⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

新しい仮想通貨の一つNEMですが、最近あちこちで耳にするようになりました。特に日本では、初期の開発メンバーの中に日本人がいたという情報も手伝って、情報も比較的多くある仮想通貨といえるのではないでしょうか。

さて、そんなNEMですが、昨年の2016年は日本を始め、アジア圏で採用され始め、時価総額も1億ドルに達しました。また、日本の野村総合研究所がMujin(※) の認証テストを実施して認証に成功しています。他にもアンドロイド用のナノウォレットの実装が完了するなど、大きな前進を見せています。

そこで、ここではNEM 仮想通貨の2017年がどうなるか?ということについて、スケジュールに上がっていることについてお伝えしようと思います。

※NEMには、ブロックチェーン(送受信記録)をパブリックに行うものと、プライベートに行うものの2種類が存在する。そのうち、パブリックな方をNEMと呼び、プライベートな方をMujinと呼ぶ。

NEMについての基本事項

ここでは、NEMについて基本的なことをご説明します。すでにご存知の場合は、スルーしてください。

NEMはNew Economy Movementを略したものだそうです。他の仮想通貨と同じく、中央政府によらず、自由で平等な仮想通貨を目指しています。

自由とは、国に左右されない(国際送金)という意味であり、平等というのは、法定通貨のようにインフレがない(総量を増やすことができない)という意味であると理解できます。NEMの単位は『XEM(ゼム)』といいます。そして、総量は固定されていて、8,999,999,999XEMとなっています。しかし、ここまでであれば、他の仮想通貨とあまり変わらないようにも思えます。

そして、NEMはさらに他の仮想通貨(というか、元祖でもあるビットコイン)との違いとして、マイニングに独自の考え方を取り入れ、マイナーによるマイニングの問題(不平等?)を解消するような仕組みになっています。

NEMのマイニングはハーヴェスティングと呼ぶ

ビットコインでいうところの『マイニング(採掘という意味だが、実際は承認作業を意味)』を、NEMでは『ハーヴェスティング(『収穫すること』という意味)』といいます。

ビットコインでは、総量の一部を一度に発行せずに残しておいて、マイニングをした人への報酬としてビットコインを与えるという仕組みを取っていました。そして、マイナーたちは莫大な資金を投資して、採掘システムを構築してマイニング作業をしています。その結果として、ごく一部のマイナーに報酬が偏っているのが現状です。そのような偏りをなくす承認方法が、ハーヴェスティングです。

まず、NEMでは総量である8,999,999,999XEMを、初めからおよそ1600人の投資家へ均等に分けるという方法を取っています(つまり、マイニングするためのNEMは存在しない)。そして、承認作業に必要なネットワークに対して貢献してくれた人へ報酬を分配します。これをハーヴェスティングといいます。

POI(Proof-of-importance)

この、ハーヴェスティングを理解するには、承認方式のPOI(Proof-of-importance)を理解しておくと便利です。このPOIという方式には、パワフルなスーパーコンピューターやハイスペックマシンは必要ありません。

基本概念としては、1)保持している額、2)使っている額、3)個人を特定して重要度を考慮、の3つの観点を加味して報酬を得ることができます。

例えば、他の仮想通貨をあまり使わずに、頻繁にNEMを使っている人であれば、そのこと自体が3)において重要度を付与されるということになります。この方式であれば、資産力の1)、送金額の2)など資産力が乏しくても報酬を得るチャンスがあるということになります。もちろん、ハイスペックマシンは不要という観点から、マイニング企業や団体に投資する必要もありません。

つまり、誰にでも『ハーヴェスティング』による報酬を得るチャンスも能力もあるという意味で、『平等』といえる仮想通貨なのです。

NEMのウォレット

NEM のウォレットに関しても簡単に触れておきましょう。まず、NEMの場合オンラインウォレットだけではなく、ローカルネットでもウォレットを作成することが可能です。

特徴としては、ローカルネットのファイアーウォール内にウォレットを作成してセキュリティを高めることが可能であるのです。

また、ウォレットはパスワードで管理するのはもちろんですが、秘密鍵も併用するので、安全性を高めることに役立ちます。

なお、NEMのウォレットについては、こちらで入手可能です。

http://bob.nem.ninja/installer/

NEMの2017年に予定されている見通し

さて、それではNEMの今年2017年に予定されていることについて見て参りましょう。まず、先行しているアンドロイド携帯向けのスマホウォレットに続いて、iPhone(iOS)用のウォレットが実装されることでしょう。

これによって、日本には大変多いと言われるiPhoneユーザーもPCなしでNEMを送受信することが可能になります。もちろん、ハーヴェスティングを考えても送金回数が多いことは評価対象になるので、好ましい出来事のひとつになるでしょう。

また、Catapult(カタパルト)のリリースも2017年に予定されています。

カタパルトとは、Mujinをより高度化するためのコードエンジンのコードネームであるとお考えください。ようは、Mujinに関連して、さらに発展する技術を公開されるのだとだけ覚えておけば大丈夫です。

それから、これはユーザー拡大という点において非常に重要なのですが、ヨーロッパやアフリカでの普及へ向けたプロモーション活動を行う予定があるのだとか。

確かにアジアで一定の広まりを見せたら時価総額が1億ドルを超えたので、ヨーロッパやアフリカのように、国境を越えての送金や銀行口座を持たない層へのアピールが進めば、時価総額が跳ね上がる可能性は高く、結果として価格の上昇につながることでしょう。

これらは、どれも非常に待ち遠しい内容になっていますね。

NEMの2017年の価格上昇は?

さて、それでは気になる、2017年のNEMの価格上昇についてはどうなることでしょうか?

2017年5月4日現在で、NEMの時価総額は5.14億ドルになっています(580億円)。また、これによって大変高騰していて、1XEM=0.057149ドル(6.4523円)となっています。

年初から見ると、実に15倍をこえているのです。そして、さらに伸びる勢いがあります。とあるNEMのコアな開発者へのインタビューによると、2017年は30倍になるぞ!という予測をしていたとか。しかし、15倍まで伸びてきているところを考えると、30倍まで価格上昇するというのも、本当のような気がしてきますよね。

なお、現在15倍ですから、まださらにここから2倍に伸びるという意味になります。

まとめ

さて、NEMに限らず、他の仮想通貨も非常に時価総額が増えてきていますね。特に、時価総額ランキングトップ10については、どれも非常に伸びています。このNEMも現在ランキングトップ7に位置付けているので、非常に伸びています。

年初からなんと15倍!ですから、保持していた人はウハウハでしょうね。しかも、開発者は30倍まで伸びる!という強気の予想発言もしていましたので、さらに伸びる可能性はあるでしょう。

また、そこまで時価総額が伸びる根拠も十分あります。ヨーロッパやアフリカへのプロモーション活動、iPhoneユーザーへのアプリ提供は、間違いなく時価総額が増えることにつながる要素です。

以上を踏まえて、NEMには今後の伸びを期待したいところですね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する