⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨といえばビットコインが代表格ですが、Googleが出資したということで注目されている仮想通貨があります。Ripple(リップル)です。

仮想通貨時価総額ランキングでは上位常連で、その送金スピードの速さから世界の多くの銀行が注目しています。リップルはビットコインなどの他の仮想通貨とどう違うのか? その特徴やメリット、デメリットをまとめてみました。

リップルの特徴

リップルは、ネットワーク上の通貨を使って色々な通貨と取引ができるシステムのことです。

リップルは仮想通貨の名称ではありません。

そのシステム上で使われる通貨単位はXRP。

世界に名だたるグーグル(Google)が出資したとして注目されています。

出資するということは、その将来性を感じているということでしょう。

仮想通貨時価総額ランキングでも常に3~4位にランクされており、

日本のメガバンク東京三菱UFJ銀行がリップルを使ったネットワーク利用を表明し、さらに価格が高騰しています。

支払いシステムとしてのリップルはブロックチェーン技術を応用したビットコインなどと違って、管理主体が存在しています。

リップルラボという会社が運営しているのです。

このリップルラボ社がXRPを発行し、管理もしています。

リップルの存在意義

リップルは、銀行などの金融機関で行われている金融商品の現在の送金システムをより効率的かつ安価で行われることを目的としています。

要するに、金融商品間の取引に「仲介通貨」を導入して、やり取りをスムーズにするものです。

前述した通り、その仲介通貨の表記単位はXRPで、リップル自体は金融商品の決済・送金システムのことを指します。

例えば、日本からアメリカに送金する国際決済の場合、日本円から米ドルに変換して決済しなければなりません。

日本円から米ドルに変換する作業は、銀行などの金融機関が内部で行っている通常処理です。

しかし、円→米ドルなどのメジャー通貨であればすぐに変換することができますが、マイナーな国の通貨だと変換処理に時間と手間がかかります。

そうした手間がかかる送金時の手続きを共通の「仲介用の通貨」を使うことによって、簡略化しようという試みがリップルの決済システムになります。

リップルのXRPは、仲介用の通貨なので一般に我々が利用するような場面はほとんどないものと思われます。

利用機会は銀行などの金融機関に限られます。

しかし、リップルのシステムが普及すれば、仲介通貨のXRPも価値が上昇するだろうと投資家たちは期待しているのです。

ビットコインとリップルの違い

リップルは、ビットコインの欠点を補った仕組みとして注目されています。

リップルがビットコインと大きく違う点は、それ自体が通貨ではないということです。

1リップルの料金を支払えば、円やドル、ユーロに止まらずビットコインなどの仮想通貨でさえ交換できます。

1,000億リップルが流通した後は、新たなリップルは作られません。

つまり、リップルは金銭取引サービスのためのデジタル認証装置なのです。

リップルはビットコインより約5倍の量が存在しています。

しかし、ビットコインとは存在の仕方が違います。

ビットコインは、0から採掘されるごとに徐々に上限数に近づいていきます。

しかし、リップルの場合はすでに1,000億枚が存在し、ネットワーク上で業務上の処理が起こるごとにリップルが減少していくという設計になっています。

この点もリップルとビットコインの違う仕組みの一つと言えるでしょう。

リップルは金融機関との提携が前提

リップルやビットコインなどの仮想通貨は、従来の銀行とシステム的に対立するのではないか、と考える人は多い。

仮想通貨がこれまでの法定通貨に置き換わると考えれば、銀行側にとって仮想通貨のシステムは敵になる。

しかし、すべての仮想通貨が法定通貨に置き換わるでしょうか?

