⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は、「仮想通貨をプレセールで買う方法は?」と、題して説明をさせていただきます。

本年は、「仮想通貨元年」と呼ばれています。というのも、4月1日に通称「仮想通貨法」が施行されたことにより、これまで物として扱われて、規制がなかったのですが、通貨としての価値を国が認めたことになります。

それゆえ、消費者保護とマネーロンダリングを防止する観点から、取引所に一定の義務を課した法律になっています。

法定通貨も10年以内には無くなるものの一つに挙げられるほどです。これからは、当然仮想通貨が主流になります。このブログを読んで、仮想通貨の知識をつけて、未来に向け仮想通貨に取り組んでいきましょう。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネットを通じて物品やサービス・役務の対価として使用することができます。中央銀行等の公的な発行主体や管理者が存在しません。そして、取引所を通じて法定通貨に両替することができます。

http://coinmarketcap.com/ では、701種類のか仮想通貨が公表されています。このサイトでは、公開されている仮想通貨の、マーケットキャップ(時価総額)、価格、市場供給数量、24時間の出来高等が公開されています。

プレセールでお勧めのコインは?

プレセール中のコインでお勧めは、やっぱりNOAHCOIN(ノアコイン)ですね。巷では詐欺だとうわさが絶えませんが、中身を知らない人が良く調べないで「詐欺だ!」と言っているのです。

このブログにも「コメント」で、

フィリピン中央銀行によりますと、中央銀行は、ノア・ファウンデーション及びノア・グローバルイノヴェーションサービス(ノア・グローバル)に対して、ノア・コインの事前販売に携わる権限を与えておらず、また、ノア・コインを国家プロジェクトとして承認しておりません。中央銀行により行なわれた初動調査では、ノア・コインの事前販売活動は、会社定款に記載されたノア・グローバルの主要・副次目的からかけ離れたものです。

フィリピン中央銀行と証券取引委員会の調査では、ノア・グローバルに国債や証券、その他類似証券を販売取引するライセンスや権限はありません。

このような記事を投稿されています。「まさに国家プロジェクト」という表現が「国家プロジェクト」と混同を招いたようで、日本のフィリピン大使館にも問い合わせがたくさん入ったようですね。その対応として、フィリピン大使館や、中央銀行からこのようなコメントが出たということです。

当然ノアコインは、民間の有志がプロジェクトを作って進めているので国家事業ではありません。その取り組みのさまが、フィリピンの財閥、フィリピンエァラインズやディベロッパー等の大企業、銀行までが参加してるので、我々ノアコインを推薦する者たちは「まさに国家プロジェクト」と喩えて表現しているのです。

フィリピン中央銀行が発行するのは、フィリピン「ペソ」であって、ノアコインを発行することはありえません。前項の「仮想通貨とは」でも説明していますが、仮想通貨が「政府のプロジェクト」なんてことは本末転倒です。仮想通貨は、「国や銀行が介在しない通貨」なのですから。

ノアコインの特徴

OFWの仕送り

フィリピンにノアコインが必要なわけは、OFW(Overseas Filipino Workers)がフィリピンに住む家族に送る仕送りです。フィリピンには約1,000万人のOFWがいます。その仕送り金額は総額3兆円と言われています。そして、その送金手数料は3,500億円に上ります。

仕送り総額3兆円と説明しましたが、じつは実態がつかめていないのです。というのも、仕送りの物品と一緒に段ボール箱にお金を入れて送るケースもあるようです。この方法は危険ですが、送金手数料が高いためにこの手段を使う人が少なくないようです。

OFWの仕送りをノアコインを使えばどうでしょうか?送金手数料はほぼかかりませんし、送金も瞬時に完了してしまいます。便利で安全、早い。ノアコインが公開前の現在では、ビットコインやエターナルコインを使って仕送り送金をしているOFWが増えているようです。ノアコインの公開が待ち遠しいでしょうね。

ノアシティの建設

町全体でノアコインが使える街、ノアシティの建設。ノアコインの利用促進のために、ノアシティの建設を計画しました。まずは、2017年ステージ1、アミューズメント施設の建設が始まります。

2019年には、ステージ2、ショっピンクモールの建設が始まります。2020年にステージ3ホテル・カジノの建設です。

ノアコインの販売

ノアコインのプレセールは、第1期から第4期までに分割して販売します。そして、フィリピンの独立記念日の2018年6月12日に市場公開となります。そして、プレセールの販売価格は、第2期は第1期の1.14倍。第3期は第1期の1.18倍、第4期は第1期の1.22倍で販売されます。

ノアコインは、POS(Proof of stske)を採用しており、ビットコインのようにマイニングで大量の電力を使用しない。そして、POSによって持ち株比率に基づいて初年度20%配当され、年間0.86倍づつ減少します。(2年目17.2%、3年目14.79%、4年目12.72%…..40年目0.06%)

ノアコインをプレセールで買う

プレセールのノアコインは、代理店でしか買えません。ですからこのブログの「ノアコイン購入詳細はこちらをクリック」ボタンをクリックして、ご確認ください。

前項でも説明した通り、価格は1期ごとに値上がりします。現在販売実施中の第2期では、第1期の1.14倍の価格になっています。

1口ご購入の場合は、日本円で12万円でノアコイン151,560NOAH交換していただけます。ちなみに第1期購入では、172,800NOAH交換できました。

プレミアムクラスをご利用いただくと有利に購入いただけます。当初はプレミアムコースは、第1期のみの販売と決まっていましたが、続けて欲しいという要望が多かったことで継続されたようです。

100万円    112万円相当のNOAH

300万円    360万円相当のNOAH

1,000万円   1,300万円相当のNOAH

いずれも、ビットコイン送金を選択の場合には、注文から24時間以内に送金を完了しなければいけません。

当然ですが、プレセールの期が進むにつれて、NOAHの価格が上がりますので、価格的には不利になります。ご購入を検討されている方は、第2期でのご検討が有利です。ただ、最終の第4期でも第1期に比べて1.22倍ですから、現在資金を作成中の方は、第4期プレセール期間の2018年4月30日までに購入していただけたらいいですね。

まとめ

ノアコインは、他の仮想通貨に比べると、プロジェクトが圧倒的に大きいですね。冒頭で説明した通り、「まさに国家的プロジェクトなのです」。仮想通貨を立ち上げるプロジェクトで、その仮想通貨が使える街まで造くってしまうのですから、スケールが大きいです。

更にノアアコインの日本プロモーター「泉忠司さん」の説明では、ノアファウンデーションのビジョンは、「フィリピンのOFWの送金問題の解消」だけではなく、「全世界の貧困問題を解消すること」におかれているそうです。ノアコインによってこの二つのビジョンを達成するために取り組んでいるのです。この壮大なプロジェクトに参加しましょう。

「仮想通貨をプレセールで買う方法は?」最後まで読んでいただきありがとうございます。仮想通貨は価格の変動が大きいです。投資は自己責任でお願いします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する