⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

現在、もっとも多いゲーム機はというと、プレステでもニンテンドーでもなくて、スマホといわれています。そして、スマホのゲームは、最初無料でハマったら課金していくシステムになっていますね。

そして、その課金はというと、登録したクレジットカードから引き落とし、あるいはプリペイドカードを購入してそこから支払うという決済方法を取っています。

ただし、これは『スマホ』という『特定のインフラ』に限っている話であって、あくまで通話料や通信料を支払うというシステムの元で発展してきた課金(集金?)システムということになります。

これに対して、プレステやニンテンドーのようなゲーム機は、基本的に買い切りタイプです。本体も、ゲームソフトも最初に購入すれば、後は課金されるという仕組みにはなっていません。

ですから、後から課金できるスマホのゲーム市場は大変な拡大を見せていて、気軽に始めて、本当に自分が面白いと思うものにだけお金をかけるというシステムも浸透してきていますよね。

さて、そんなスマホの課金タイプのオンラインゲームの後を追う形で、従来からあるプレステやニンテンドー、あるいはパソコンなどのゲームもオンライン化が進んできています。中には世界中のゲーマーがチームを組んで同じミッションでプレイするというスタイルのものが増えてきています。

そのようなオンライン化の中で、当然ながら『よりゲームに有利になるアイテム』の購入、そのゲームに特化したコントローラーなどの周辺機器の購入など、様々なシーンで課金、支払いをする機会が増えてきています。ゲームのオンライン化は、課金する機会をも巻き込む結果になっています。

そして、今までであれば、その課金時の支払いのたびにクレジットカードで決済するという形式が一般的でした。とはいえ、実際にゲームに熱くなっている時にいちいちクレジットカードで購入となると不便ということもあります。

そこで登場したのが、ゲーマーにとって使いやすい仮想通貨のGamecreditsです。正確には単に『GAME』という仮想通貨と呼ばれるようです。ただし、ゲームそのものとの区別がつかないので、ここではGamecreditsと統一しますね。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、そんなオンラインゲーマーから注目されている、このGamecreditsは、どういう仮想通貨で、どこで購入できるか?についてお話していきましょう。

Gamecreditsの概要

Gamecreditsという仮想通貨は、先ほどお伝えした通り単に『GAME』と呼ぶこともあります。そして、基本的にはゲームをする上で課金する時や、何かを購入するために使うということを想定しています。

そのために、使い方は非常に簡単になっています。ユーザーネームとパスワードの2つがあれば、利用可能となっています。そして、早い、安全をキーワードにしてビットコインよりも使いやすいということを打ち立てています。

また、分権、匿名ということも特徴としてします。分権というのは、ようは中央から監視されないということで、政府や警察の干渉を受けないという意味と考えられます。また、匿名はそのままの意味で、誰が誰に送金したのか?ということを知られないという意味です。

よくゲームの世界ではアカウントの取り引きが行われますが、それを禁じているケースも多くあります。そのような人たちの取り引きのニーズにもマッチしている・・・という意味であると推測できます。

さて、ではそのGamecredits自体はどうやって入手するのか?というと、これはクレジットカード、ビットコイン、法定通貨(いわゆる銀行振込という方式)、PayPal、などあらゆる方法で入手できます。

また、このGamecreditsを使うことによって特定のケースでは商品をディスカウントしてくれたり、あるいはポイントを購入する時にボーナスポイントが付与されたりと、何かとゲームをするうえで得するような仕組みがあります。

また、何よりもビットコインや他の仮想通貨同様に、持っているだけで価格が変動するという点も見逃せません。特に、今は仮想通貨全般の価格が上げ相場になっているので、使わず持っているだけで勝手に価格が上昇して、欲しかったアイテムや周辺機器を入手する時に助かるということが起こっています。

・・・もちろん、下がるという危険性もありますが、現時点では上げまくりなので持っていると得ですよね。

Gamecreditsの購入方法

それでは、Gamecreditsの購入方法についてもお話しましょう。Gamecreditsはクレジットカード、ビットコイン、法定通貨(いわゆる銀行振込という方式)、PayPal、などあらゆる方法で入手できると前述いたしましたね。

では、どこで購入することができるのでしょうか?そこについてお伝えいたします。

まず、有名どころで言えば、Poloniex、BtcBoxで取り扱いがあります。ここで購入しましょう。なお、2017年5月時点では、日本国内での取り扱いがないので、残念ながら海外の取引所になってしまいます。

Gamecreditsのウォレット

そして、保管するためのウォレットは、Gamecreditsの公式サイトから入手することが可能です。ここからウォレットを入手して、いつでも使えるようにしておきましょう。

Gamecredits公式サイトのウォレット作成のページ

なお、サイトが日本語化されているので、わかりやすいですよ。

Gamecreditsのマイニング

Gamecreditsもマイニングで増やすことが可能です。パソコンのオンラインゲーマーであれば、結構はスペックのパソコンを持っているでしょうから、そのパソコンの能力を生かして、マイニング報酬を稼いで、その報酬を元にオンラインゲームを楽しむ・・・ということも可能になります。

そうなれば、さらにGamecreditsの需要が増し、使う人の数も増えて、結果的に価格も上昇するから、みんなハッピーになれるということですね。

うまい仕組みになっています。さすがは、時価総額ランキング第14位(2017年5月17日現在)だけのことはありますね。

まとめ

時価総額ランキングでも第14位であり、ユーザーのターゲットも、利用の目的もはっきりしているために、このGamecreditsは仮想通貨として必要なものは一通りそろっているといえます。だからこその、順位であるわけですが、問題点がないわけではありません。

実は、このGamecreditsは、ある程度のユーザーがいますが、この仮想通貨でなければならない・・・という決定的な優位性がないといわれています。つまり、他の仮想通貨でも困らないということが問題点として考えられています。

そもそも、仮想通貨は使う人が多くなって、共通の通貨として認識されるようになるから、その役割を果たします。あなたがGamecreditsで支払おうとして、相手からビットコインにしてくれといわれたら、Gamecreditsをビットコインに両替して、そこから送金して・・・と大変面倒になります。

ですから、共通の通貨としてお互いに認識することが大事なのです。

このGamecreditsの唯一にして最大の強みは、その名前です。なにせゲームに特化した仮想通貨で『GAME』と呼んで通じるのですから、これほどのネーミングで得していることはありません。ゲームには『(仮想通貨の)GAME』という直球のメリットが挙げられます。

しかし反面、技術的な優位性の高い、他の仮想通貨が登場したら危険なポジションに位置してしまいます。

現時点では『エイダコイン』が今後ライバルになりそうです。エイダコインは技術的には仮想通貨時価総額ランキングトップ10までが持つ技術的優位性の全てをそなえるといわれていて、一般公開待ちの状態です。

このようにライバルの出現は今後目が離せないところではありますが、この抜群の直球ネーミングを先に取ったことと、すでにゲームの世界では使われ始めていることから、爆発的に広まる仮想通貨ではないにしても、一定数の人には使われ続ける可能性の高い仮想通貨と見ることもできます。ナンバーワンを目指すのではなく、一定のユーザーに使われ続ける仮想通貨、それがこのGamecreditsなのかもしれません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する