⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年。仮想通貨元年と呼ばれて、大変盛り上がっています。

リップルに至っては、公開後一時10倍の価格をつけ、その後も何度か値上がりもありましたが、その都度元の価格に戻っています。

今回は、リップルについてチャートで見てみましょう。それでは始めます。

リップルとは?

リップルは仮想通貨の銘柄の名前ではないんですね。「じゃ何なの!」となりますが、

運営会社 : リップル・ラボ社

システム : リップル

仮想通貨の単位 : XRP(リップル)

こういうことなんです。リップルはリップル・ラボ社が運営する「送金・決済システム」の名称です。

「送金・決済システム」の中で使われる唯一の通貨がXRPです。このシステムでは、瞬時に決済が実行され、手数料も微少であることから世界の銀行が採用を決定しています。

リップルは、Rippleネットワーク上で金融機関が発行する『IOU』(電子的な手形)を交換することで、国際送金を実現するシステムです。このシステムは、2015年世界経済フォーラムでテクノロジーパイオニア賞を受賞しました。

XRP

XRPは前項でも触れましたが、Rippleネットワークのネイティブな通貨です。仮想通貨の中でもビットコイン等とは違い、Ripple内にのみ存在します。

が、売買もできる仮想通貨の側面も併せ持っています。Ripple Ledger内には、1,000億XRPがプログラムされており、それ以上発行されることはありません。

ゲートウェイ

ゲートウェイリップルの取引所のことですね。ゲートウェイは顧客から通貨を預り、その代わりにRippleネットワークの残高を発行します。

Rippleネットワーク上でXRP以外の通貨を保有するには、ゲートウェイに接続しなければいけません。『トラストラインの確立』といいます。「信用枠」と言いかえることもできます。

IOU

IOU(I owe youの略)は顧客が預けた預金に対する、ゲートウェイが発行する『借用証書』です。

Rippleユーザー同士の取引の場合は、ゲートウェイから発行されたIOUで支払うことができます。この場合、ユーザー同士が共通のゲートウェイをトラスト(信頼)することが必要です。

リップルの特徴

リップリング

ちょっとややこしいです。複数のゲートウェイをトラストして同じ単位のIOUを保有している場合に、片方のIOUがもう一方のIOUに置き換わることを許可する機能を持っています。

IOUのリップリングをONにした場合、同じ単位の他のIOUに自動的に交換される可能性があるということです。

オートブリッジ

ブリッジ通貨としてのXRPの利用促進のために、XRPを介して、複数のオートブックの橋渡しをするオートブリッジという機能があります。例えば、1JPY=1XRP と 0.01USD=1XRP の注文が同時に入った場合、オートブリッジは、2つのオートブックを合成して、1JPY=0.01USD の取引を行うことができます。

オートブリッジの機能によって、さまざまな通貨のペアの取引ができるようになります。

更に、Rippleではオファーオートブリッジという機能があり、IOUを直接掛け合わせたオーダーブックとオートブリッジによって生成したオートブックを合成して一つのオーダーブックを生成してしまいます。

最近のリップルの動向

2017年3月末には、世界の銀行が「Ripple」を使うと公表している中で、独自の仮想通貨開発に進んでいた三菱東京UFJ銀行GPSG(Global Paiments Streering Group)に参加を表明する報道を引き金に高騰しました。

この報道の前までは、2月から上昇傾向ではありましたが、1XRP=1.2円程度でした。三菱東京UFJ銀行の報道後は、上昇を続け4月3日には一時7円台まで上がり、それ以上の高騰も期待されましたが、その後は1XRP=4円を切る水準で推移しています。

今回のリップルの値上がりと直接関係はないですが、2017年4月1日、仮想通貨法(通称)が施行されました。仮想通貨取引所を運営する事業者に、利用者の本人確認やマネーロンダリングの対応が義務付けられることになりました。

なぜ銀行はRippleを使うの?

リップルの開発について、海外送金の課題を解消することが大きな目標でした。そのために開発された仮想通貨なので、銀行が採用するのは当然の流れではあります。

現在採用を決めた金融機関を調べてみました。(2017年4月15日現在)

GPSG

世界の主要銀行がリップルを利用するインターバンクグループ。6行が創立メンバーとなったが、2017年3月末三菱東京UFJ銀行が参加表明した。後90行程度の参加が予定されている。(Ripple発表)

邦銀42行がRippleを利用した為替一元化のためのコンソーシアムを設立

2016年10月、SBI Ripple Asia株式会社を幹事とするコンソーシアムが42行で設立され、その後50行まで参加行が増加。メンバーの中には、信金中央金庫、農林中央金庫も参加しており、全国の信用金庫並びにJA、漁協等の参加が含まれる。

R3とコンソーシアムメンバー12行がXRPを利用した国際送金の検証を実施

2016年10月20日、「R3はRippleのデジタルアセット『XRP』を用いた銀行間国際決済のトライアルを実施。この検証に12行が参加したことは、ブロックチェーンに触発された仕組みが、コスレス銀行を代替えする事の有望さを表しているといえる」Rippleプレスリリースより

日本国内で、Rippleの採用を発表していない銀行は、三井住友銀行と地方銀行、信用組合。地方銀行の内約半数はSBI Ripple Asia株式会社が幹事のコンソーシアムに参加しています。日本国内の流れは、ほぼRippleに固まった感がします。海外でも、主要銀行がRippleで固まっているので、2017年中には大勢を占める流れではないかと思われます。

チャートで確認する

リップルをチャートで確認するなら Ripple Charts リップルの公式チャートです。XRP/JPYでは、Mr.Rippleと東京JPY発行所のチャートが見れます。XRP/CNYでは、リップルチャイナとリップルフォックス、XRP/USDでは、ビットスタンプ、BTC/XRPでは、ビットスタンプとゲートハブが表示されます。

時価総額ランキングが見られるのが、 Cryto-Currency Market Capitalizations  取引所のランキングも見れます。ポロニエス(XRP/BTC)のシェアが69.84%になっています。圧倒的ですね。

RippleがXRPを分配する

Rippleのホームページで

我々がXRPを分配する目的は、ネットワークに信頼、実用性、流動性を構築するような行動にインセンティブを与えることです。

もしこれらの目標を念頭にXRPを分配したら、そのうち市場に注入する追加供給を上回るXRPの需要増が期待できます。別の言い方をすると、他の通貨とXRPとの交換レートを安定化あるいは増価するような結果が期待できる分配戦略を実行する予定であるということです。そのため、現在は主に事業開発取引や、支払いに対してタイトなスプレッドを提供するリクイディティ プロバイダーを介してXRPを供給し、XRPへの投資に関心がある組織バイヤーへXRPを売るようにしています。市場状況が許せば、当社は2021年末までにおよそ500億XRPを所有する計画です。この計画は、あくまでも目標であり自由裁量によるものです。

Rippleホームページより

中々理解し辛い表現ですが、「他の通貨とXRPとの交換レートを安定化あるいは増価するような結果が期待できる分配戦略を実行する予定であるということです。」すなわち、「XRPの価値を高める戦略を実行する」と言っています。

そしてXRPの発行上限の半分の「500億XRPを所有する計画」としています。現在Rippleは624億6271万XRP保有しているので、市場に「分配」するのは残り124億6271万XRPということになります。そして世界の銀行がRippleを導入することを表明しています。XRPの価格がUPする以外に考えようがないのですが、如何でしょうか?

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。また、仮想通貨は、価格の変動が大きいので、投資の場合の判断は自己責任でお願いします。あなたの成功をお祈りいたします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する