⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ひとくちに仮想通貨と言っても様々な種類があります。代表格はビットコインですが、それ以外にも色んな機能を持った仮想通貨が存在します。

今回はその中からビットコインのブロックチェーン技術を利用したプラットホームのcounterparty(カウンターパーティー)を紹介します。このcounterparty(カウンターパーティー)を使えば誰でも簡単に自分だけの仮想通貨(独自トークン)を作ることができます。

counterparty(カウンターパーティー)とは

Counterparty(カウンターパーティー)とは、一般的な英単語では「取引相手」を意味します。

しかし、ここで言うカウンターパーティーは固有名詞として使われており、

ビットコインのブロックチェーン上に構成されたプラットホームのうちの一つを表しています。

counterpartyは、独自のブロックチェーン技術を持っていません。

ビットコインのブロックチェーンを活用して機能拡張を行う階層として存在しています。

いうなれば、ビットコインのシステムを「間借り」する形です。

ビットコインの取引データに機能を拡張するという方法を利用しているのです。
ビットコインのブロックチェーンを利用したプロトコルを「ビットコイン2.0」と形容されます。

イーサリアムも「ビットコイン2.0」と評されています。

カウンターパーティーのプラットホームを利用すれば誰でも自分の仮想通貨を発行できるという点が特徴的です。

ビットコインのような「決済用」ではなく、スマートコントラクトを主にしたサービスを可能にしています。

カウンターパーティーを利用する際はビットコイン(BTC)が必要になります。

counterpartyの通貨XCP

counterpartyのプラットホームを利用するにはXCPという通貨が必要になります。

厳密にはCounterpartyは仮想通貨ではなく、そのシステムを使うための仮想通貨がXCPなのです。

Counterpartyはビットコインのシステムを「間借り」している以上、このプラットホームを利用するためにビットコインBTCとXCPが必要になるのです。

XCPは現在では日本の取引所「zaif」で販売されており、簡単に手に入れる事ができます。

自分だけの仮想通貨の作り方

counterpartyを使えば、自分だけの仮想通貨を作ったり、流通させることができます。

自分だけの仮想通貨のことは「トークン」と呼ばれます。

トークンを発行するためには、counterpartyの通貨XCPを入手し、XCPとトークンを交換することによって流通させることになります。

手軽に自分だけのトークンを作るには、スマホアプリを活用します。

counterpartyのスマホアプリ「IndieSquare」をダウンロードし、使える状態にします。

自分だけのトークンを発行するには、ビットコインとカウンターパーティ通貨XCPの手数料がかかります。

発行手数料としてビットコイン0.0005BTCが必要です。

オリジナルの名前をつける場合は手数料として0.5XCPが必要です。

まずは手数料としてビットコインを「IndieSquare」へ送金します。

「IndieSquare」はビットコインアドレスを保有しています。

そのビットコインをXCPに両替します。

アプリ画面下の「shapeshift」をタップすると両替画面が表示されます。

トップ画面に戻り「トークン新規発行」をタップして、必要事項を入力。

そして、画面下の「send」をタップすれば、新規の独自トークン発行完了です。

スマホアプリを使えば、誰でも比較的簡単にオリジナル通貨を作ることができます。

counterpartyは契約革命

counterpartyは、いうなれば契約革命を促進する試みです。

現代社会において株式を購入する際、通常は証券会社を通すことになります。

上場企業は株式を発行することで資金を集め、事業を運営しています。

ベンチャー企業も起業家のスタートアップを助ける個人投資家などへ株式を発行・売却し資金を得ています。

そうした株式の売買は、定款の変更などの面倒なプロセスを踏まなければなりません。

国家や企業などの信用のおける第三者を担保とし、登記や株式や債券の売買をしなければなりません。

契約を把握し管理するためには中央集権的な承認プロセスに必要以上の費用がかかっているのが現実です。

counterpartyは、既存の合意プロセスを効率的なものに変革し、既存の中央集権的体制の契約の流れを各個人に回帰させる仕組みです。

counterpartyは、人類を進歩させる分散型プロトコルと言えます。

counterpartyの個人的な活用法

counterpartyを使って個人が自分独自の仮想通貨を作って、どういう意味や価値を持つのか?

