⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年5月。暗号通貨の価格が凄いですね!!

これだけ全体に値上がりしているということは、暗号通貨が欲しい人が増えているということです。

先週(5月15日)、ビットシェアーズの記事を書いた時の価格が$0.038342だったのですが、5月26日$0.085527、1週間で2.23倍です!

ビットシェアーズ!注目の暗号通貨です。今回は「ビットシェアーズの購入方法について」説明したいと思います。よろしくお願いいたします。

最近の暗号通貨の価格

2017年5月は、暗号通貨が凄いです!何が凄いって値動きが激しい!

暗号通貨の代表格「ビットコイン」は、4月26日のマーケットキャップ$20,801,110,344、価格$1,276.55でした。1か月後の今日は、マーケットキャップ$40,420,011,546、価格$2,471.76。1か月で約2倍です。

マーケットキャップ2位の「イーサリアム」は、4月26日のマーケットキャップ$4,751,840,360、価格$52.18。同じく今日のスコアは、マーケットキャップ$17,678,005,728、価格$192.28。こちらは1か月で3.7倍です。

それより凄いのがRipple。マーケットキャップ3位ですが、一時イーサリアムを抑えて2位に躍進しました。その後利益確定のためか、価格が下落しました。「リップル」の4月26日のマーケットキャップが$1,220,171,158、価格は、$0.032207、同じく1か月後はマーケットキャップ$11,506,853,563、価格$0.300838。リップルは何と1か月で9.3倍です。

マーケットキャップ1位から3位までを紹介しましたが、他の通貨もマーケットキャップ上位の銘柄は、軒並み値上がりしています。それで、2017年5月は凄いと申し上げました。

ビットシェアーズとは?

ビットシェアーズ(Bitshares)は、2014年7月Invictus Innovations社が公開した、ビットコイン2.0プロジェクトの一つになります。2015年バージョンアップのタイミングで、Cryptonomex社が開発を引き継ぎました。

このプロジェクトは、ビジネスのための金融プラットフォームの発展を目指しています。さらに様々なDACの整備と構築についても目指しています。

DACとは?

DACとは、「Distributed autonomous company」、「Decentrlized automated corporation」の頭文字を取ったもので、「分散型自動化企業」とか「分散型自立組織」といいます。

ブロックチェーン技術を使って、人の手を介さずにさまざまなビジネスを、自動で運用するシステムを実現しました。

ビットシェアーズの特徴

OpenLedger(オープンレジャー)

OpenLdgerは、ビットシェアーズのシステム中で、暗号通貨の取引ができるプラットホームのことをいいます。ビットシェアーズシステムで使われる基軸通貨は「BTS」です。

また、OpenLdgerは暗号通貨取引所ですが、管理者のいない、世界で最初に出来た「分散型取引所」であることが特徴的です。そしてOpenLdgerは、デンマークの取引所CCEDKとビットシェアーズの開発チームが開設しました。

OpenLdgerは、ビットシェアーズのオンラインウォレットも兼ねています。そしてOpenLdgerは、ビットシェアーズのBTSやOBITSやBitTeaseaのBTSR、スマートコインのBitUSDやBitGOLD等も持つことができます。

OBITS(オービッツ)

OBITSの総発行量は18,276,898 OBITS。

buy-back(買い戻し)

OBITSのシステムでは、OpenLdgerネットワークによって得た手数料によって、市場価格でOBITSを買い戻しを行います。買い戻したOBITSを、OBITS保有者に分配される仕組みです。

Bum(焼却/消滅)

buy-backされたOBITSは全てBum(燃やされ、消滅する)されます。Bumで消滅した分、総量が減少するのでOBITSの価値が上昇します。

OBITS最初のBuy-Backの結果(2016年2月)

・$5,000以上buy-backによりBumされた

・buy-backにより40%の価値上昇

・Obits公開時の価格5.4円

・buy-backにより12.5円に

・2017年5月26日現在$1.07(約118円)

ネットワークが拡大する

OpenLedgerネットワークは今後ますます拡大します。そして、取引手数料が増加することによって、buy-backされる金額も増加します。

OBITSが取引できる取引所

OBITSが取引できる取引所は、OpenLedgerです。

 ビットシェアーズの購入方法は?

ビットシェアーズを購入する前に、ビットシェアーズのアカウントを準備してください。ビットシェアーズのサイトは、https://bitshares.org/です。

取引量最大取引所「Poloniex」でBTSを購入する

まず最初に、Poloniexにアカウントをお持ちでない方は、アカウントを取っていただく必要があります。Poloniexは取扱量が最大なので、他の取引所より安価で購入できる可能性が高いメリットがあります。

しかし、Poloniexは従来の中央集権型取引所なので、BTS(ビットシェアーズ)を購入するには、BTC(ビットコイン)を入金します。これを預けるわけですから、カウンターパーティリスクが存在するということです。

Poloniex以外の従来の(中央集権型)取引所は、「BTC38」、「Yunbi」、「Bittrex」等があります。

OpenLedgerでBTSを購入する

まず、この方法を使うには、OpenLedgerのアカウントが必要なので、取得してください。この方法は多少面倒です。BTCをOpenBTCに変える作業に手間と手数料がかかるのです。そして、OpenBTCの取引量が少ないので、取引レートが不利だということです。

それでも、全てOpenLedger内で完結するため、「BTCを引き出す必要がない」というメリットがあります。

ShapeShiftを使ってBTSを購入する

まず、ここでもOpenLedgerのアカウントが必要なので、取得してください。ShapeShiftは、Bitcoinlandの新しいシンストラクチャ。最初から最後まで10秒以内で通貨を変更でき、アカウントも必要ないということです。

また、ShapeShiftは、デジタル通貨を交換するのに、最も早く、最も便利で、最もプライベートであることを目標としています。

ShapeShiftへアクセス

ShapeShiftにアクセスしてください。右端に言語を選択するボタンがあります。日本語を選択してください。入金側にBTC、Leceive側はBTSを選択します。「先へ進む」ボタンをクリックすると取引画面に代わります。

BTCを支払う

「Bitshares Address(入金アドレス)」、「Bitcoin受け取りアドレス」、「destTag」、「規約に同意する」にチェックを入れて、「取引を開始する」ボタンをクリック。それでおしまい。しばらくすればあなたのBitsharesウォレットに入金されます。

まとめ

前項の説明で、ShapeShiftが一番使いやすいようです。といってもBTCを保有している人の場合ですね。BTCを保有していない人は、

1.まず暗号通貨取引所(最初は国内の取引所Bitflyer、coincheck等で)のアカウントを取得してください

2.BitsharesのアカウントとOpenLedgerのアカウントを取得してください

その後は、前項の手順に沿ってShapeShiftを操作してください。

ビットシェアーズは、金融のプラットホームの技術的には、世界中の銀行の国際送金で使われるRippleに引けを取らない存在だと思います。更に、カウンターパーティリスクのない「分散型取引所」OpenLedgerのポテンシャルの高さです。

今の価格は、冒頭にも報告しましたが、5月26日$0.085527(約9.5円)です。$1まで上がるとして12倍。この程度は短期の目標ではないでしょうか?まだまだ価格が上がる価値があると思っています。

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます。なお、暗号通貨は価格の変動が激しいです。売買は自己責任でお願いいたします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する