⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆様!

お疲れ様です!

今回については、ビットコインの今後関係してくるであろう会社についての記事の記載をさせていただきます!!よろしくお願いいたします!

では、始めさせていただきます!

ビットコインの知名度、使用率!

まずは、知名度と使用率です!

皆様、まだビットコインというのがそもそも何なのかという方がいるのではないでしょうか?

しかし、今回については、既存の方向けの記事の投稿です!

ご了承下さいませ。

仮想通貨であるビットコインで支払いができるお店が、2016年の1年間で4倍以上に増加したという記事を見つけました!

この結果から見て、確実に日本国内でビットコインが普及していることが言えます!

現在、コインチェック(coincheck)という国内の仮想通貨取引所が、率先してビットコイン決済の導入…、つまり加盟店増加に向けた動きを進めているところだそうですね!

以前からビットコイン事情を知っている人からすると、たった1年でまさかここまで加盟店すうが増加するとは予想していなかったのではないでしょうか。

一個人としても、このように成長するとは思ってもみませんでした!

ビットコイン決済が可能なお店が増えるということは、今後さらなるビットコインの普及に向けて、大きな影響を与えていくのは間違いないと考えられます。

国内よりも海外ではさらに加盟店が増加している事実について!

先ほど、2016年の1年間で加盟店数が4倍以上に増加したとお伝えさせていただきました!

さらにいうと、この直近の数ヶ月だけでも急激に増えていて、この期間だけでも4倍ほど増加して加盟店数は4000店を一気に突破したということなんです!

加盟店の業種としては飲食店はもちろんのことですが、ネイルサロンや美容室、さらにはリフォーム会社といったように多業種に広がってきていることがあげられます!

しかし…

日本の仮想通貨業界は2年ほど海外から遅れをとっているとされ、日本以上に海外の方ではビットコイン決済ができる店舗がかなり増えてきています。日本も着々と増えていっている事は事実です!

また、旅行会社大手のExpedia(エクスペディア)や、コンピューターメーカーとして有名なDELL(デル)などといった世界的にも有名な企業が続々とビットコイン決済を導入しています。

ビットコインはどのようなところで使えるの?

まだビットコインを持ったことがない人や、最近になって持ち始めたばかりの人からすると、

「どういうところでどのように使うのだろうか?」
「日本でも海外でも使えるのだろうか?」

など、ビットコインを使用する場所について、まず疑問に思うところではないでしょうか。

私も当時はそうでした。

ビットコインの利便性として、第三者を介することなく直接相手に送金できることが挙げられますが、実は、誰でも知っているようなところでビットコインを使うことができるのです。

たとえば、iTunesやAmazon、楽天などでビットコインを利用することができるし、国によってはファミリーマートやスターバックス、バーガーキングなどでも利用できてしまいます。

ここではカテゴリ別に主なものを挙げてみます。

オンライン

iTunes、Amazon、楽天、PayPal、DMM、Expedia、nanacoなどがあります。

以下に、より具体的に見ていきます。

コインギフト

ビットコインやモナコインという仮想通貨で、iTunesカードやAmazonギフト券、楽天ポイント、DMMポイント、nanacoギフトなどを購入することができます。

そこで入手したギフトカードなどを、そのままネットショッピングで利用できます。

Amaten

こちらも、コインギフトと同様にiTunesカードやAmazonギフト券、Google Playカードなどを購入することができます。

DMM

クレジットカードやPayPalなどと同様に、ビットコインでDMMポイントをチャージすることができます。

Touch Mall

電化製品や衣類、日用品、食品などを総合的に扱うネットスーパーで、決済方法としてビットコインを利用することができます。

Purse.io

こちらは、海外のサービスになります。

このサイトで、Amazonで取り扱っている自分が欲しい商品のリストを公開すると、他のユーザーが自分の代わりにその商品を購入して、自分のビットコインと交換をしてくれるという便利な機能も使われているのです!

このサイトは、商品をAmazonの表示価格よりも割安で入手できることを保証しています。

リアル店舗ではどうか?

日本国内について見てみよう!

日本国内では、今のところ東京都内を中心にビットコイン決済ができるお店が増えていっています。

私はこの前、銀座にあるお寿司屋さんにてビットコイン決済をして参りました!!

海外ではどうか?

ファミリーマート、スターバックス、バーガーキング、サブウェイ…など

デビットカード

ビットコイン専用のデビットカードを入手することで、VISAやMasterCardなどクレジットカード加盟店であれば、クレジットカードと同様に利用できてしまいます!

ビットコインはもうすでにここまできています!

自分が保有しているビットコイン残高と連携させたデビットカードは主に海外で提供されています。

そのため、デビットカードによって米ドル建てやユーロ建てなど外貨の選択肢しかないということで、利用する際には若干注意が必要となりますが…

これでビットコインが使える場所は普段法定通貨で決済している時と変わらないくらいとてつもなく広がっていくに違いありませんね!!

その他

ここまでは有名なところだけを紹介させていただきました!

その他にもビットコインが利用可能な面白いプロジェクトというのもたくさん存在しています!

例を上げます!

例えば、Open Bazaarというビットコインが利用できるオンラインショッピングプラットフォームやStreamiumというビットコイン決済の動画配信サービスなどがありますね!

これらはまだ新しいサービスなので、利用する際には十分注意をする必要があります!

ビットコインが使える場所はこれからもますます広がっていく事でしょう!

今後の日本国内の加盟店数はどうなるの?

これまでの説明をさせていただきましたとうり…

サービス利用時や商品の購入時の決済手段として、ビットコインを中心とする仮想通貨に対応する店舗が増加している事に加え、水道やガス、電気などの公共料金支払いにも対応するなど、法定通貨と同等の通貨としての役割が広がっていってるのが現状です!

最近では、2016年6月にイギリスのEU離脱問題などの影響から株安が進みましたよね?

投資手段として一部の投資家の間でビットコインが活用されたという事もあり、知名度、使用率の上昇もしたという事になります!

また、2016年のアメリカの大統領選挙でトランプ大統領が当選したことをきっかけとして、中国では為替が対米ドルで人民元安が加速しました!ビットコインを資金の退避先として購入する動きが多くみられましたしね!

それによって日本は?

日本でも、ビットコインを中心として仮想通貨の利用が広がってきているのが現状です!

実店舗では、最初に紹介したコインチェックがビットコインの決済システムを提供していて、2017年1月現在、4200以上の店舗がビットコイン決済の加盟店として登録しています。

また、2016年4月より、コインチェックと同じ日本の仮想通貨取引所のひとつであるビットフライヤーでは、ビットコイン決済が可能なオンラインショッピングサイトを開設していますしね!

コインチェック

コインチェックでは、ビットコイン決済を水道やガス、電気などの公共料金支払いにも対応させていく方針ある事をご存知でしたでしょうか?

2017年末までには20000店舗以上の加盟店に増やしていくことを目標としているようです。ますますのビットコインの発展に期待が膨らみますね!!

まとめ

今回については、もうすでにビットコインと提携している会社やについて…

また、ビットコインが今後提携していく会社について投稿させていただきました!

ますますの発展に期待いたしましょう!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する