⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨といえばビットコインの知名度が際立っていますが、ビットコイン以外にもたくさんの仮想通貨があります。その数1000以上と言われていますが、今現在でも雨後の筍のように増加してきており、一説には2000種類以上あるといわれています。

そのビットコイン以外の仮想通貨は総称してアルトコインと呼ばれています。ビットコイン以外で投資銘柄として有望なアルトコインは何か? 様々な角度から検証してみましょう。

アルトコイン概要

アルトコインは英語で「Altcoin」と表記します。

「Alternative Coin(オルタナティブ・コイン)」の略でビットコインの代わりとなる仮想通貨のことを指します。

Alternative(オルタナティブ)の綴りの最初の3文字Alteから「アルト」と発音したものと思われます。

ビットコイン以降、たくさんのアルトコインが誕生。

多種多様な機能、技術を搭載し、ビットコイン超えを目指しています。

アルトコインの種類を調べるにはCoinMarketCap.comがおすすめです。

CoinMarketCap.comではアルトコインの時価総額を確認することもできます。

仮想通貨の種類

数多いアルトコインの全てを把握するのは容易ではありません。

見極めのポイントとしてあげられるのは、取引量や時価総額。

それらを見て有望なアルトコインを絞り込むことが重要になります。

仮想通貨は、基本的にはどれもみな同じ仕組みです。

ビットコインの「ブロックチェーン」と「P2P」の仕組みを利用しています。

従って、プログラマーであれば、新しい仮想通貨を開発することは比較的簡単にできます。

重要なのは、いかに付加価値を持たせることができるか・・・ということになります。

ビットコインと同じようなことしかできないようでは、普及して定着することのないまま価値を失っていきます。

ビットコインを上回る機能を持っているか、ビットコインにはない要素を備えているか・・・。

そうした点の見極めがアルトコインの将来性を占ううえで重要なポイントになります。

仮想通貨を持つことのメリット

ビットコインを筆頭とする仮想通貨は、従来の法定通貨のように中央機関に依存していません。

政府や中央銀行のような中央機関が発行しているわけではないので、供給量を任意に変動させて価値を自由自在にコントロールするようなことはできません。

国や中央機関に依存せず、自分で資産を管理する手段が仮想通貨です。

信用できるのは目の前にある数字と自分だけになります。

国境のない点も仮想通貨のメリットです。

外国へ行く場合、その国の通貨に両替しなければいけません。

為替レートは日々変動しますし、両替するときに手数料もかかります。

しかし、ビットコインなどの仮想通貨には国境がないので、取引相手がビットコインを受け付けてくれる限り、両替不要です。

仮想通貨は、国内外のビジネス展開を容易にします。

さらに仮想通貨は、1年365日、昼夜を問わず24時間、いつでも送金可能です。

しかも、手数料も格安。

国土の広い外国では送金するのに手数料も時間も相当かかると言います。

国家の経済政策とは関係のないところに位置し、

リスクと時間の削減にもつながる仮想通貨の世界では自分自身が銀行になります。

2017年 投資先として注目のアルトコイン

時価総額を基準にした仮想通貨ランキングではこの1年、1位ビットコインと2位イーサリアムは不動です。

3位~5位は変動するケースもありますが、ほぼ顔ぶれは固定されています。

リップル、ライトコイン、DASH、Moneroなどが3位~5位争いにしのぎを削っています。

6位~10位も同様で、イーサリアムクラシックやNEM、Augurなどに加え、Zcash、Factom、Decredなどがランクインすることがあります。

要約すれば1位と2位は不動で、3位~5位は変動するものの顔ぶれはほぼ固定。

6位以下に関しては差があまりなく、ちょっとした要素で価格が変動、ランクも入れ替わるケースがあります。

10位以下のアルトコインでも、何らかの情報や要素次第で一気にトップ10入りする可能性があります。

ビットコインに次ぐ仮想通貨イーサリアム

ビットコインに次ぐ仮想通貨として、時価総額ランキングで常に2位をキープしているのがイーサリアムです。

