⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

価格変動率が高く、乱高下の激しいビットコインですが、年明けてからも高値をキープ。「仮想通貨法」が施行された2017年4月1日以降も13万円台を保持し、2020年の東京オリンピックに向けて、さらに価格高騰が見込まれています。

「今からでも遅くない!」とばかりにビットコインの購入を検討している人も多いでしょう。しかし、実際に購入する段階になると敷居の高さを感じる人が多いと聞きます。そこで、ビットコイン単位の見方や購入時の注意点などをまとめてみました。

ビットコインを手にする方法

初心者の方がビットコインを購入しようと思えば、販売所を利用するのが一般的です。

販売所が取引の相手方となり、顧客にビットコインを販売する事業形態をとっています。

2017年4月1日に「仮想通貨法」が施行され、販売所を利用する場合、本人確認などの作業が厳格化されましたが、その分、信頼度は増しました。

何より手軽にビットコインを手に入れることができる利点があります。

クレジットカード決済や銀行送金に対応し、購入したビットコインを顧客が指定したビットコインアドレスへと販売所が送付します。

販売所は交換所などでビットコインを仕入れ、手数料を上乗せして販売しています。

従って、若干価格は高めになる傾向にあります。

ビットコインの購入や販売所の扱いに慣れてきたら、交換所を利用すべきでしょう。

交換所は、売買の場を提供する事業者で、株式取引所のようなイメージです。

円やドルなどの法定通貨とビットコインを売り買いします。

交換所では、売り手と買い手の提示価格や取引量によってビットコインの価格は刻々と変化して行きます。

タイミングの見極めが重要で、ビットコインを安く買えることがある半面、高く買うケースもあり得ます。

株式取引所のようにトレーダーが多く参加しているため、大口のビットコインを取引できることが利点です。

利用者は本人確認を行い、取引口座を開設後、基本的には銀行送金でビットコイン購入資金を取引所に預け、相場を見ながら購入していくことになります。

ビットコインを売って、現金化することもできます。

ビットコインの通貨記号「BTC」

ビットコインの通貨記号はBTC(ビーティーシー)と表記されます。

日本円をJPY、アメリカドルをUSDと表記されるのと同様です。

1ビットコイン=1BCTです。

大きな単位ならBCT建てで数えます。

例えば10ビットコインなら、10BTC(10ビーティーシー)という呼び方をします。

逆にビットコインは1BCTより小さな単位に分けることができます。

ビットコインは、1BTC以上でないと購入できないと勘違いされている人がいますが、通常は数百円単位でも購入できます。

細かいことを言えば、1ミリビット= 0.001BTCや1マイクロビット= 0.000001BTCなどがあります。

ミリはゼロが3つ、マイクロは6つなどと覚えておきましょう。

現状の1BTCが13万円台なら、0.001BTCは約130円。0.000001BTCは約0.13円になります。

ビットコインは、さらに細かく、小数点以下8桁まであります。

最小単位「satoshi」

ビットコインの小数点以下8桁のことを「 satoshi(サトシ)」と呼びます。

ビットコインの提唱者である「nakamoto satoshi(ナカモト サトシ)の名前が由来しています。

これがビットコインの最小単位です。

1satoshiは、0.00000001BTCです。

ビットコインは基本的にデフレ通貨ですので、将来的には1satoshiまで細分化されて取引されるようになると言われています。

ビットコイン以外の仮想通貨のトレードでは普通、ビットコインが決済通貨になるケースがほとんどです。

将来的には普段の買い物でも、トレ―ドする場合でもsatoshi単位が飛び交うようになるでしょう。

ビットコイン 最低取引単位

ビットコインの単位BTCの下の単位であるsatoshiは、1億分の1BTCです。

わかりやすく、1BTCが日本円換算で10万円のとき、1satoshiは0.001円になります。

通貨としての価値を考えれば、理屈の上ではビットコインは0.001円から買えるということになります。

ただし、ビットコインのシステム上の都合で、通常は546satoshi以下の送金は承認されません。

546satoshi以下の数量を「ダスト(dust)」と言います。日本語で「ゴミ」です。

従って、1BTCが10万円のとき、1satoshiは0.001円となり、最低取引数量は546Satoshiで、ビットコインは0.546円から買えるということになります。

