⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインを代表とした仮想通貨が盛り上がりをみせてきていますが、実は同じように個人でも独自の仮想通貨を意外に簡単に発行できます。

独自の仮想通貨を「トークン」と呼びますが、トークンを発行するにはcounterparty(カウンターパーティー)の通貨XCPを入手し、そのXCPとトークンを交換する形になります。独自トークンを発行するための手順や整えておくべき環境などを紹介しましょう。

独自トークン(通貨)とは

独自トークンとは一個人が「自分で作る自分だけの仮想通貨」のことです。

自分が発行し、それを保有や流通させることで貨幣としての価値が生まれます。

仮想通貨というとブロックチェーン技術や暗号プログラムなどの知識が必要で、ちょっと敷居の高いイメージがありますが、決して難しいことはありません。

現在では自分が発行する仮想通貨を作るサービス「counterparty」というものが存在します。

counterpartyが発行するXCPという仮想通貨を軸にし、誰でも簡単に独自に仮想通貨を作成できるサービスです。

自身の仮想通貨を発行することで寄付を募ったり、その仮想通貨を利用した独自のサービスを展開することができます。

counterpartyは次世代型金融プラットホーム

counterpartyは、ビットコインのブロックチェーン上に作られたビットコインの機能を拡張するプロトコルです。

ビットコインのブロックチェーンは分散型合意形成ネットワーク技術で、counterpartyはそのブロックチェーンに取引データに追加の情報を書き込むことになります。

それによってビットコインのブロックチェーン上のプラットフォームを実現しています。

counterpartyは「counterwallet」というアプリを無料で提供しており、これを使うことで世界中の人がcounterparty上で独自通貨を発行できます。

