⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆様!

お疲れ様です!

今回については、リップルコインが今後何倍になるのかのあくまでも予想のお話をさせていただきます!!

よろしくお願い致します!では、始めますね!

まずはじめに

はじめにこの記事については、あくまでも1個人の意見としてとらえてください!また、この記事についての捕らえ方につきましては、自己判断にお任せいたします!

そして、その事について、投資をしたとしても一切の責任を負えません!全て自己責任の世界が投資の世界であり、決して断言できる倍率など存在致しません!それを踏まえた上で判断として本記事をご覧になって下さい!

XRPについて

今回はにつきましてはRipple inc.(リップル社)のXRPについて記載させていただきたいと思います!

XRPに関して、巷ではよく下記のような話を耳にしますね。では見ていきましょう!

リップル社が成功してもXRPは成功しない。

XRPはただのブリッジ通貨なので、XRP自体に需要がなく無価値であるなど…

銀行はリップルネットワーク(RCL)を採用しても、XRPは採用しない。。

しかし、私は皆様がこう思われても仕方がないと思っています。それはなぜかというと、リップルネットワーク(RCL)とXRPの仕組みはあまりに複雑なんですね。…

また、相当気合いを入れて読まないと理解がなかなかできません!現に私も理解できていませんしね!

しかも重要な部分は日本語訳されてなかったり、そもそも日本語がわかりにくかったりと。。。

本当にXRPに価値はない要らない子なのでしょうか?

ちなみに、リップル社はXRPについてホームページ上で記載されている事は次のとおり…

そのうち私たちが市場に注入する追加供給を相殺して上回るXRPの需要増が期待できると思っています!

どうやらXRPの需要は増える(つまり、価値は上がる)と言ってます。

XRPの2つの役割とは?

ここで今一度XRPが持つ役割に立ち返って考えていきたいと思います!XRPには大きく2つの役割が存在します。それと同時にXRPが使われる場面でもあります。それは…いったいどのような場面かという事ですね!?

1・悪意ある攻撃からネットワークを保護する役割

2・ブリッジ通貨としての役割

3・ネットワークの保護

です!

まずはXRPの役割について述べさせていただきます!

ネットワークの保護…これは悪意を持つ人からリップルネットワークを守るためにあるのではないのかと思います!リップルネットワークでは送金する度に少額な手数料が必要です!この手数料が攻撃目的で連続送金などでネットワークに負荷をかけると指数関数的に増えていきますよね!?これによってどういう事が起きるのでしょうか…

攻撃者はすぐにXRPが尽きて破産することになるでしょう!その他の、注文手数料なども同様にネットワークを守るために設定されています。この手数料は、破棄されることになるので、徐々にXRPの発行総量は減っていきますね!

ブリッジ通貨について!

次にブリッジ通貨として役割の説明をさせていただきますね!!

これは一言でいうと「XRPはありとあらゆる通貨(価値)の交換を繋ぐ架け橋」としての役割です。

XRPに需要があるワケとは?

では、XRPが持つ役割をXRPの需要面から考えてみましょう。

まずネットワークの保護としての手数料について記載させていただきます!

リップルネットワークでは送金手数料は減りますね!なので、取引が増えれば増えるほどXRPの総数はどんどん減っていきますね!

どうなると思いますか?これで値上がる! と思いますよね?しかし、残念ながらこれは違います!一体どうしてでしょうか?リップル社が望んでないからです。Internet-of-Value(価値インターネット)の構築を目指しているリップル社にとって、送金手数料は限りなく無料であって欲しいと考えているのですね!!

たしか、現在の送金手数料の最低額は0.012XRPほどだったと思います。。

リップル社はXRPが値上って実質の送金手数料が増えるような事があったとしましょう、

そうなるのならば、送金手数料を下げると言っています。これでは取引回数が増えてXRPの価値があがるとはなりません。あくまでネットワーク保護目的以上又、以外の意味はないのですね!

ということで、価値が上がる秘密はやはりブリッジ通貨にあるのではないのでしょうか?

どうしてただのブリッジ通貨にそんなに需要があるのか考えてみましょう!いまは公開されてませんが、昔のリップル社の資料にXRPの役割を指して、”bridge currency” or “vehicle currency”と表現している文面があります!(資料のタイトルは”The Ripple protocol: A Deep Dive for finance Professionals”です!

お手元にある方は目を通してみても良いかもしれません。この資料が一番リップルネットワークの本質を説明していると思います。) そう、XRPは「価値を運ぶ乗り物(意訳)」とも訳せるんですね!

毎日、世界中で数多くの荷物が飛行機で運ばれています。日本からアメリカ、中国からドイツに、それこそ無数に。そして、飛行機に載る荷物の数は限りがあります!有限なのです!

さらに、空港のスケジュールが一杯で飛行機の増便は出来ませんよね?

そして、だんだん世界中が発展して、運ばれる荷物が増えていきます。すると…どうなるでしょうか?

飛行機に載せることが出来ない荷物が出てきます。しかし、飛行機の増便は出来ません。こういった現象が起きてしまいます!

これを解決するためには、1機の飛行機が運べる荷物の数を増やすしかありません。

飛ばせる飛行機の数が決まってる中では、より多くの荷物を運ぶため、飛行機の積載数を増やすしかありません。XRPは価値を運ぶ乗り物ですから、XRPの価値があがれば、運べる価値の量も増えますね!わかりますでしょうか?例え話です!

要するにに、1XRPが運べる価値(お金)の量は決まっているのです!

XRPの発行総数は1000億XRPが上限ですので、流通する価値が増えれば増えるほどXRPの価値が上がらないとお金という荷物を運び切れなくなりますね!

XRPを持つ必要(=需要)が生じれば、価値が上がっていくのはある種必然なのではないでしょうかね!

以上がリップル社が説明する「リップルネットワークが普及すれば、いずれXRPの価値は上がる」の理屈です。

ただ気をつけなければいけない点があります!まだ大量のXRPはリップル社の手中にあります。

つまり…価値を運ぶ乗り物の数は増える可能性があるので、短期的には価値が下がることもありえるという事ですね!

まとめ

今回については、リップルコインが今後どのような動きをしていくのかについてお話させていただきました!

では、結論です!何倍になるのか…断定はできませんが2倍、3倍になるのはほぼ確実ではないのかなと思っておりますね!

しかしながら、上がっていくだろうと予想はできてしまう事はそろっているねではないのかなと思います!

使用用途がしっかりと確率しているので一個人的にもリップルには凄く期待しております!

今回の投稿についは以上となります!ありがとうございました!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する