⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨取引所はいくつもありますが、その取引所によって取り扱っているコインの種類は違います。どの仮想通貨取引所でもビットコインは取り扱っているので『仮想通貨取引所はどこも同じ』くらいに感じているかもしれませんが、慣れてくると他の取り扱いコインも気になってきますよね。

さて、日本の仮想通貨取引所の大手3社のbitFlyer、Coincheck、Zaif(Zaif exchage)が有名ですね。その中でも、Zaif はホリエモンこと堀江貴文さんが立ち上げに関わっているということもあって、私の周りでも使っている人が多い取引所のひとつです。

そこで、ここではZaif exchageの取り扱いコインについてお話していきたいと思います。

時価総額ランキングトップビットコイン

まずは、おそらくどの仮想通貨取引所でも必ずといっていいほど扱っているであろうビットコインです。もちろんですが、Zaifでもビットコインを扱っています。

Zaif のビットコインに関しての特徴は以下の3点になります。

・2014年からのチャートを提供している(2014年から取引開始実績がある)

・ローソク足によるチャートの提供をしている

・信用取引のサービスを提供している

1つ目については、他の日本の仮想通貨取引所に比べて、比較的古株ということができますね。また、ローソク足のチャートについても、外国為替取引になれている人にはありがたいのではないでしょうか。

このうち、3つ目の『信用取引のサービス』については、単なるビットコインの売買にとどまらないので、もう少し掘り下げてみたいと思います。

先物取引およびAirFX(信用取引)

これは、厳密に言えば『ビットコイン』です。別のコインではありません。しかし、取り扱いが少し違うので、別枠でご説明しておきます。

まず、信用取引といってもよくわからない人もいると思うので、そのあたりの説明から始めたいと思います。

通常の取り引きは現物取引といって、購入するビットコインに対して日本円を支払う、あるいは、ビットコインを売却して、その分の日本円を受け取るという取り引きを行います。普段の買い物に例えれば簡単です。1本200円の大根を1本買えば、200円を払う、ただそれだけの意味です。

しかし、信用取引というのが株や外国為替取引の世界ではあって、この『先物取引』および『AirFX』というのは、その信用取引に含まれます。続いては、それぞれについてご説明しましょう。

先物取引

Zaif exchange によると、以下のような取り引きを先物取引と定義しているようです。

Zaif Exchangeにおける先物取引とは、将来の予め定められたある一定の期日において、当社所定の通貨及び仮想通貨ペアの先物を現時点で取り決めた価格で売買することを約束する取引です。

それでは、もう少し掘り下げて説明してみましょう。

先物取引は、将来の価格によらず現在の価格で契約してしまう・・・という取り引きです。よくあるのが、あずきなどの先物取引が有名ですね。これは、今年は天気がよくなかったのであずきの値段が上がる!と考える人が、あずきの収穫をする時期よりも先にいくらでどれだけの量を買うという契約を交わすことです。

仮に思い通りになれば、あずきの価格は上昇しますが、自分は安い値段で購入する契約を交わしているので、安く買うことができます。

つまり、安く仕入れて、高く売ることができるので、利益が大きくなるということです。このように、将来の契約を現在の価格で契約してしまうことを先物取引といい、お互いに将来の契約を『信用しあって』交わすのです。このような、未来の価格を予測して、現在の価格で未来の取引を契約するサービスを先物取引といいます。

AirFX

続いて、AirFXについてのZaif exchange の説明は以下の通りです。

Zaif ExchangeにおけるAirFXとは、当社所定の通貨及び仮想通貨ペアの現物価格に連動したデリバティブ商品です。ビットコインAirFXは先物取引と異なり、決済期限と期限到来による決済がありません。

これは、要するにレバレッジをかけることができて、保証金が不足しない限りは期限なしで保持し続けることができるというものです。現物の取引ではないので、送金や譲渡はできませんが、FX同様にレバレッジをかけて取り引きをすることができます。最大25倍(2017年4月現在)だそうですので、FXの10倍よりも大きいですね。

ここ最近動きが面白いNEM

さて、ビットコインの話はさておいて、他の仮想通貨についても見てみましょう。まずは、ここ最近の価格の動きが非常に注目されているNEMですが、NEMはZaif exchange で取り扱われている仮想通貨のひとつです。

NEMは2017年1月から4月末までの間に10倍以上の価格上昇をした仮想通貨です。

NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称で、金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクトです。

2014年1月19日、bitcointalk.orgのフォーラムにてutopianfutureというハンドルネームの人物により企画が持ち上がり、2015年3月31日に公開されました。当初は開発チームの1人に日本人がいたことで国内知名度を上げたようです。

仮想通貨の時価総額ランキングでは、第6位で時価総額は約481億円です(2017年4月27日現在)。ここしばらくは上がり続けていて、普通は高騰のあとは暴落しますが、NEMは高騰した状態をキープしています。そこがすごいところですね。

2chから生まれたMONAコイン

続きまして、あまり他の取引所では扱っていないMONAコインについてお話をしましょう。MONAコインをZaif exchange では取り扱っています。

ご存知の通り、2chから生まれたMONAコインは、『おまえもなー』のもなーだそうですので、ある意味ネタとしての位置付けともとれますね。しかし、根強く仮想通貨として残っているコインでもあります。

MONAコインの時価総額ランキングは、第54位でした(2017年4月現在)。時価総額は6.5億円ということで、それなりの位置にはいるようで、多分ユーザーは実際に使っているのでしょうね。爆発的にランキングが上位にいくとは思えませんが、これから先も今の状態をある程度キープできそうな、そんな仮想通貨だと思われます。

NCXCネクスコイン

まだ取り扱いを開始したてホヤホヤですが、NCXCネクスコインもZaif exchange で取り扱いを開始しました。

このネクスコインについてはあまり情報がなくて、株式会社フィスコの子会社の株式会社ネクスグループが発行している仮想通貨なのだそうです。なお、発行総数は、20,000,000 NCXC だそうです(これだけではよくわからないですが)。

ちなみに、特別な説明があるわけでもなく、よくわからない仮想通貨です。今の段階は様子を見るという段階かもしれませんね。何れにしても、Zaif exchange で取り扱いが開始したというのがいいですね。

まとめ

以上が、Zaif exchange で取り扱っている仮想通貨とサービスです。実際につかってみながら、ネスクコインなどの情報が少ないものは学んでいくのがいいですが、少なくとも多くはありませんが特色のある仮想通貨取引所ではないでしょうか?

モナコインとネクスコインを扱っているところは限定的ですので、興味のある人はZaif exchange はいい選択ですね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する