⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ようこそ!「仮想通貨投資ランキング」のページに!

2017年4月早々に、日本経済新聞朝刊で「ビットコイン対応26万店、リクルート系やビックカメラ導入 投資対象から決済へ」という見出しで掲載されました。

今年はビットコイン対応店舗が増えていましたが、4500か所程度でした。それが一気に26万店舗まで拡大しました。今までビットコインを知らなかった人たちも興味わきますよね。ビットコインを含む「仮想通貨」の利用が、拡大する気配がプンプン匂ってきました。

今回は、「仮想通貨プレセール一覧」というタイトルで記事を書きます。プレセール中の仮想通貨について、説明していきますのでよろしくお願いします。

仮想通貨

仮想通貨の近況

冒頭にもご案内しましたが、ビットコインがここにきて注目を集めていますね。2017年3月には、「米SEC、ウィンクルボスのビットコインETFを否認」や「ハードフォーク危機」等ネガティブな事案の影響で、価格が下落するタイミングがありましたが、その都度上昇方向に向っています。

そして、4月に入って冒頭にご案内した、「ビットコイン対応26万店~….」の記事に繋がっていきます。そして、2017年4月と言えば、「仮想通貨に関する新しい制度」が始まりました。利用者保護とマネーロンダリング対策の観点から、仮想通貨交換業者(取引所)に対して一定の義務を課すことになりました。監督官庁は、金融庁・財務局です。

仮想通貨プレセール情報を取る

仮想通貨を手に入れるには、通常、取引所で購入(両替)します。日々取引所で売買が行われています。

新しい仮想通貨を発行する場合、について説明しますね。新しい仮想通貨をここでは説明用に「Aコイン」と呼びます。一般公開される前に、クラウドファンディングといって、資金集めを行うことがあります。この資金を使って、Aコインの開発や、Aコインを使うためのインフラ整備(法定通貨や他の仮想通貨に交換するATMの設置や、Aコインが使える店舗を増やす等)を行うことによって、Aコインの価値を上げていきます。

Aコインの公開前に、使いやすく便利なコインに仕上げて、一般の認知をどれだけ浸透出来るか。これにかかっていますよね。そして、クラウドファンディングで資金を集める場合には、公開前にAコインを安い価格で購入出来るというメリットがあります。

Aコインの公開前に買うので、「プレセール」と呼びます。プレセール期間は発行するコインによって違いますが、1年から2年程度の期間で、数回に分けて発行予定数量の〇〇%と決めてプレセールを行います。プレセール期間中に2倍以上値上げするコインは、「詐欺の可能性が強い」と言われていますので、注意しましょう。

安く仕入れたコインに、価値がついて値上がりすれば利益が取れます。ビットコインのように、大きく値上がりする仮想通貨は今後出てくるかどうかわかりませんが、大きな「キャピタルゲイン」が望める仮想通貨に出会いたいですね。

仮想通貨プレセール情報。この情報を取るには?

ICO Countdownというサイトで見ることが出来ます。(ICOのカウントダウン)

このサイトでは、19種類のコインが掲載されていました。公開日までのカウントダウンが表示されています。残念ながら私が知っているコインは一つもありませんでした。

コイン名          Days    Hours    Minutes   Seconde

LUNYR           17       19                    5                 50

SKYCOIN               15                 19                       5                 50

MobileGo                            13                  19                       5                 50

こんな感じで表示されていますが、公開日までのカウントダウンだけで、コインの内容は解りません。

ほかには、cryptocurrencymagazineがあります。「暗号通貨マガジン」というページです。このページには4種程度の仮想通貨の説明があります。この中からMobileGoを見てみましょう。

MobileGoトークン

ゲーム業界のリーダーであるDatcroft LTDとの2年間の開発後、Gamecredits最初のクリプトモバイルゲームストアの開発をほぼ完了しました。 このモバイルゲームストアには、ゲーマーがGamecreditsを使用してゲーム内のコンテンツを購入できる独自の支払いゲートウェイがあります。 Gamecreditsは、このゲートウェイ内でクレジットカードやその他の支払い方法で得ることができます。 150人の開発者からの300以上のゲームがすでにサインされており、Gamecreditsモバイルストアは2017年の第2四半期にリリースされる予定です。

ICO Countdownwでは、あと13日で公開。と表示してあります。2017年第2四半期なので情報は一致しましたね。また、「2016年の世界のゲーム業界の収益は$996億(10兆9560億円)。2019年には20%upの$1,186億(13兆460億円)になると見込まれている。」と記されています。MobileGoがゲーム業界でどれ位使われるか、注目です。

プレセールが終了して、公開を待っているADAコインの開発コンセプトも、「ゲームやカジノで使える」と聞きました。13兆の市場を仮想通貨がどのように埋めていくかの争いです。

クローバーコイン

次に注目するコインは、ICO Countdownwには掲載されていないのですが、クローバーコインが気になります。クローバーコインはネット上に情報があまり流れてこないのですが、「プレセールが6月に始まって、年末には公開される」ようです。海外でも準備が進んでいるようなので、公開後のキャピタルゲインが期待できそうです。

ノアコイン

なんといっても一番の注目は、現在第2期プレセール中のノアコイン。フィリピンの大使館ニュースで「ノアプロジェクトが『国家プロジェクトではない』と掲載された。」件を取り上げて、詐欺だとか言われてています。

ノアコインの購入を勧めている私たちは、「国家プロジェクト」とは説明していないです。フィリピンの多くの財閥や企業が協賛してプロジェクトを勧めている状態を「まさに国家的プロジェクト」フィリピン国がかかわっているようなプロジェクトであることを説明しているのです。

ノアコインについては、ノアコイン購入方法まとめ のサイトで説明していますのでご確認ください。

まとめ

プレセール中の仮想通貨については、ICO Countdownwのサイトで確認してください。このサイトでは、公開日までのカウントダウンを表示しています。

プレセール中の仮想通貨の内容については、cryptocurrencymagazineに詳しく掲載してあります。内容をよく確認して購入してください。プレセールで仕入れてキャピタルゲインを狙う。大変有効な投資ですのでお勧めします。

なお、投資に絶対はございません。仮想通貨は価格の変動が大きいです。自己責任で判断してご購入ください。最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する