⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年4月1日から施行された「仮想通貨法」により、現実社会のリアル店舗でも利用機会の増加が見込まれるビットコイン。その普及が進むにつれ、購入方法も多様化してきています。

ビットコインATMで入手することもできますが、まだ設置数は少なく、一般的な購入方法は取引所を利用したオンラインです。その取引所での一番オススメの購入方法を検証。また購入時に留意しておきたい点など、ビットコイン購入に関してまとめてみました。

ビットコイン主要取引所

日本国内でのビットコイン取引所は現在11社あります。

その中で信用性や安全性を見極めるポイントとして、資本金やどんな大手企業が出資(株保有)しているか、がひとつの目安になります。

資本金の多さ、出資会社の知名度からbitflyer(ビッドフライヤー)が抜きん出ています。

資本金39億弱(資本準備金含)で、株主としてSBIインベストメント、リクルート、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、GMOグループなど大手企業が名を連ねています。

取引量、ユーザー数とも日本一で、現状最も安全性の高い取引所と言えます。

coincheck(コインチェック)も、決済手段としてのビットコインに注力している点で最近注目の取引所です。

他の取引所が基本的に取引やトレードをビジネスの中心にしているのに対し、コインチェックは安くて速い支払い手段としてのビットコインを追求しています。

モバイルウォレットとしても機能するアプリを提供、ユーザーがビットコイン購入から支払いまでスムーズに移行出来るような工夫がされています。

投資というより、とりあえず少額からビットコインを始めてみたい初心者にオススメの取引所です。
マイナス手数料というインパクト大のビジネス手法を用いているZaif(ザイフ)も急成長している取引所です。

要はトレードすればするほど、ザイフからボーナスがもらえるという仕組み。

手数料ゼロの取引所は他にもありますが、マイナス手数料を導入しているのはZaifだけです。

初心者向けと同時にトレードに慣れた人などもバランスよく取り込むことを考えられた取引所です。

購入時に留意したいポイント

ビットコインを購入する際、取引所選びが重要なポイントになりますが、同時に留意したいのは購入後のセキュリティです。

名目上は仮想通貨というものの、実際は法定通貨の日本円と同様に実際の買い物も行えるビットコイン。

言うまでもなく現実と同じ価値があります。

実際にお金を払って購入する以上は軽く扱うわけにはいきません。

公的な通貨ではないビットコインは自己管理が必須条件です。

トラブル被害などで紛失してしまっても誰も保証してくれません。

ビットコインは自己管理を徹底しなければいけません。

また、取引所でトレードする際にはお互いの信用が大事です。

詐欺被害などのトラブルに遭わないためにも取引所の信用面も重視すべきポイントになります。

購入時の支払い方法

取引所でビットコインを購入する場合は日本円を取引所に入金しておいて、それをビットコインに換金する方法がほとんどです

ビットコイン購入時の支払い方法は、銀行振り込みかクレジットカード決済、またはコンビニ払いがあります。

取引所によっては他の支払い方法もありますが、多くの場合はこのいずれかになるはずです。

銀行振り込みの場合は、入金確認や銀行の受付時間の関係などでビットコインの購入から反映まで比較的時間がかかります。

クレジットカードでの支払いは日時を気にすることなく、その場で決済を完了できる点が便利です。

スピード決済でビットコインを購入したい場合はクレジットカード払いがおススメです。

しかし、クレジット決済にはクレジット会社に支払う手数料などが上乗せされ、通常購入より費用がかかります。

取引所への入金をコンビニで支払うことによってビットコインを購入する方法もあります。

銀行口座の登録が必要なく、現金で入金が可能で、チケット購入など店舗端末の扱いに慣れた人なら手軽にできます。

ただ、通常以上の手数料がかかる点がデメリットです。

銀行振り込み、クレジット決済、コンビニ支払い、いずれにも一長一短がありますが、どれを選ぶかは自分の都合に合わせるといいでしょう。

急いでいる場合、そうでない場合など、その時々に合わせて使い分けるのが賢明と言えます。

ビットコイン取引をする際の類似用語

ビットコインの取引をする際によく似た用語に出会います。

取引所、販売所、交換所です。

その違いは何でしょう?

