⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

今回は、「仮想通貨のチャートの見方」について説明します。いままで、チャートの見方がわからなかった人もこの記事を読めば理解できます。よろしくお付き合いくださいね。

チャート

株やFX取引の指標でチャートという資料を見ます。チャートはローソク足が一般的ですが、移動平均線や出来高なども重要な指標になります。

いずれも株やFXの売買のタイミングを見極めるための重要な指標です。この見方が理解できると、勘や運任せではなくデータに基づいた取引ができるようになります。それによって取引に勝つ確率を上げていきましょう。

チャートの基本中の基本ローソク足

ローソク足。あなたはこの指標、見たことありますか?「見たことない!」とおっしゃる人はおそらく無いと思います。この指標を見て、右肩上がりが続いたら「値段が上がっているんだな」。右肩下がりが続いたら「値段が下がっているんだな」ということは、なんとなく理解できますよね。

ローソク足には、それだけではなくもっとたくさんの情報を表しています。その情報の中身について説明していきましょう。

ローソク足の4つの価格情報

ローソク足は、ある一定期間の始値、終値、高値、安値の4つの価格情報を表現しています。

始値

一定期間の最初についた価格

終値

一定期間の最後についた価格

高値

一定期間の中で最も高い価格

安値

一定期間の中で最も安い価格

ローソク足の形を見ると、ある一定期間の高値と安値を四角で表現しています。横軸を時間(左が期間の初め、右が期間の終わり)、縦軸は価格(始値と終値)、ヒゲ(上が高値(上ヒゲ)、下が安値(下ヒゲ))

陽線

始値と終値を比較して、最終的に価格が上がった白い実体ローソク足を陽線と呼びます。

陰線

始値と終値を比較して、最終的に価格が下がった黒い実体ローソク足を陰線と呼びます。

ローソク足は、なんと!なんと!日本発祥だそうです。そして江戸時代から使われていたそうです。視覚的にわかりやすいという理由で、海外でも人気があるチャートです。

ローソク足は、その期間によって「日足」「週足」「月足」「5分足」等があります。長期保有を目的にしている人は月足チャートを見ます。デイトレードを行う人は、5分足チャートを見ます。それぞれの目的によってチャートを使い分けます。いずれにしてもローソク足チャートは、いちばん基本的なツールです。

ローソク足の形状から見る【買いシグナル】

大陽線

実体が長く価格が大きく変動するほど買いの勢いが強い。大陽線は強い買いのサイン。底値で大陽線が出たら大チャンス。

下影陽線

下ヒゲが長いのが特徴で、一度は下がったものの、最終的に上がってきた状態。下影陽線が底値で出た場合は、この後上昇に切り替わる可能性が高い。形状からカラカサ(陽線)と呼ばれるそうです。

下影陰線

下ヒゲが長いのが特徴で、一度は下がったものの、最終的に上がってきた状態。下影陰線が底値で出た場合は、この後上昇に切り替わる可能性が高い。形状からカラカサ(陰線)と呼ばれるそうです。

トンボ

始値から一度は下がったものの、最終的には始値まで戻ったという状態です。下影陽線、下影陰線同様にトンボが底値で出た場合は、上昇に切り替わる可能性大。買いのチャンス!

十字線(底値で出た場合)

