⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ようこそ!「仮想通貨投資ランキング」のページへ!!

今回は、「トージコインの買い方や扱っている取引所は?」というタイトルで説明します。

この記事を書いている今日5月5日「こどもの日」。仮想通貨時価総額ランキング、今日の取引でマイナスの通貨がありません。どの銘柄も値上がりしています。

2017年3月中旬、ビットコインが低迷しているときは、全仮想通貨の時価総額が2兆5千億円程度だったと思いますが、今日の全仮想通貨の時価総額は、5兆円を超えています。倍増しています。どこまで上昇するのでしょうか。

それでは、まず仮想通貨について説明させていただきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネットを通じて不特定多数の間で商品や物品の取引や、サービスの対価として使用できます。そして中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在しません。更に仮想通貨取引所を介して、日本円やUSD、中国元などの法定通貨と交換(両替)することができます。

2017年4月1日に、「仮想通貨法」(通称)が施行されました。この法律では仮想通貨を次のように規定しています。

資金決済に関する法律 第二条 5
この法律において「仮想通貨」とは、次に掲げるものをいう。
一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移することができるもの

また、仮想通貨を説明する時に引き合いに出されるのが「電子マネー」。nanacoカードやwaonカードはスーパーやコンビニで使われています。レジで「ピッ」と決済出来て、釣銭を受け取らなくてもいいので便利ですね。ただ、nanacoカードはセブン&アイホールディングでしか使えませんし、waonカードもAEONグループでしか使えません。

電子マネーは、企業が中央のホストコンピューターで管理するスタイルですから、どちらかというと法定通貨に近いですね。仮想通貨は1対1の取引(ピアツゥピァPtoP)で、ネットワークの参加者が相互に取引を監視し、取引の正当性を承認することによって、セキュリティが保たれています。

仮想通貨の取引では、先ほどの説明の通り1対1なので、相手のウォレットに送金します。スマートフォンのアプリから「ピッ」と送金できます。AEONやセブン&アイホールディングではまだ使えませんが、2017年4月5日には、ビックカメラやリクルート系の店舗でビットコイン決済が始まりました。

それまでは、日本でビットコイン決済が可能な店舗数は、4,500店舗でした。ビックカメラとリクルート系がビットコイン決済を始めたことで、一気に26万店舗に増加しました。

このように仮想通貨の説明をしていても、ビットコインの事例を紹介することが増えてきます。それというのも、2016年までは仮想通貨時価総額の85%以上をビットコインが占めていたのです。5月5日現在ではこの比率が50%台まで下がっています。それは、ビットコイン以外のコインの取引が増えてきたことを表しています。

仮想通貨の世界では、ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼びます。アルトコインについても、少し触れておきましょう。

アルトコイン

アルトコインとは、altemative coinの略でaltcoin。直訳すれば「代わりになる」ビットコインの代わりになるコインのことを意味します。一般的には、ビットコイン以外のコインのことを指します。

アルトコインの中の代表格が、Litecoin(ライトコイン)仮想通貨時価総額4位。ライトコインはビットコインの次に作られた仮想通貨です。ビットコインを「金」に例えると、ライトコインは「銀」に相当します。

ビットコインのプログラムコードを基にしていることから、システムは同じですが、ブロック認証時間をビットコイン(認証時間約10分)より短く(認証時間2.5分)設定してあります。

ドージコインの仕組みは、ライトコインとほぼ同じなので、ドージコインもアルトコインの代表的なコインと言えます。

それではお待たせしました。ドージコインの説明に入ります。

ドージコインとは?

Dogecoinは、「Doge」という柴犬のムーミをモチーフにした仮想通貨です。「カボスちゃん」という日本の柴犬がモデルになっでいるそうです。2013年に海外で大流行したそうですが、「柴犬のムーミ」私は知りませんでした。

最初は「お遊び仮想通貨」としてスタートしましたが、現在、仮想通貨時価総額11位、価格は、$0.000817。価格は低いですが、時価総額11位ですから代表的な仮想通貨となっています。

Dogecoinは、ネット上で「チップ」としての利用で拡大しているようです。ジャマイカボブスレーチームのソチオリンピック(冬季)出場時に寄付手段としてDogecoinが採用されました。それによって価値が上がり知名度も上がりました。

ドージコインの仕組み

公開日      2013年12月8日

システム     Proof of Work

アルゴリズム   Scrypt

発行上限     なし

ブロック生成時間 約1分

Difficutty調整  1ブロック毎 Digishield

仕組みはLitecoinとほぼ同じです。発行上限は、ビットコインが21,000,000BTC、Litecoinが84,000,000LTC発行上限がないのが特徴です。

採掘速度が速く、1年でほとんどのコインが採掘される設計になっているようです。また、開発チームは改良に意欲的で、仕様を頻繁に修正している点も特徴です。

・ブロック報酬を途中からランダムから固定報酬に変更

・コイン発行上限を無くした

・DigishieldをDifficullty調整アルゴリズムに採用

・Litecoinと同時採掘可能なマージマイニングのシステムを採用

以上の仕様の変更を実施しました。

Dogecoinを取り扱う取引所

Dogecoinを日本で取り扱う取引所は、「Mr.Ripple」です。以前は「BITBOX」でも扱っていましたが、現在はBitcoinしか取り扱いがありません。

Mr.Ripple

Mr.RippleでDogecoinを両替しようとすれば、「JPY」または「USD」が使えます。Mr.Rippleの指定口座に、「JPY」を入金してから、DOG/JPYのPairを選択して「買い」枚数を入力して、「買い注文を送信」で完了です。

Mr.Rippleでは、キャンペーンを実施中で登録して3万円以上入金すれば、777XRPがもらえます。今、Rippleの価格は10円ぐらいですから7,770円のプレゼントですね。Dogecoinも値上がりしていますが、Rippleも上がっていますよ。同時にチェックしておきましょう。

日本の取引所でドージコインを取り扱っているのは、「Mr.Ripple」のみです。

まとめ

この記事、5月5日の夜に書き始めたのですが、6日・7日と書けなくて、8日になると状況が大きく変わりました。5月5日、仮想通貨時価総額11位、価格は、$0.000817。5月8日には仮想通貨時価総額12位、価格は、$0.001351、約40%値上がりしています。凄いですね。

Rippleはもっと凄いことになっていますね。5月5日には「10円ぐらい」と書いていますが、5月8日には何と20円を超えています。Bitcoin、NEM、Stellar Lumens、値上がりしています。

2017年は、「仮想通貨元年」と呼ばれています。あなたも是非、この流れに乗って大きく稼いでください。あなたの幸運をお祈りいたします。最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する