⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は仮想通貨DASHの日本での評判について説明します。

DASHはアルトコインの一種です。アルトコインはビットコインの代わりになるコインと言われています。2017年は仮想通貨元年とよばれています。それではまず、仮想通貨について触れてみましょう。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネットを介して、不特定多数の間で物品やサービス又は役務の提供の対価として使用できます。そして、中央銀行等の公的な発行主体や管理者が存在しません。また、仮想通貨は仮想通貨取引所において法定通貨(日本円、USドル、中国元、EUユーロ等)と両替することができます。

仮想通貨の説明の上でよく登場するのが電子マネーです。電子マネーを仮想通貨に分類するレポートもありますが、少し違います。電子マネーは、特定の企業が発行主体であり管理もします。いわば、法定通貨と同じ中央集権の管理と言えます。

例えば、AEONのwaonカードは、AEONグループの店舗で買い物の支払いに使えます。また、セブン&アイホールディングのnanacoカードもコンビニのセブンイレブンやイトーヨーカ堂で同じようにカードにチャージして使うのでつり銭が嵩張らなくて便利ですね。

他にJRでも東日本ではSuica、西日本ではICOCA。このカードもチャージすれば、切符を買わなくても自動改札にカードをかざせば「ピッ!」と通過できます。提携の私鉄やコンビニでも使えます。

でもこれらの電子カードはグループ内や、提携している範囲内でしか利用できません。仮想通貨は、例えば海外に留学している娘に仕送りをする時に、娘のウォレットに〇〇万円分送金することができます。世界中どこにいても、1対1(PtoPピアツーピア)で送金できるのです。これが仮想通貨の特徴です。

先ほどお話しした通り、2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれています。というのも、2017年4月1日に「仮想通貨法」(通称)が施行されたことも大きな要因です。

「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律」

仮想通貨の社会的認知が進んで、ショッピングや送金の支払いや資金決済のツールとして使用する利用者が増えています。ビットコイン決済の導入店舗は、従来の4,500店舗から、4月5日新聞報道された、「リクルート系やビックカメラでビットコイン決済を導入」したことで、一気に26万店舗に増加しました。

また、仮想通貨を利用したマネーロンダリングについては、2015年6月のG7マルマウ・サミットにおいて議題に上り、その対応について「首脳宣言」に盛り込まれました。日本では当時まだ仮想通貨が、まだ普及していなかったことから、大きな問題ととらえられていませんでした。

また、仮想通貨の普及が進んだことで、利用者が増えています。そのため、利用者保護とマネーロンダリング対策の観点から、仮想通貨交換業を行う者(仮想通貨取引所)に対して一定の義務を課す、「仮想通貨」に関する新しい制度として始まりました。

DASHとは?

DASHは2014年1月にDarkcoinという名前で公開されました。2015年にinstantXという即時取引ができる機能を装着しました。そのタイミングでDASHに改名しました。”dark”がイメージが悪いという意見があったとも言われています。

仮想通貨時価総額ランキング第5位(2017年4月30日現在)です。発行数は約726万DASH。2017年2月から、じりじりと値上がりして3月20日には$109まで上げましたが、4月11日には$62まで下げて、4月30日現在$94です。年初の価格$11から比べると4か月で9倍です。今後が期待モテますね。

DASHはアルトコインの一種で、アルトコインはビットコインの代わりになるコインと言われています。ビットコインと比較しながらDASHの特徴を捉えていきましょう。

ビットコインとの比較

公開日

DASH    2014年1月18日

Bitcoin    2009年1月

システム

DASH    Proof of Work

Bitcoin          Proof of Work

アルゴリズム

DASH   X11

Bitcoin  SHA-256

コイン発行上限

DASH  22,000,000DASH

Bitcoin  21,000,000BTC

ブロック生成間隔

DASH  約2.5分

Bitcoin  約10分

DASHのアルゴリズムには、先に説明した、11種類の関数を組み合わせて構成するX11と呼ばれるアルゴリズムを採用しています。複数のハッシュ関数を組み合わせることで、セキュリティに優れていることはもとより、消費電力が低いことも評価されています。

DASHの特徴

Darksend

DASHの特徴の一つに匿名性が高いことがあげられます。その匿名性を実現しているトランザクションは、「Darksend」と呼ばれています。

Darksendには、コインミキシングという手法が取り入れられています。コインミキシングという手法では、通貨を送受信する際に、「管理ノード」を経由して、複数の送受信依頼をシャッフルしてから、送受信をする手法です。

管理ノード内の送信側と受信側の総量は当然一致するので、送受信は正確に行われます。しかし、「誰のコインが誰に送られたか」という情報が、わからないようにしてあります。これによって匿名性が保たれています。

InstantX

DASHのもう一つの特徴は、「即時取引」です。ビットコインでは、取引の認証作業に約10分かかりますが、DASHでは約4秒で決済が完了します。この機能を「InstantX」と呼びます。

InstantXの機能について詳しく説明しましょう。DASHには、「マスターノード」という存在があります。DASHのネットワークの中から承認用のマスターノードを選出して、承認作業を一任します。そのために認証作業が高速で完了します。

マスターノードになるためには、条件があります。

1.処理能力の高いノードを、毎日24時間稼働させる

2.保証金として1,000DASHを準備する

今からマスターノードになろうとすれば、1,000万円以上準備しないとできません。マスターノードの認証作業の報酬は、ブロック手数料の45%が与えられるそうです。

まとめ

DASHは、ここで説明した「匿名性」と「即時取引」という特徴を備えており、人気があります。日本の取引所では、coincheckが2017年4月19日から「DASH」「NEM」「Litecoin」を取扱通貨に追加しました。

coincheckが追加した3種の通貨は、4月19日現在、既に上昇基調であったのですが、「NEMの上昇はcoincheckが取り扱いを始めたから」と書いているレポートもあるほどですが、取引所シェアを確認すると、ポロニエス、Yobit、hitBTC(DASH/BTC)で73%を占めており、coicheckのシェアはまだ表れていません。

DASHの2017年4月の相場は、日本円で8,000円前後で推移していましたが、月末の4月29日に10,500円まで急騰しています。3月12日につけた12,800円を目指しています。原因はつかめていませんが、機能的には「ビットコインより優れた通貨」と評価されているので楽しみですね。

DASHはcoincheckが取り扱いを始めたことや、価格が上昇基調にあることから、日本での取引が増えるのではないでしょうか。期待したいですね。

仮想通貨は、価格の変動が大きいのが特徴です。売買の際は慎重な判断を、自己責任でお願いします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する