相場全体が様子見しているときに出るローソク足です。この後流れが変わる転換点。底値で出た場合は、買いです。

陽の丸坊主

大陽線の中で上ヒゲも下ヒゲもついていないもの=「陽の丸坊主」。始値から終値まで一気に上昇した状態。特に強い買いのシグナルです。

ローソク足の形状から見る【様子見のサイン】

小陽線

実体が短いため価格の変動が小さかった。売り買いのバランスが均等で、上がるか下がるか見極めの様子見の状態です。

小陰線

小陽線同様、実態が短いため価格の変動が小さく、売り買いのバランスが均等、小陽線と全く同じ状態ですから様子見です。

ローソク足の形状から見る【売りシグナル】

大陰線

実体が長く価格が大きく変動するほど売りの勢いが強い。大陰線は強い売りのサイン。天井圏で大陰線が出たら大チャンス。

上影陽線

上ヒゲが長いのが特徴。一度は上がったものの最終的には下がってしまった。この後は下落が予想されるローソクです。形状からトンカチと呼ばれるそうです。

上影陰線

上ヒゲが長いのが特徴。一度は上がったものの最終的には下がってしまった。上影陽線同様、この後は下落が予想されるローソクです。形状からこれまた上影陽線同様、トンカチと呼ばれるそうです。

トウバ

始値から一度は上がったものの、最終的には始値まで戻ったという状態です。上影陽線、上影陰線同様にトウバが出た後は、下落に切り替わる可能性大。

十字線(天井圏で出た場合)

相場全体が様子見しているときに出るローソク足です。この後流れが変わる転換点。天井圏で出た場合は売りです。

陰の丸坊主

大陰線で上ヒゲも下ヒゲもない者が陰の丸坊主と言います。始値から終値まで一気に下げ続けた状態です。この状態では買えませんね。当然売りのサインです。

ローソク足だけでも、さまざまなサインが現れますね。一つ一つ意味を確認して相場の分析に生かしてください。ただ、ローソク足で分析して予想しても、相場が予想通りに動かないこともあります。ローソク足だけでなく、移動平均線、出来高等他の指標も参考にして判断してください。

移動平均線

移動平均線とは?「一定期間の終値をつなぎ合わせて線にしたもの」です。過去の相場を検証するとき、ローソク足のチャートに移動平均線を入れることによって、相場の流れが理解できます。

移動平均線の期間

移動平均線の設定は、任意に設定できます。特にこだわりがなければ25日・75日・200日の移動平均線を使うことがお勧めです。

移動平均線の見方

移動平均線の見方は、

・ローソク足との位置関係を確認する

ローソク足が移動平均線より「上」にある時は上昇相場です。

ローソク足が移動平均線より「下」にある時は下降相場です。

ローソク足が移動平均線に重なっているときは横ばい相場です。

・移動平均線の傾きを見る

移動平均線が、右肩上がりで角度が急であると上昇相場です。

移動平均線が、右肩下がりで角度が急であると下降相場です。

移動平均線が、水平であると横ばい相場です。

この2点を確認してください。

移動平均線の見方②

3本の移動平均線を1組として相場を見る

短期視点、中期視点、長期視点の三本の移動平均線を表示する。相場を見ていて、長期的には上昇のサインの圏内でも、短期、中期の視点で見ると下降相場にある場合もあります。短期視点、中期視点、長期視点の三本の移動平均線で確認をすると短期、中期視点での下降相場のサインを見逃すことはありません。

まとめ

ローソク足 + 移動平均線 + 出来高

ローソク足と移動平均線で上昇相場を確認して、さらに出来高も増加しているという状態なら「買い」入れるのに何の不安もないですよね。

しかし、仮想通貨はそれ以上にニュースによって相場が変動します。2017年3月のビットコインの相場を見ればわかります。3月16日~3月19日にかけて4万円近く下落しました。これはアメリカ証券取引所が、「ウィンクルボスのビットコインETFを否認した」というニュースを嫌気して売りが強まったことが原因です。

3月24日にも大きく下落しています。これは「ビットコインのハードフォーク危機」によって売られています。また、3月30日には、「三菱東京UFJ銀行が世界の大手銀行6行と提携してリップルを使った送金網に参加決定」というニュースで急騰。

このように、仮想通貨はファンダメンタルだけではなく、ニュースに影響されることが大きいですね。それだけ影響力のあるニュースだと言えます。とはいえ両方とも相場を構成するパーツなので、よく分析して方向を見極め利益を上げてください。

仮想通貨は大きく価格が変動することがあります。判断は自己責任でお願いします。最後まで記事を読んでいただいてありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する