最大の特徴がスマートコントラクトで、ビットコインにはない機能が売りです。

価格も乱高下はあるものの、着実に上昇しています。

まだまだ伸びる要素を含んでいるので、今から購入しても遅くないでしょう。

日本でも多くの取引所が扱っていて購入しやすい点も魅力です。

Ripple(リップル)決済システム

リップルもランキングの上位常連です。

リップルそれ自体は決済システムのことで、通貨単位はXRP。

ブリッジ通貨ともいわれ、別の通貨間の仲介役をします。

例えば「円→XRP→ドル」または「円→XRP→ビットコイン」といったやり取りをする仕組みです。

銀行を中継する必要がなく、送金速度も速く、手数料も安価ということで注目されています。

先般、三菱東京UFJ銀行がリップルを採用するという報道があったことで価格も高騰しています。

アルトコイン取り扱い状況

日本の仮想通貨取引所12社のすべてでビットコインは取り扱っています。

なかにはビットコインしか取り扱っていない取引所もあります。

アルトコインを取り扱っている取引所となると数は限られます。

そのアルトコインでもイーサリアムしか取り扱っていない取引所が多数です。

取引所の取り扱い仮想通貨はビットコインとイーサリアムが主流になっています。

時価総額ランキング1位と2位なので取引量も多く、当然といえば当然といえますね。

取り扱い量№1はcoincheck(コインチェック)

アルトコイン取り扱い量で際立つ取引所はコインチェックです。

計12種類のアルトコインを取り扱っています。

それも大半が時価総額10位以内に入っている主要銘柄です。

イーサリアムやリップルはもちろん、コインチェックのみが扱うアルトコインも多数あります。

中でもDASH・Monero・Factomあたりは注目のアルトコインです。

DASHとMoneroは匿名性の高さが評価されており、Factomはブロックチェーン上で記録管理ができ応用性が注目を集めています。

いずれも投資銘柄としても将来性が期待されているアルトコインです。

Zaif(ザイフ)にも注目

ザイフも注目の取引所です。

ザイフはイーサリアムを取り扱っていません。

ビットコイン以外ではNEMとモナコインを取り扱っています。

とくにNEMは2017年に入り価格が一気に高騰。

7倍~8倍になっており、注目大のアルトコインです。

Proof of Importance(PoI)というアルゴリズムを採用している点が特徴です。

モナコインは日本の掲示板2チャンネル生まれで、ビットコインに似た特徴を持つアルトコインです。

最近Segwit承認が決まり価格が上昇しました。

アルトコインは将来性がポイント

「ビットコインの夢をもう一度」とばかりに、最近アルトコインに注目が集まっています。

ビットコインは2017年1月に15万円台の高値をつけ、現状でも13~14万円台で推移しており、

これ以上大きな値上がりは期待できないと踏む投資家も少なくないようです。

その点、アルトコインは1ヵ月程度で一気に2~3倍になる可能性を秘めています。

将来性に期待できるかどうかが、アルトコインを判断するうえでの重要なポイントになるでしょう。

アルトコインに投資を考えている人は、売買したいアルトコインを取り扱っている取引所を利用しましょう。

まとめ

仮想通貨の先駆者ともいうべきビットコインは、すでに通貨としてある程度確立しています。

時価総額ランキングでも当分の間、首位の座は安泰でしょう。

一方、その他のアルトコインは通貨としての信用はまだまだ得られていないという状況です。

いうなれば発展途上の段階です。

しかし、裏を返せば大化けする可能性も秘めており、将来的に価格が高騰する期待感は持てます。

現状アルトコインはデイトレードには向かないでしょう。

ビットコインに比べて取引量が少なく、大きな注文をすると成立しないケースもあります。

すくなくとも1~3ヵ月は様子を見て、判断すべきでしょう。

いずれにしろ、アルトコインには夢があります。

投資する場合にはギャンブル的要素も多分に含みますが、その分ハイリターンを得ることができます

あなたはどのアルトコインに投資しますか?

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する