⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

nemという仮想通貨をご存じでしょうか? 日本語ではネムと呼びますが、別名「xem(ゼム)」という呼び方もあります。では、その違いは何なのか?

ビットコインのブロックチェーン技術を改良したプラットフォームを採用したとされるnemは日本では比較的知名度が高いようですが、実際のところはどうなのか? xemとの違いなども含め検証してみましょう。

nemとは?

nemは、New Economy Movement(新しい経済運動)の略称で、金銭的な自由や分散化、平等及び連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨のプロジェクトです。

発足は2014年で、開発当初のチームの1人に日本人がいたことで国内で注目を集めました。

ビットコインのブロックチェーン技術の不備な点を改良し、より洗練されたブロックチェンプラットフォームを採用。

ビットコインのマイニングは資金豊富な採掘者が有利になりますが、nemは富が公平に分配されるように設計された仮想通貨です。

nem 報酬発生の仕組み

nemではPOI(proof of Importance)という仕組みが採用されています。

POIとは、通貨の保有量と取引量に応じて報酬(通貨発行)が発生するという仕組みです。

ビットコインのブロックチェーンで採用されていたのはPOW(proof of work)という仕組みです。

この仕組みではシステムが膨大な処理を行い、その報酬として通貨が発行されるというものです。

画期的な技術ではあるのですが、システム構築や電力などのコストが高いなどの欠点があります。

この欠点を改善するために登場したのがPOS(proof of stake)という仕組みです。

このPOSは通貨の保有量に応じて、報酬が発生(通貨が発行)するというものです。

POWと比較してコストがかからないPOSは、POWにおける欠点を改善できる技術として注目されました。

仕組み改良の経緯

ただ、このPOSという仕組みを疑問視する人があらわれました。

POSの仕組みだと「大量に持っているだけで報酬が発生する」ということになるのではないか・・・という疑念です。

「保有だけして使用しない」という人の出現が危惧されます。

通貨の流通や普及が進まないのではという不安が生じます。

そこで、さらに新たな仕組みとして登場したのがnemのPOIです。

POIは保有量に加えて、取引を行う必要があるので、流通や普及にも貢献できます。

このPOIという仕組みは現状のブロックチェーン技術の中でも優れた技術として注目を集めています。

ビットコインなどでは、報酬発生の仕組みをマイニング(採掘)と呼ばれていますが、nemではハーベスティング(収穫)と呼ばれています。

ハーベスティングの概要

ハーベスティングを簡単に説明すると、

xemの取引手数料が、nemのネットワークに参加(取引)している人に分配されるということです。

nem保有者なら誰でも簡単にハーベスティングに参加できます。

誰にいくら報酬が発生するのか、その頻度は各ユーザーのInportance(重要度)により決められます。

では、重要度はどう決められるか・・・となりますが、単にxemを多く保有している者が有利かというと、そうではありません。

どれだけ取引をしているか、利用頻度も考慮しているといいます。

nemはネットワークを積極的に使う人が、利益を得られる仕組みになっているのです。

nemとxemとの違い

nemの通貨単位がxemです。

ビットコインの通貨単位はBTC、リップルの通貨単位はXRPで、それらと同じです。

また、日本円の1単位をJPY、ドルの1単位をUSDと呼ぶのとも同じです。

nem/xemを購入できる取引所

nemのxemは、日本の取引所のZaif(ザイフ)で取り扱っています。

ザイフは、テックビューロ社という日本の会社が運営しており、安心して取引できます。

コインチェックでも2017年4月からnem/xemの取引を開始しました。

コインチェックは初心者でも扱いやすい取引所と評判で、いろんな仮想通貨を取り揃えています。

ちなみに、このxemはすでに全ての発行が終了しております。

それじぁ、報酬はもう無いの? と疑問がでますが、違います。

xemの報酬は送金手数料によって支払われます。