そして、発行した独自通貨を売買することが可能になります。

この独自通貨は個人が遊び半分で作ることもできますが、企業家が資金集めに利用することもできます。

例えば今現在、上場企業の株を購入する場合、証券会社を通して購入しています。

上場企業は株式を発行することで資金を集め、事業を運営しています。

そして、国家や企業が信用のおける担保として、登記や株式、債券の売買等を日々行っています。

そこには定款の変更など何かと面倒なプロセスを踏まなければなりません。

ある種の契約を成立するには中央主体の承認プロセスに相当な時間と費用がかかっています。

しかし、counterpartyを使えば、そうした面倒なプロセスを省き、なお余計な費用をかけずに信金集めや契約を成立させることができます。

人々の契約プロセスを中央主体体制から各個人に回帰させる技術、それがcounterpartyと言えます。

独自通貨を発行するための初期手順

ネット環境さえ整っておれば、counterpartyで簡単に独自通貨を発行することができます。

あと、用意するものはスマホとビットコイン。

スマホはiOSでもAndroidのどちらでもOKです。

まず「「indie square」というアプリをダウンロードします。

app store、Google playのどちらからでも完全無料でダウンロードできます。

ともに日本語にも対応しています。

アプリをダウンロードし、起動すると「新しくウォレットを作る」という画面が表示されます。

その下に「復元パスフレーズを持っている」と表示されますが、これは過去にウォレットを作成していて、

同じものを利用したい時にパスフレーズを入力する方法です。

ウォレットはいくつ持っていても問題ないので初めての方は「新しくウォレットを作る」をタップします。

するとすぐにウォレットが作成されます。

続いて復元パスフレーズが表示されます。復元パスフレーズは秘密鍵と同様に仮想通貨を管理するうえで非常に大事なものです

復元パスフレーズさえあれば、スマホを失ったとしてもウォレットを復元できます。

仮想通貨はブロックチェーンという台帳で分散して管理されているので復元ができるのです。

逆に言えば、復元パスフレーズがないと復元できません。

これが漏れてしまうと他人に操作されてしまう危険性があります。

復元パスフレーズは慎重に保管しておく必要があります。

話を戻して、復元パスフレーズ設定後の画面で4ケタのパスコードを入力します。

これは今後アプリ内で操作をする際に必要なものになります。

ここはセキュリティ上、簡単に推測されるものは避けましょう。

ここまでで初期設定は終了です。

counterpartyの通貨XCP

counterpartyで独自通貨を発行するための初期手順が完了すると、

次はビットコインとcounterpartyの通貨XCPを用意します。

counterpartyはビットコインのような決済用の通貨ではなく、ブロックチェーン技術を利用したプラットホームなので、

そのシステムを利用するための通貨が必要になります。
それがXCPです。

現在、XCPを国内で取り扱っているのはビットコイン取引所の「Zaif(ザイフ)」のみなので、そこから購入するになります。

独自の仮想通貨を作る際は、ビットコインとXCPが必要になります。

ビットコインとXCPが用意できたらindie squareウォレットに入金します。

indie squareウォレットアプリ下にある「受け取り」というところからアドレスをZaifの出金ページで入力します。

スマホを2台か、スマホとパソコンを用意できるのなら、QRコードでindie square内に送金します。
すると、「indie square」内に入金したビットコインとXCPが反映されます。

そして、画面の下には「トークン新規発行」と表示されるので、そこをタップ。

次の画面で必要事項を記入していきます。

ここで注意すべきは既出のトークンの名前は使用できない点です。

まだ使われていないオリジナルのトークン名を用意しておきましょう。

必要事項の入力が済めば、「新規作成」をタップ。

あとは、自分の仮想通貨が出来上がるまで待つことになります。

手数料としては1万枚発行して日本円で120~130円ぐらいで済みます。

現在では結構多くの人が独自の仮想通貨を発行しています。

そんなに知識がなくても出来ますし、費用もかなり安いので遊び半分で作成しても面白いでしょう。

仮想通貨の知識を身につける一つの方法にもなります。

投資家・企業家にとって便利なcounterparty

counterpartyは個人が遊び半分で独自トークンを作るだけでなく、企業家や投資家も便利に使えます。

起業をしたいけれど、資金集めに困っている人はcounterparty独自トークンを発行して、投資家を募って資金調達をすることができます。

投資家は、価値があがりそうな独自トークンを見極めて投資することで、大きなリターンを得ることができます。

妙味のある独自トークンとしては、公開初期のものです。

発行されたばかりの独自トークンだと価格も安く、ブームになったときに現金にすると大きな利益が得られます。
counterpartyは、企業家にとっても投資家にとっても便利で効率的なツールと言えます。

上手く使えば、起業家も投資家も資産を増やすことができるのです。

投資家は、少額の投資で大きなリターンを得ることができます。

企業家はビジョンを明確にし納得性を持たせば、独自トークンを発行して容易に資金調達ができます。

ホリエモンの独自トークン「ホリエモンカード」

ホリエモンこと、堀江貴文氏もcounterparty上で独自トークン「HORIEMONCARD(ホリエモンカード)」を発行しています。

堀江氏の公式HPにも記載されており、1000枚発行済みになっています。

堀江氏自身、ツイッター上で「2日で10倍になった」と語っています。

いまのところ期待感だけでトレードされていますが、今後何らかの付加価値を付ければさらに値上がりの可能性もあります。

この先、有名ブロガーや芸能人などが続々とcounterpartyを使うようになれば、独自通貨が流行るかもしれません。

まとめ

最近、counterpartyを使ったトークンエコノミーが活発になってきています。

個人や企業が独自のコインを発行し、配布することによってファンやサポーターとの間に新たな経済圏を構築するトークンエコノミー。

ブロックチェーン技術に支えられたコインは発行した個人とファンとの間で直接やりとりができ、スマートコイントラクトによって発行上限の設定なども可能になります。

堀江貴文氏もトークンエコノミーは今後ますます盛り上がるとみています。

各企業の出すポイントカードもバックエンドではブロックチェーン利用の実験を行っており、ポイント丸ごと仮想通貨になることも数年内におこると予測しています。

そもそも通貨に確固たる裏付けなど必要ない、ただ流動性があるかだけだ、とも・・・。
独自通貨には夢があります。「億万長者」になれる夢が。

あなたもcounterpartyで独自通貨を作成し流通させ、価値を持たせてみませんか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する