⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

さて、ビットコインの広まる勢いがすごくて、ビットコイン決済があちこちで検討され始めていますね。その中でも、ビックカメラのビットコイン決済は大々的に日経新聞で紹介されたので、広く認知されることになりましたね。

そのような背景にあって、実はビットコイン関連の投資銘柄がジワリジワリと浸透しつつあります。

一見すると怪しいようにも見えますが、中には非常に優れているものもありますし、中には見た目のまま怪しくて直ぐにビットコインを持ち逃げされるケースもあります。今の段階は良いものも悪いものも、いろいろと混じっている状態ですね。

そこで、ここでは個人的予想!と称して、ビットコイン銘柄の大穴について予測をしてみたいと思います。うまくいくかどうかはさておき、まずは読んでみてください。乗るか?反るか?の判断はご自身の意思でお願いしますね。

ビットコイン関連銘柄について

まずは、ビットコイン関連銘柄についてお話ししましょう。日本では投資というと、株式や外国為替取引、あるいは先物取引、投資信託などを思い浮かべる人が多いと思います。また、銀行へ行くと何年ものの海外預金などもありますし、最近ではREIT(レイト・・・不動産投資の投資信託)なども有名ですね。

それらの共通点は『年利数%』ということです。また、数%といっても、ほとんどは1%未満というケースも多いのが特徴です。正直に言えば資金力がなければ旨味を感じないという程度のリターンしかありませんね。10万円預けて、1年で1000円とかでは、必要書類をそろえたり、途中解約が面倒だったりということを考えると興味がわかないですよね。

しかし、海外に目を向けるともっと利率の良い投資先があります。そして、ビットコインによる海外送金をすることができるようになった現在は、ビットコインで送金して、ビットコインで配当を受けるタイプの海外投資へ、日本からも投資できるようになりました。

それが、いわゆるビットコイン関連銘柄といわれるものです。

なお、ビットコイン以外の他の仮想通貨はアルトコインと呼ばれて、ビットコインとそれ以外(アルトコイン)という分類をすることがあります。これは、ビットコインがそれくらい広まっているということを意味していて、この手の海外投資は基本的にはビットコイン以外は受け付けていません(もちろん例外もあります)。

基本はHYIP系

それでは、日本にいながら海外の投資先へビットコインを使って投資する場合、ハイリスクハイリターンのHYIP系といわれる投資先が挙げられます。

これは、High Yield Investment Programの略で、高収益投資という意味です。

そして、これがすごいのがなんと日利1%という高配当であることですね。中には日利数%というツワモノもあります。年利と日利の差ですから、365倍の差があるということです。さらに・・・多くの場合は複利が可能というのですから、大変魅力があるといえるのです。

・・・しかし、その反面ではリスクも高く、あっという間にサイトにアクセスできなくなり、あっという間に消えて無くなるというものが後を絶ちません。

ですから、HYIP系の投資案件は、案件選びに非常に慎重にならないといけないのです。

過去の危険なHYIP系たち

過去には痛い目を見た人も多くいますね。2017年に入ってからの有名どころで言えば、クルードマイナーズ、エックスバイナリーなどがありました。

大変魅力的で、多くの人がいいと言っていた矢先に消えてなくなりましたので、非常に損をした人も多いようですね。もちろん、初めからビットコインを持ち逃げしてやろうという気持ちでやっていたということではないのかもしれません。

しかし、結果的にはハイリスクハイリターンであることを見せつけた形になって終わっています。

・・・この辺りのリスクを理解して、あくまで分散投資や困らない資金を使って投資するものだということを理解しておく必要があります。ここは、どの投資であっても同じです。

現在非常にうまくいってるHYIP

さて、ハイリスクハイリターンでビットコインを持ち逃げされたケースだけを見ていては先に進みません。誰でもリスクを取らないと大きなリターンは得られません。

そこで、ここでは私自身も投資して非常にうまくいっているものを紹介しましょう。それが、D9CLUBです。

詳細は省きますが、とにかく安定的に日利1%のリターンを得ることができて、非常に高収益になっています。

では、このD9CLUBがなぜ安定しているのか?についてご説明しましょう。それは、かんたんに言えば『配当の原資(利益を生む場所)がはっきりしているから』ということです。

D9CLUBは、スポーツ賭博(日本ではダメですが、海外では認められています)に投資をしていて、そこから配当を得ています。賭博・・・というと、一か八かの勝負だと考えがちですが、中には勝負が硬いものがあって、そういう硬い勝負で利益を出して、その利益の一部を配当に出しているのです。

だから、決してネズミ講ではありませんし、配当も安定しているといえます。しかも、13年も配当を出し続けているという実績もあるために、多くの人が参加していて、私自身もその一人なのです。

大穴になりそうな案件

さて、D9CLUBは有名ですので、ここでは別のものを個人的に予測したいと考えています。私が考える大穴の案件は『SportArb(スポーツアーブ)』です。

Arbとは、Arbitrageの略です。いわゆる『さやとり』という意味で、カンタンにいうと確実に利益が出るが、利益はそれほど大きくない取り引きがありますが、それに投資をして確実に利益を出すということだと思ってください。

最近は規制で少なくなりましたが、1冊100円の本をブックオフで仕入れて、200円で売って1冊100円の利ざやを取る。これもさやとりですね。このように、利益は少なくても、確実にさやを取れる投資先に、非常に多額の資金を投入することで、利益を確実に大きくするわけです。

SportArbはこれに該当していて、資金力があれば少ない利益を確実に増やすことができるので、着実に利益を出すことができるという仕組みです。投資先は1つではなく、主にスポーツのブックメーカー(スポーツ賭博)へ投資をしているということです。どうやらブックメーカーには鉄板の掛け方があって、利ざやは少ないですが確実に勝てる掛け方があるということで、そこに大きく投資しています。

確かに100円で1円儲かる!と言われても、あまりピンと来ませんが、100億円の資金があれば、1億円を手にできる・・・と言われれば興味がわいてきますよね。

配当の原資がハッキリしているので、高収益でありながら安定しているので、まさに大穴といって間違いありませんよね。

もちろん、海外案件ですので日本のように手厚いサポートや『お客様は神様です』的な扱いはありませんので、自己責任での参加になりますが、ビットコイン関連銘柄の中では、D9CLUBに続く注目銘柄だと考えています。

まとめ

以上、ビットコイン関連銘柄で大穴と思えるものをご紹介しました。私自身も実際にHYIP系のビットコイン関連銘柄に投資していますが、安定しているものはそれほど多くはありません。

最初はおっかなびっくりというのが当然だと思います。しかし、これは!と思えるものがあったら私はリスクをとります。

実際にリスクをとっているのでいいますが、とにかく原資が明確なものを選ぶのが第一歩だと思います。その意味では、D9CLUBもSportArbもクリアしています。その意味で、私はSportArbは来るんじゃないかな?と考えています。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する