現実問題、ほとんどの人は安全で信頼できる従来の銀行の取引を求めており、仮想通貨がドルや円に代替する可能性は少ないのではないでしょうか。

ネットを通した仮想通貨の高速決済と手数料の安さに魅力を感じつつも、一方で従来の金融システムによる安全で信頼できる方法を望んでいるのではないでしょうか。

だとするなら、仮想通貨は政府や銀行と共存し、技術的な革新と利便性を活用したサービスを展開し、共存共栄を図るべきでしょう。

現行の銀行は、古くからある紙の取引台帳を単に電子形式に変換しただけの取引プロセスです。

そこに革新性をもたらすリップルは、XRPを用いて銀行などの金融機関の従来の決済システムをより効率的にかつ安価する仮想通貨なのです。

実際、リップルと提携する銀行が世界中に続々あらわれています。

リップル社と多数のメジャー銀行が共同でリップルのブロックチェーン技術を用いた国際銀行間送金グループを設立しています。

日本の銀行も同様で、なかでも三菱東京UFJ銀行がリップルの新技術を使った海外送金サービスを始めるというニュースは注目されました。

仲介機関などを通さずに銀行同士が直接やりとりするため、利用者の依頼とほぼ同時にお金を届けられるようになるといいます。

銀行側にとっては大規模なサーバーが不要になり、システムの大幅なコストダウンが見込まレ、その分、顧客の送金手数料も引き下げられる見込みです。

新サービスの提供に向けた準備はすでに始められており、個人向けサービスを来年3月までに立ち上げる予定です。

送金スピードの速さ

リップルは、数秒で決済できます。送金も一瞬で到着します。

このスピードの速さは、リアル店舗での導入を広める可能性を秘めます。
用途が増えると使う人が増え、 需要も増えます。

これはリップルの価格を押し上げる効果を生むというのが投資家の見立てです。

実際、「リップルがどこかの銀行と提携した!」というニュースが流れるたびに価格が高騰しています。

ブリッジ通貨としてのXRP

リップルのXRPは、あらゆる通貨の中間通貨としての役割を果たす点、ブリッジ通貨と呼ばれています。

円やドル、ユーロなどの法定通貨だけに止まらず、ビットコインなどの仮想通貨でも数秒で送受信ができます。

また、送受信以外にもウォレット内で円を他の通貨へ両替することもできます。

ドルやユーロ、ビットコインやモナコインなど、あらゆる法定通貨、仮想通貨の自動両替が可能です。

リップルのデメリット

リップルのデメリットとして、まずあげられるのがリップル社の倒産です。

管理者のいないビットコインとは違って、リップルはリップル社という管理主体が存在します。

仮に、そのリップル社が破産などをしてしまうと、XRPが無価値になってしまう危険性があります。
また、2014年にリップル社が公式声明を発表しています。

その声明を要約すると、「リップルのXRPは企業間の取引をおススメします」「個人向けではありません」としています。

しかし、それでも価格は上がってきています。

前述したように、新たな銀行が提携を発表するたびに価格が上昇してきています。

リップルの限らず、仮想通貨自体が発展途上の段階にあります。

何がプラスに作用し、何がマイナスになるか、取り巻く状況はまだまだ流動的です。

実際に投資運用するには、リスクを考え、より多くの情報を取り込む必要があるでしょう。

リップルのメリット

リップルは場所を問わず世界中どこでも使えて、世界各国の法定通貨と交換できます。

また、送金の限度額はなく、手数料が破格の安さ。

世界各国の銀行が導入を決めており、リップルは「決済の新たなインフラになる」とまでいわれるほどの存在です。

総じて利便性が高く、様々な取引を低コストで行うことができるリップル。

金融取引の少ない発展途上国でも金融サービスを受ける基盤を作り出せる点も大きなメリットでしょう。

投資価値は?

リップルはあくまで銀行間の決済システムで、個人資産としての価値は二次的な性格を持ちます。

とはいえ、仮想通貨時価総額ランキングで常に上位を占めており、Googleを筆頭にフェイスブック出資者のアンドリーセン・ホロウィッツ、

巨大ヘッジファンドなど世界の主要金融プレイヤーや大口投資家から資金調達をしています。

その資金調達力は革新的な技術力の証明になり、近い将来、従来の金融機関がリップルのゲートウェイになる可能性を十分秘めています。

技術力が発達し、取引の安全性が担保され、提携する銀行が増加すれば更なる投資を呼び込み、価格が上昇軌道に乗るのではないでしょうか。

まとめ

決済技術と決済システムに革命をもたらすリップルXRP。

投資銘柄としての将来性に関して、意見が二分していますが、世界中の金融機関が最も注目していることは事実。

XRPを投機対象にしている人にとって、値動きに直結するニュースが少ない現状ですが、

2017年以降も期待値の高い仮想通貨であることは確かです。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する