⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨市場が今熱いですね。時価総額ランキング不動のナンバーワンのビットコインは過去最高額を更新していて、なんと時価総額は3兆円!すごいの一言です。また、時価総額ランキングがこの2017年5月に入れ替わりまして、第2位のイーサリアムが第3位になって、第3位のリップルが第2位にランクアップしました。とにかく、リップルの勢いが凄まじいですね。

もちろん、イーサリアムが良くないということではなくて、イーサリアムの時価総額も確実に上げてきています。数ヶ月前の2000億円弱が、もはや1兆円に手が届くというところです。もちろん、イーサリアムも過去最高額を更新したばかりです。その倍率は、年初からの比較で約13倍ですから、相当資金が増えた人もいるはずですね。

また時価総額ランキング第2位にランクアップしたリップルがまたすごい。あのGoogleも出資しているという人気の仮想通貨ですが、2017年5月17日になんと1XRP=50円台を突破!!!年初からの比較でなんと90倍!!!です。50円を突破したのはホンの一瞬でしたが、その後もまた上昇中なので50円台が当たり前の日もやってきそうです。

このような流れの中で、私の周りにも大きくポジションをあげたという人が多数います。このように、今仮想通貨の世界が熱いのです。

そんな中で、ゲームに特化した仮想通貨であるGamecreditsについて耳にした事がある人もいるでしょう。これは、ゲーマーにとって大変便利な仮想通貨なのです。

実はこのGamecreditsも2017年1月1日からみて、5月には10倍になっているのです。余っていたコインがいつの間にか10倍!って驚いた人も多いでしょう。

そこで、ここではどんな風にGamecreditsがゲーマーにとって便利な仮想通貨なのか?についてお話しするとともに、その最新情報もお伝えしようと思います。

Gamecreditsとはどんな仮想通貨か?

Gamecreditsというのは、ゲームをする人にとって使いやすい仮想通貨を目指して作られた仮想通貨のひとつです。

正確に言えば、Gamecreditsというところが、『GAME』という仮想通貨を作ったということですが、さすがにGAMEそのものは一般名詞のために、表記上は多くのところでGamecreditsと表記していますね。

このGamecreditsは、オンラインゲームをする上で必要な課金に対する支払いや、ゲームに特化した周辺機器(ゲーミングマウスやコントローラーなど)を購入する時に便利なようになっています。いわゆる、『ゲーマーにとってかゆところに手が届く仮想通貨』ということになるでしょうか。

一般的にはオンラインゲームで最もユーザー数が多いのはスマホです。しかし、スマホはもともと通話料や通信料など、毎月課金される請求を支払う仕組みがもともと備わっています。ですから、特に支払い方法については迷うことがありません。

しかし、一般的なゲームマシン(プレステやニンテンドーなど)やパソコンの場合は、ソフトそのものにお金を払い、課金は必ずしも行われない仕組みになっています。そんな中で、課金したい時に支払うための仕組みがありません。ここがスマホと大きな違いになっていて、非常にネックになります。

そこで、今までであればクレジットカードを取り出して、課金のたびに決済という方法が普通でした。そして、それ自体はそれほど不都合ではありませんでした。

しかし、ゲームのユーザーの中にはクレジットカードを持てない年齢の人もいますよね。そのような場合はどうすればよいのでしょうか?

Apple Storeのプリペイドカードのような仕組みがあれば、はじめに購入しておいて、そこから課金や周辺機器の購入に使えるようになれば便利になります。

そして、そのような『共通の通貨』としての存在がこのGamecreditsになります。

仮想通貨ですから、国を超えて、時間に関係なく、早く・安全に決済が出来て、匿名性が高いというメリットがあります。また、冒頭にお伝えした通り、価値が変動します。そして今時点では価値は上がる方向にありますので、プリペイドカードよりも持っていて得をする場合が多いことでしょう。

また、Gamedreditsを使うことによって、周辺機器がディスカウントされたり、ポイントの購入の際にボーナスポイントをつけてもらえるという具合に、業界全体で広めるような取り組みもなされています。

そうなれば、使う人が増えるので、持っているGamecreditsの価値もさらにあがるというプラスのスパイラルが期待できます。

このような仕組みをまるごと作り上げたのが、このGamecreditsなのです。

Gamecreditsの最新情報

それでは、そのGamecreditsの最新情報についてご説明いたします。

仮想通貨の価値を見極める重要な指標値が『時価総額』です。1通貨の価格ではなく、時価総額を見ます。そして、その時価総額が多いほど、多くの人が使っているということであって、より価値が高いと見ることができます。

このGamecreditsは、2017年5月時点では、時価総額で135億〜140億円付近にあって、ランキングで言えば第15位〜第25位の中で日々入れ替わるという状態です。

これはつまり、一定数のユーザーがいて、ファンはついてるけれど、層が厚いところにいるということになります。決して弱くはありませんが、ランキングは非常に流動的な位置にあります。

もう一歩時価総額を伸ばすことができると、トップ10入りすることもできるという位置にありますが、なかなか簡単にはいかないというところでしょうか。

さて、このようなランキングにも大きく関係するのが、マイニング(採掘)です。(マイニングとは、仮想通貨の承認作業をすることで報酬を得る仕組みのことです。)

そして、このGamecreditsのマイニングの半減期が、そろそろやってきそうなタイミングなのです。以下は、2017年5月17日のCrypto Currency Magazineからの引用です(引用元 http://cryptocurrencymagazine.com/gamecredits-halving-coming-soon)。

GameCreditsは残り9日で採掘報酬の半減期を迎える。GAMEの最大供給量は84,000,000で、現在62,575,975 GAMEが出回っている。報酬額は25GAMEから12.5GAMEに半減する。これによりマイニングで市場に出回るGAMEの数が減少する。GAMEはビットコインとは異なりブロック時間が90秒となっているため採掘報酬はより頻繁に発生する。

おっと!半減期ということは、マイナーにとっては嬉しくありませんが、コインを保持する人には朗報かもしれませんね。

この半減期とは、マイニング報酬が半分になるということです。時間の経過と共に仮想通貨の価値も上昇するから、時間の経過とともにマイニング報酬も減らすことでバランスをとるための仕組みです。

そして、仮想通貨の発行量に関係することでもあります。『仮想通貨の時価総額÷コイン発行量=仮想通貨の1コインの価格』という式になりますので、半減期がきた方がGamecreditsの価格が上がりやすいということになるのです。

ここ数日のGamecreditsの動きと、半減期を迎えた後の動きは要チェックでしょうね。

まとめ

仮想通貨が軒並み上昇中の現在、Gamecreditsも確実に時価総額があがり、1コインの価格も上昇していますね。現在保持しているコインは、少し使うのを待ったほうがいいかもしれません。なぜなら、もうそろそろマイニングの半減期がやってくるからです。

半減期がくれば、時価総額の上昇に対してコインの価格はより大きく上昇しやすくなる傾向にあります。ですので、ここしばらくのGamecreditsの価格の動きは見逃せませんね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する