⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

Zcashは元々、Zerocashというところから来ているという。このZ、つまりZeroは一体何についてZeroかというと、追跡されることがZeroという意味なのだそうです。

『追跡がゼロ?どういうこと?』

と感じると思いますので、補足を。仮想通貨は元々秘匿性を重視していることはご存知のとおりです。だからこそ、ブラックマネーの取り引きにビットコインが使われたりしたわけですよね。しかし、現在ではビットコインを悪用すると、ちゃんと捜査当局が追跡できることが実証されていますので、完全な秘匿性はないというのが通説です。

そんな中で、ビットコインのさらに上をいく秘匿性を目指した仮想通貨、それがこのZcashです。誰にも送金記録を追跡させない・・・というZcashであれば、いろんな人が使ってみたい・・・と感じるという点は否定できません。

そんな新しい仮想通貨のZcashは2016年10月28日にローンチ(一般公開)されて、半年以上が過ぎました。途中、激しい乱高下がありましたが、注目は依然として高いこのZcashが、今後価格がどうなるかについてお話したいと思います。

Zcashの基本情報

それではまず、この新しい仮想通貨の基本情報をご説明しておきましょう。ご存知という場合は、スルーしてもらって構いません。

まず、スペック的な話から始めましょう。

ブロックチェーンを作成する時間 2.5分毎

マイニング報酬 12.5 ZEC

承認方式 POW(Proof of Work:ビットコインと同じ方式)

発行総量 2100万ZEC

注釈)スタート時はゼロで始まり、マイニングのみによって全量流通させる。

半減期 4年毎

最大の特徴はトランザクションの高い秘匿性

Zcashは、他の秘匿性の高い仮想通貨・・・例えばDashやMoneroなど・・・よりもさらに高い秘匿性を持っているといわれています。なお、Dashは送金の中間点に特定の場所を通貨するようにしています。

これによって、同時タイミングに他の取り引き(送金処理)が一度その中間点で交差するために、どれがどの取り引きとつながっているのかがわからなくなるという方式です。これに対して、Moneroは、リング署名という方式を採用していて、簡単にいうと誰の署名(承認したという印)かがわからなくすることで特定されることを防ぎます。

なお、リング署名というのは、グループの中の誰でも署名できるという方式であって、どのグループかは特定できても、その中の誰かはわからない・・・という仕組みである。

そもそもビットコインでも秘匿性が低いわけではありません。そのビットコインよりも秘匿性を高めたのが、DashやMoneroだと考えてください。

そして、このZcashはDashやMoneroよりも、さらに秘匿性が高まっているということになります。

そして、Zcashの秘匿性の元となる方式は『ゼロ知識証明』というものを応用しているのだそうです。私自身も正直詳しく理解できるものではないのですが、簡単に言えば『余計な情報を一切あたえず、ほんのちょっとの情報だけしか見せないが、わかる人にはわかるという、まるでIQ高い人向けのクイズみたいなもの』だけを発行するようです(変なたとえですが、イメージできるのではないでしょうか)。ここでいうIQの高い人・・・というのが、このZcashのみであって、第三者にはチンプンカンプンになる仕組みです。

なお、このことによって、

『送金者のアドレス』

『受け取り先のアドレス』

『送信したZcashの量』

の3つの情報を第三者が特定することができなくなります。これは、送金したことが完全に誰にもモレないということであり、非常にプライバシーを重視した技術を確立したことになります。

Zcashに期待する人たち

さて、ではこのZcashの価格が上昇するためには、まずどんな要素が必要でしょうか?それは単純で、使う人が増えて、時価総額がぐんぐん上がることです。それで、間違いなく価格は上昇します。

ということは、どういう人がこのZcashを使いたいと考えるでしょうか?ここを理解する必要があります。

先ほどお伝えした通り、Zcashは大変に秘匿性が高いというのが売りになっています。ということは、ブラックマネーがビットコインに流れたように、Zcashにも同じことが起こる可能性があります。

しかし、単純にはそうなりません。なぜなら、使っている人が増えないと、いくらトランザクションで捜査当局の捜査の目を煙に巻いても、使っている人が極限られている場合は、別のルートでたどられてしまうかもしれないからです。

こうなると、誰が使うのでしょうか?おそらくですが、合法的な取り引きであってもトランザクションを隠しておきたいケースは多くあるはずです。例えば、企業が合併するときなどは莫大な資金が動きますが、一定期間は秘密にしておきたいケースがあります。

このような場合は、このZcashの秘匿性は非常に魅力的ではあります。しかし、Zcashの価格が安定してくれないと怖くて使えないという意見も出てくるでしょう。このあたりは、時間が経過してマイニングによる流通量の増加が全体に対して比率が下がって落ち着くまでは難しいでしょう。

・・・後は、一攫千金を狙う人たちの投資先としてでしょうか。

しかし、流通量が増えて、価格が安定してきたら間違いなく秘匿性が魅力で使う人が増えそうな仮想通貨ではあります。このことを考えると、プレセールによって最初からある程度のコインを流通させておいたほうが良かったという気もしないではありませんね。

Zcashの仮想通貨の位置付け

さて、では続いて今後の価格を考えるに当たって、現在の位置付けを確認しておきましょう。

Zcashは、現在仮想通貨の時価総額ランキングで、約138億円の時価総額(2017年5月9日現在)であり、第12位のところに位置している。ローンチ後、約半年で第12位ですから、決して悪くはありません。

しかし、現在仮想通貨市場は拡大傾向にあって、王者ビットコインは時価総額3兆円となり、時価総額第2位のイーサリアムも1兆円を超えました。これは、半年前には考えられなかった時価総額です。

それからすると、時価総額トップ10まではほぼ全て5月はコインの価格が伸びているのですが、Zcashに関してはあまり価格は伸びずという感じです。

初めが非常に高値だったので、現時点は低めのところを推移しています。

Zcashのローンチ後の価格変動

Zcashは、ローンチ直後は非常に高値まで一気に上昇しました。5000ドル台まで上昇しましたが、その後は一気に下降線で、約10分の1の500ドル台まで落ちました。実は、下がる勢いはまだ落ち着かず、結局20ドル台まで一時的に下がりました。

おそらく、マイングの方式のことや、流通量のこと、あるいはユーザーの思惑が混じってしまって、一般の投資家はほとんど興味を示さなくなったのではないかと考えられます。

しかし、この後は2017年に徐々にではありますが回復基調です。2017年5月9日現在では、99ドル台まで回復しています。さて、今後どうなるでしょうかね。

Zcashは2017年どういう動きをとるか大予想

ここ1ヶ月ほど、非常に順調に上昇しています。しかし、ビットコインを始め、他の仮想通貨が全般的に上昇しています。それらの上昇と比較すると、Zcashの価格上昇は比較的におだやかな部類になります。

これは、やはり流通量の問題が大きいと考えられます。流通量が安定して、認知度も上昇した時がZcashの本当の上げ相場になりそうですね。

おそらくですが、2017年は他の仮想通貨に比べておだやかな上昇をするにとどまるのではないかと考えられます。そして、来年以降流通量に応じて、ユーザーが増えてくるので大きく価格が上昇する可能性があります。これは、やはり2017年に大きく利益を出した人が、利確する時に使えるから・・・と考えるに違いない!という、想像も含まれますが。

まとめ

以上、新しくて秘匿性が高いZcashについてお話しました。秘匿性が高いのはウェルカムですが、価格が安定しないのはありがたくありません。プレセールはこういうところにも役立つのですね。

ということで、ぜひ安定したくらいには実際にZcashを使ってみてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する