0.001円×546=0.546円ということです。

0.546円は1円の半分強です。1円以下です。

つまり円の単位の下の「銭」ということになります。

0.546円は約5銭ということになりますが、現在の日本では流通していません。

通貨というからには当然、日本円の最低単位1円から交換できなければなりません。

ということで、各取引所で1円からビットコインが買えるのか・・・となりますが、実際はできません。
なぜなら、各取引所ともシステム構築に投資しています。

1円での取引では、手数料が小さすぎて採算が合いません。

各取引所とも最低取引数量を決めています。

bitFlyer(ビットフライヤー)=0.001BTC

coincheck(コインチェック)=0.005BTC

Zaif(ザイフ)=0.0001BTC

1BCTが10万円なら、0.001BTCは100円です。0.005BTCは500円。0.0001BTCは10円です。

こうしてみると、各取引所とも結構少額でも取引可能です。

初心者の方は、まず100円で取引してみてはいかがでしょうか。

アドレスとウォレット

ビットコイン取引を始めると、アドレスとウォレットという単語が頻繁に出てきます。

アドレスとは、「口座番号」のことです。

英数字の長い文字列やQRコードで表示されます。

そのアドレスを保管しておく場所がウォレット(財布)です。

ビットコインは通貨ですが、実際はコインという現物はなく、暗号化されたアドレスの羅列です。

ウォレット(財布)はアドレスの集合のことで、財布の中に自由にアドレスを追加していくことができます。

ビットコイン送金するときは、相手のアドレス宛に送信することになります。

ビットコインにおけるお金のやり取りは、各ビットコインアドレスの残高の増減として認識されています。

公開鍵(パブリックキー)と秘密鍵(プライベートキー)

ビットコインには公開鍵(パブリックキー)と秘密鍵(プライベートキー)の2種類の鍵があります。

公開鍵は、文字通り全世界に公開されます。

公開鍵は、ビットコインの送付の際に使用されるビットコインアドレスです。

ビットコインを送付する際は、相手のビットコインアドレスを指定すれば送付できます。

秘密鍵はその逆で、自分にしかわからない暗号鍵です。

ビットコインを送付する際は、ビットコインアドレスに「秘密鍵」で署名をすることで、初めてビットコインを送付することが可能になります。

秘密鍵で署名されたビットコインアドレスは、ビットコイン受取人にしか解読できないようになっています。

秘密鍵こそがビットコインの所有権を証明できる唯一のものです。

秘密鍵を持っている人にしか、そのビットコインアドレスの中身を動かすことができません。

秘密鍵は極めて大事なものです。誰にも見られてはいけません。

その保管は極めて大事です。慎重に保管しておきましょう。

ちなみに、多くのウォレットは秘密鍵を自分で見ることがありません。

ウォレット運営が秘密鍵を管理してセキュリティ管理されております。

署名も勝手に行ってくれます。

あなたは相手のビットコインアドレスさえ分かっていれば簡単に送金や受金することができます。

メールアドレスの技術的な仕組みが分かっていなくても、大方の人はメールのやり取りができますよね。

それと同じようなものです。

まとめ

ビットコインに興味が湧いてきて投資目的で購入したいって方は、専門的なシステムを深く知る必要はありません。

おおよその仕組みを理解すれば、事足ります。

しかし、理解を深めて損するものではないでしょう。

知識が深まれば、少なからずビットコインについての不安が取り除ける効果があるはずです。

積極的に情報を収集すれば、投資にも役立ちます。

ネットで検索し、少額からでもビットコイン取引を経験していけば、慣れが知識の深まりにつながります。

ビットコインに限らず、仮想通貨全般の勢いは、もはや誰にも止められません。

あなたも夢あるビットコインライフをスタートしてみてはいかがでしょうか!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する