この点に関しては個人のオリジナル通貨だと考えるより、株だと考える方が理解しやすくなります。
会社の価値を判断する基準のひとつとして「時価総額」というのがあります。

計算方法は「発行済み株式数×株価」です。

会社に良いニュースがあると株価が上がり、時価総額も上がる。

そして、将来有望となります。

逆に不祥事を起こしたり、悪いニュースが出ると株価が下がり、同時に企業価値減少という事態に陥ります。

個人が作る独自の仮想通貨も株の時価総額と同じような意味を持ちます。

「通貨の発行数×価格」が「その人の時価総額」を表すことになるのではないでしょうか?

個人が発行する独自の仮想通貨は、それを持つメリットがない限り、価値は上がらず、流通しません。

しかし、その個人が何らかのイベントを行ったり、人のための活動を行ったりすれば、賛同する人が現れます。

さらに、そうした行動が軌道に乗ってくれば、その個人発行の仮想通貨を買占めようとするトレーダーのような動きをする人も出現してきます。

すると、必然的に個人発行の仮想通貨の価値が上がってきます。
仕組みとしては株と同じです。

個人に投資するという意味ではクラウドファンディングに近い発想です。

個人が独自発行の仮想通貨と言うと「お遊び」のように聞こえますが、実は世の中の流れはそこに向かっています。

クラウドファンディングで出資を受けるためには、文章や過去の実績により信用してもらう必要があります。

「自分の時価総額」という客観的な評価を高めておけば、出資を受けられる可能性は高まってくるはずです。

HORIEMONCARD(ホリエモンカード)

ホリエモンこと、堀江貴文氏がcounterpartyを使って独自トークンを発行しています。

その名は「HORIEMONCARD(ホリエモンカード)」。

1000HORIEMONCARDが発行済みとなっています。

堀江貴文氏の公式HPにも記載があります。

このHORIEMONCARDがどのように利用されるかは明確ではありませんが、堀江貴文氏はモナコインを推したり、ビットコインに触れた書籍の出版など積極的に暗号通貨に関わっており、

トークンエコノミーの実験の足掛かりとして発行したのかもしれません。

堀江貴文氏は著名人ということもあり、HORIEMONCARDはわずか2日で価格が10倍になったと話題になりました。

堀江氏ほどの著名人なら、HORIEMONCARDの価格をさらに上げることは簡単でしょう。

HORIEMONCARD保有者になんからの特典を提供すればいいわけです。

IT企業家などに「HORIEMONCARD保有者にはホリエモンがコンサルします」といえば価値は一気に高騰するでしょう。

そう考えると、counterpartyは個人の能力やサービスを前面に出してビジネスを展開している人に対してメリット大です。

市場目線の評価指標として、その人自身の「時価総額」としての役割を持ってくるでしょう。

いずれにしろ、HORIEMONCARDは個人が発行する暗号通貨で最高の値上がり。

今後も有名ブロガーや芸能人などが次々と独自トークンを発行するようになれば、

これまで一方通行だったサービス提供者と支援者の関係が双方向のものになってくるでしょう。

まとめ

カウンターパーティーは新たな金融プラットフォームを提供しています。

契約革命として、将来的には現在の証券市場が全く必要なくなる時代が来るのかもしれません
そうした大きなプロジェクトの資金集めとしてではなく、初心者にも比較的利用しやすいのがカウンターパーティーの特徴です。

単に好きなキャラクターの名前をつけたトークン作ったり、挨拶代わりのトークン作って人に送ったり、他にもアイデア次第でもっと気軽に遊べます。

個人の独自トークンを手軽に遊び感覚で作成できます。

国内ユーザーが気軽に独自トークンを発行できるようになれば、世の中はもっと便利になるでしょう。

仮想通貨と言っても色々な種類のものがありますが、自分独自の仮想通貨を作ってみるのも面白いかもしれません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する