は増える可能性を持っています。

以上から、モナーコインの今後の動きとしては、とっても長い目で見れば、価値は上昇するポテンシャルを持っているが、今のところはインフラの整備やプロモーションする人がいないので、ユーザーが爆発的に増える可能性が低いといえます。

・・・つまり、それほどの価値上昇はないので、投資対象ではなく、ユーザーとしてお付き合いがいいのかな、と個人的には感じました。

まとめ

2017年は仮想通貨元年といわれ、日本でも仮想通貨に関する法整備がなされたり、日本のメガバンクがブロックチェーン技術を使った独自の仮想通貨を発行するようになります。

必然的に、今まで仮想通貨のことを知らなかった一般の人にまで知られることは間違いありません。

その仮想通貨の広まりと共に、モナーコインもより広く認知されることになるでしょう。また、今まで情報が不足していて、モナーコインがただのオンラインゲームのポイントだ、くらいにしか考えていなかった人にとっては、考え方が変わる年になります。

つまり、日本中の人が仮想通貨を認識することによって、モナーコインも2017年から一定の広まりを見せます。

ただし、だからと言って楽観的に価値が上がるかどうかは別の問題です。

電子マネースイカですら、広まるまでに時間を要しています。電子マネースイカは、キセル防止のためにJRが粘り強く広めていくだけの動機がありました。おそらく、メガバンクの仮想通貨も同じようにブロックチェーン技術による安全性向上やハッキング対策の費用を抑えるという動機が存在するはずです。

それに対して、モナーコインはプロモーションやインフラ投資などの牽引役がいないため、価値が急上昇するほどの可能性は見えません。

とはいえ、2ちゃんねるのファンには定着するでしょうし、ファンが増えれば、価値も高まるのは間違いありません。以上から、2ちゃんねるのキャラクター『モナー』同様ゆる〜い感じでの上昇はあるのでしょうが、投資対象となるほどの上昇ではないでしょう。

ユーザとして持っているなら、ちょっと得する・・・それでも、十分楽しめると思いますけれどね。
 

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する