⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨の実力を見たいなら、チャートランキングが参考になりますよね。ビットコインが一番有名だけど、他の仮想通貨を知った時にそれが一体ランキングで何位にくるのか?ということが気になります。

そこで、ここでは仮想通貨の良いチャートランキングと題して、おすすめのチャートランキングがどこか?どう見ればいいのか?ということをお伝えしようとおもいます。

チャートランキングは、本当に何かと便利なので、基礎から理解をして活用して参りましょう。

チャートランキングの基礎

さて、チャートランキングといっても、何を比較するのでしょうか?まずは、このような基礎の部分からお話を進めてまいりましょう。おすすめのチャートランキングの紹介から始まり、順番に何を見ればいいのか?あまり説明はないけれど知っておいて損はないことなどについてもお話ししていきますので、最後まで読んでくださいね。

おすすめのチャートランキング

まず、チャートランキングを見るところから始めましょう。おすすめのチャートランキングはこちらになります。Crypto Currency Market Capitalizations です。

http://coinmarketcap.com/currencies/

英語のサイトなのですが、ほぼ見たい仮想通貨についてはもうらしているので、とても便利です。また、米ドルの取引レートになっているので、比較しやすいというところがポイントです。

『え!?日本円で表現してくれた方がわかりやすいのに。』

という人もいるかもしれません。しかし、仮想通貨の世界では米ドル換算のものが一番種類も豊富で、比較もしやすいのです。

その理由ですが、通常仮想通貨は米ドル換算で取引を開始して、その後、各国の仮想通貨取引所で取り扱いが始まった段階で、その国の通貨での取り引きが可能になります。そして、チャートもその時からの記録になるのです。つまり、比較する上で米ドルであれば、一般公開直後から記録が残っているため、比較しやすくて便利ということになるのです。

もう少しわかりやすく説明しましょう。ビットコインを例にとると、ビットコインは2009年に公開されました。米ドルのチャートであれば、この2009年の時から存在しますし、事実先ほどのチャートランキングでも2009年からチャートを見ることが可能です。

それに対して、仮に日本円のチャートということであれば、bitFlyerやCoincheckなどが提供するチャートがそれに該当します。この場合は、2016年からのチャートしかありません。

ですから、チャートを見るなら、まずは米ドルで比較しておいて、個別の細かなチャートを見る時に希望する法定通貨のチャートを見るのが基本になります。

チャートランキングは何のランキングか?

続きまして、チャートランキングといっても、何を比較しているのか?というところについて説明をしておきましょう。

ランキングと一口に言った場合は、『時価総額ランキング』ということになります。

時価総額とは、その仮想通貨の持つ法定通貨に換算した時のすべての価値を意味します。仮にある仮想通貨の発行量が1億コインあったとして、1コインが100円で取り引きされた場合、時価総額は1億コイン×100円=100億円の時価総額、ということになります。そして、この時価総額が高い順番にランキングがつけられているということです。

ではなぜ時価総額を比較するのでしょうか?

これは、仮想通貨ごとに発行量が違うことと、1コインあたりの価格を比較しても意味がないことが理由に挙げられます。そこで、この時価総額を比較するのが一般的となっているのです。

なお、仮想通貨の多くは発行総量は一定であるのですが、マイニングがあるために時間の経過とともに発行量は増えていきます。ですから、その時の発行総量と、その時のコインの単価、それを掛け合わせて時価総額を出します。マイニングで増えた分をちゃんと換算して通貨発行量を示してくれているチャートはそれほど多くありませんので、Crypto Currency Market Capitalizations はとても見やすくて親切だということができますね。

チャートランキングの他の指標値

チャートランキングには、時価総額、発行総量、単価の3つ以外にも他の指標値があります。例えば、先ほどご紹介したCrypto Currency Market Capitalizations を見てみると、24時間に実行された取引量と、24時間の単価の上下変動幅(何%の上下があったのか)についても表示されています。

これは、簡単に言うと『アクティブな仮想通貨』を見るための指標値です。チャートの上下はどのような仮想通貨でもありますが、どれくらい激しく売り買いされているかは価格の上下だけでは不十分です。発行総量に対してどれくらいの比率が激しく売り買い(取り引き)されているかも重要な指標値です。いわゆる仕手と呼ばれる大口の取り引きによる価格操作を行うと、この比率は大きくなります。

ですから、激しく価格が上下した時は、この24時間の取引量が占める比率も見ておくといいでしょう。

仮想通貨取引所のチャートの注意点

さて、仮想通貨取り引きにおけるチャートランキングを見る時に、まずチャートについて注意するべき点がありますので、そこについてもお話ししておきましょう。

実は、チャートやランキングというものは、唯一正しいというものは存在しません。

もう少し別の言い方をすると、あるチャートランキングではトップ10に入っているのに、他のチャートランキングではトップ10外にあるということもありえるということです。つまり、順位が違うこともありえるということを意味します。

どの仮想通貨チャートランキングが一番正しいか?というものは、存在しないということになります。

その理由は簡単で、それぞれのチャートは『それぞれの仮想通貨取引所が取り引きを行った時の相場の記録を元にしているから』です。先ほどのCrypto Currency Market Capitalizations の場合は、どこか参考になる取引所を決めて、そこの数字を使っているにすぎないということです。

例を挙げましょう。インドでは、2016年11月に高額紙幣を廃止しました。この時に、多くのインドルピーがビットコインに交換されました。そして、その局部集中的な交換によって、インドの仮想通貨取引所やインドルピーで交換可能な仮想通貨取引所は、他の地域にくらべて2割高い値段でビットコインを取り引きしていたと言われています。

そのために、他の地域とビットコインの時価総額の表示額が違っていたのです。

このように、取引所ごとに価格差が大きくなってしまう仮想通貨の世界では、唯一のチャートランキングというのは、ないものだと考えてください。

・・・とはいえ、Crypto Currency Market Capitalizations などは十分参考になるものなので、あくまで原理原則はそうなっているということを理解してけば大丈夫ですよ。

まとめ

さて、仮想通貨のよいチャートランキングは、多くの種類の仮想通貨のランキングであることは当然のことですが、『時価総額』『マイニングされた分を含む通貨発行総量』『コインの価格』『取引量』『上下幅』が含まれていて、さらには長期間のデータが保存されているものがよいということがわかっていただけましたでしょうか。

他にもランキングサイトはありますが、それぞれ微妙に違っても驚かないでくださいね。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する