前述した通り、nemのxemは頻繁に取引をした人により多くの報酬が与えられる仕組みになっているのです。

nem/xemの価格推移

nemのxemは2015年3月31日に公開された仮想通貨ですが、当初はそれほど注目されていませんでした。

日を追うごとに様々な機能が追加され、成熟されるとともに注目度が高まってきました。

2016年にnemを使ったプライベートチェーン「mijin」プロジェクトを野村総研などが検証を進めているなどの報道を契機に高騰。

今年2017年に入っても価格は上昇しており、いま現在で注目の仮想通貨になっています。

2017年に入り、ビットコイン以外の仮想通貨は総じて価格が上昇していますが、nemは上昇率で群を抜いています。

2017年1月に1nemが0.4円だったのが、3円台に上昇。

4月26日には5円台に突入しています。

4月18日に4円台に下落しましたが、すぐに持ち直し、4月27日には6円台まで上昇しています。

10日も経たない間に2円も上昇する人気ぶりです。

今後も恐らく4~6円台で推移し、将来的にも着実に価格上昇していく見通しです。

nemの将来性

nemには他の仮想通貨にはない特徴があります。

前述したPOIというアルゴリズムです。

nemを多く保有している人や特定のお金持ちに偏ることなく、ネムネットワーク内の重要度に応じてハーベスティング(収穫)の報酬を受けられる点です。

この仕組みは非常に評価されており、多くの人が理念に賛同しています。

まだ購入しやすい価格なので、将来性を見越して購入しておくのもいいかもしれません。

日本と密接に関係

nemは、日本と密接に関係をもっています。

まず開発者の一人に日本人であることで日本での知名度を高めた点。

さらに日本の取引所Zaifの運営会社である「テックビューロ」が開発するプライベートブロックチェーン「mijin」というものが、nemの技術を使っている点です。

nemは現代の最高技術を取り入れているとしています。

従来の性能に加えて将来的には、さらに注目を集めるような技術も追加する予定だと言います。

投資的な観点からも楽しみを持たせる仮想通貨です。

富を分配する仮想通貨

nemは大金持ちを優遇するのではなく、富を公平に分配するという理念に基づいた仕組みを持っています。

nemのPOI方式が、それを実現します。

ビットコインのマイニングには計算能力の高いパソコンが必要で、多額の電気代もかかります。

お金持ちが有利な仕組みです。

しかし、nemのPOI方式では、xemの保有量だけでなく取引活動や取引の質も問われます。

特定のユーザー同士で通貨を往復させることで回数の水増しをするなどの誤魔化しも見抜く仕組みです。

nemはブロックチェーン上でユーザーの評価を行っています。

Googleの検索エンジンのアルゴリズムに似たシステムです。

nemはブロックチェーン上で信用が低いと評価されたユー-ザーは、ハーベスティング(収穫)による報酬も低くなります。

「悪意がある」と評価されたユーザーをネットワークから切り離すこともできます。

これによって悪質なユーザーを排除しセキュリティの向上につなげているのです。

まとめ

ブロックチェーン技術が日々、注目を集めています。

採用を検討している企業も多く、今後もますます世界で広がっていくでしょう。

その中でも優れたテクノロジーを採用しているnemに関して、より一層の普及が期待されています。

ブロックチェーンは、ビットコインの派生技術として注目が集まりましたが、今後は様々な分野で応用が考えられています。

ビットコインのような管理者不在の「パブリックブロックチェーン」だけでなく、社内や限られたネットワーク内で誰かの管理下で使われる「プライベートブロックチェーン」の分野でnemを採用するケースが増えてくるのではないでしょうか。

短期的な値動きに関しては、ちょっと乱高下の傾向にあります。

投資としては、売買のタイミングが難しい印象です。

とはいえ、長期的にみれば、着実に価格は上昇していくのではないでしょうか。

積極的にハーベスティングに参加して手数料収入を得ていく方法もあります。

ただ、その仕組みを理解するまでにはある程度の資本と深い知識が必要になります。

nemのハーベスティングに参加して手数料収入を得るには、積極的に向き合う必要があるでしょう。

そうでない人はメリットを生かしきれない可能性が高くなりそうです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する