⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆様!

こんにちは!

本日については、仮想通貨における金融庁から交換者に向けての法規制内容についての投稿という事で…

少し難しい内容の記事になっていますが、これから仮想通貨を交換する方、またはもうすでに、交換されている方は絶対に把握しておかなければいけない内容となっている記事となっております!

一言一句逃さないように理解を深めながら御覧下さいませ!!

では始めますね!まず始めに…

2016年5月25日仮想通貨法について!

2016年5月25日の出来事です!

参院本会議で改正資金決済法「仮想通貨法」(仮想通貨規制が成立)がいよいよ可決されました!

この出来事により、1年以内に仮想通貨法が施行されことが決まりました!

改正資金決済法は仮想通貨を決済手段に使える「財産的価値」と正式に定義したものです!

「情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案」が成立しました。

その中の「資金決済に関する法律」に「第三章の二 仮想通貨」が追加されました。これを仮想通貨法といいます。

仮想通貨「貨幣の機能」と認定される!

ビットコインなどの仮想通貨に「貨幣の機能」を持つと認定する法規制案が閣議決定した。資金決済法を改正する方針だという。

仮想通貨の取引所は登録制とし、金融庁が監督官庁となります!

法改正案には「仮想通貨」の定義として、2点を明記いたしました!

一つ!物品購入などに使用できる「交換の媒介」の機能が確立されました!

2つ!不特定多数に対した購入や売買を通じて「法定通貨と交換」できるようになった!

今回予定される主な法規制は、大きく金融法制と警察法制に分かれるそうです!

ここまでご理解いただけてますでしょうか?

わからない方は何度も読み返しが必要です!!とても大事な事です!よくご理解下さいね!

次にいきます…。

金融法制とは一体どういうものか…!

1つ!登録制による新規参入の規制をかける。

2つ!自社の資産と顧客の資産を分けて管理する分別管理義務にする!分散管理型暗号通貨ですね。

3つ!分別管理に対する外部監査をさせる。

4つ!利用者保護措置に係る行為規制をかける。

です!これらが金融法制となってきております!

警察法制について

本人確認義務と疑わしい取引の届出が義務づけられてきました!

こうなる事によって…どういった規制がかかるのでしょうか。。…

最低限度の規制の枠組みはできるようになるかもしれません!しかしながら、断定はできません!

仮想通貨法について…。

仮想通貨法での規制について記載いたします!一体どのように規制がかかってくるのでしょうか。。?では、見てみましょう!

1つ!金融庁が監督官庁となって取引所に業務改善や停止の命令を出せるようにする。

2つ!仮想通貨がテロ資金やマネーロンダリングに利用される事を防ぐための規制。

3つ!仮想通貨をユーザーが安全に利用できるようユーザーを保護するための規制をする。

このような規制がかかってきます!しっかりとご理解下さいませ!

2017年日本では、ビットコイン関連の法律が決められる!

2017年春の事です!まさに今ですね!

日本国内でビットコインを利用したり取引したりする際、ユーザーにとって安全度は高くなることが期待できますね!安心してビットコインの使用ができてくる未来になるでしょう!

また、法施行で仮想通貨を利用・取引する時の安心度も上がっていくのではないでしょうかね?

2017年から施行される法律では、ビットコインを「支払い手段として利用できる財産的価値のあるもの」と定義していますしね!利用者がどんどん増えていくのは間違いないでしょう!

また、そうなる事によりビットコインの価値が上昇致します!

これまでビットコインには法上の定義がなく「もの」として扱われている状態でした!これからはしっかりと貨幣、通貨としての扱いが認められてくるでしょう!

また、「支払い手段」と認められることになります。

支払い手段として正式に法律で扱われることになると、入手時の税金について配慮されたり、ビットコイン決済ができる場所が増えるなど、より支払い手段としてのビットコインに対しての安心などが高まることに期待が膨らみますね!

また、法施行後は仮想通貨の取引所に対する規制が明確となります!取引所を運営する業者は内閣府に登録を行うこと、会計監査、また破綻した際の利用者の財産の返還などが義務付けられます!

取引所利用者の預ける資金と取引所の運営資金との分別管理も義務付けられれます!そうする事によって…法令に違反するような運営が行なわれた場合はにつきましては、業務停止などの処分が課される事になります!

仮想通貨の利用者や投資家にとって、これまでは取引所が破綻した時などの損失については取引所の善意任せで法規制がありませんでした。

こうしたリスクヘッジが今回の法規制によって軽減されることが期待できるようになるのではないでしょうか!!

ビットコインの法的な扱いは各国によって異なりますが、まだ法的にしばられていない国などが多数存在いたします!

また、EUなどのようにリアルタイムで法整備を進めようと動いている段階の国が多い中、今回の日本の法改正は世界的に見ても早い対応だと言えますね!我が国日本では仮想通貨ビットコインに対してとても前向きな姿勢をみせていると言っていいでしょう!

仮想通貨に期待される未来とは一体どういうものか!!

仮想通貨には送金・決済の分野を大きく今までの常識を覆すような可能性が秘められていると思います!

また、欧米などの先進国や銀行口座所有者の少ない途上国でも大きな注目を集めているますし、スマホ1台あればウォレットをつくれてしまうのでとても魅力的なものとなっています!銀行口座をもっていない方でも安心して使えるものとなっていますね!

銀行や証券会社などの金融機関が顧客利便の向上や業務の効率化による健全性確保のためにも、仮想通貨を業界横断的に検証すべき取り組み課題であるてしょう!

日本国内の金融イノベーションを潰さないためにはどうすればいいかんがえてみました!

…国際市場に後れを取らないためにも、ガチガチな規制でも野放し状態でもない、程好い規制というのが望ましい形ですね!そういう観点からは、総合的に考えて新法対応に落ち着くのではないかと考えていますね!

未来のある革新的テクノロジーとして、現実に使えるかたちで法整備が進むようになってくるのではないのでしょうかね!

今月の仮想通貨のますますの発展に期待が膨らみますね!

まとめ

今回については、少し難しいお話になってしまいましたね!しかしながら、何度も言うようにとても大切な記事となっております!何度も読み返して理解度を深める必要性がありますね!

もうすでに決められている規制や、これから決められていくであろう規制について…ビットコインは我が国日本で認められてきています!

最近では、ビックカメラもビットコイン決済をと取り入れる話を耳にいたしました!

さまざまな実店舗でのビットコインの信頼度、価値の上昇をはかっていってます!

そうするためにもビットコインを利用上の規制をする事は必要不可欠であり、さまざまな規制がかけられていく事は間違いない話であり、ビットコインを活用するにあたり、利用上最低限の理解をしておかなければいけませんね!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する