取引所は、文字通りビットコインの取引をする場所です。

株式の売買と同様にビットコインを買いたい、売りたいという人が注文を出し、売買で価格が一致するときに取引が成立します。

いわいるトレード場です。

交換所も同じ意味です。

普通、取引所と交換所をまとめて「取引所」と呼びます。

販売所は、その名の通り、ビットコインを販売している場所です。

場所と言えば、どこかに対面店舗するところがあるのかと思われそうですが、実際は実店舗はありません。

すべてインターネット上で完結します。

そして、販売所でビットコインを販売しているのは、運営者側です。

買うのは一般のユーザーです。

価格は運営者側が提示します。

取引所と販売所、どちらにもメリットがあればデメリットもあります。

トレードに不慣れな初心者は、まず販売所でビットコインの売買に慣れることをおススメします。

ビットコインの売買に慣れてから、取引所で個人間のトレードに進むべきではないでしょうか。

ビットコイン取引所の仕組み

ビットコインの売買をする場合、取引所を利用するのが最も効率的で簡単な方法です。

本来ビットコインなどの仮想通貨は買い手と売り手が取引所を介さずに直接取引をすることができる性格を持ちます。

しかし、それだと買い手と売り手のどちらもどこにいるのか分からなく、その存在を探すのに非常に手間がかかります。

実に効率の悪い話になります。

そこで取引所は市場という場を設けて、買い手と売り手に集まってもらい、取引が成立しやすい環境を作っているのです。

販売所のメリットは、誰と売買をしているのかが明確に解ることです。

販売所の運営者が提示する金額で確実に購入することができます。

取引所でのトレードに慣れた人の中で、販売所は不要と考えている人が結構いるようです。

しかし、万が一のことを考えて販売所での取引も考えおくべきではないでしょうか。

ビットコインは非常に価格変動率が高い銘柄です。

価格の乱高下が激しく、高騰している時は売りたい人が多く出現し、逆に下落している際は売り抜けたいと考える人が多数を占めます。

しかし、このような状況だと取引が成立しにくくなります。

売買不成立になるケースが多くなります。

このような状況になった際に販売所を使うのです。

売れない状態なら販売所に売り、購入できない状況なら販売所から購入すればよいのです。

ビットコインは価格変動率の高い点が大きな魅力ですが、トレードに慣れた人は販売所を見落としがちです。

取引所も販売所も有効活用するのが賢明といえるでしょう。

ビットコインのリスクを考える

ビットコインはまだ歴史が浅く、普及するうえで不透明な部分が内在している点も否定できません。

ビットコインが通貨としての価値が認められるのは、取引記録の改ざんが不可能というシステムに全幅の信頼が置かれているからです。

そのブロックチェーン技術の信頼性は誰もが認めるところですが、取引所の危険性は過去に例をみます。

2014年におこった「マウントゴックス騒動」。

取引所がハッキングされ、ビットコインを抜き取られたり、取引所が破綻するケースが存在しています。

取引所の運営者がビットコインを横領する・・・というケースも考えられます。

現状、ビットコインの取引所はほとんどが新規に立ち上げられた会社です。

当たり前の話ですが、歴史の新しい仮想通貨を扱う会社は、それ自体、過去の実績がありません。

2017年4月1日からの「仮想通貨法」の施行によって、仮想通貨の取引所が登録制になりました。

仮想通貨を扱う取引所に関しては監査法人の監査を受けることが義務化され、取引業務に関する帳簿書類を作成し、事業年度ごとに内閣府へ報告書を提出することも義務付けられます。

また、内閣府が必要だと判断した場合には、業務の運営や財産状況に応じて業務改善命令が出されます。

こうした法律面をクリアしているかどうかの見極めが、ビットコインのリスク回避のひとつの方策になるでしょう。

あとは、ビットコインを保有する際のセキュリテイです。

自分自身のパソコンやスマホがハッキングされ、ビットコインをすべて失う・・・という危険性も考慮しておかねばなりません。

自分の財産は自分で守るしかありません。

ビットコインをハッキングされ失っても、その保証は難しいと考えておくべきでしょう。

まとめ

「仮想通貨法」の施行により、ビットコイン取引所の信頼度が担保されるようになりました。

ビットコインの取引が今後ますます活発化していくでしょう。

長期目線でみれば価格は着実に上昇し、世界でもさらに利用が広がることが予想されます。

投資目的でも利用目的でも自分に合った目的でビットコイン保有すると、より自由な経済活動が行えるようになるでしょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する