⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年4月1日より「仮想通貨法」が施行され、いよいよビットコインなどの仮想通貨が身近なものに迫ってきました。仮想通貨交換業者を登録制にするなどを盛り込んだ法律施行により、仮想通貨全体の信用感が生まれ、今後は日本でもビットコインの購入を検討する人は増えてくるでしょう。

‎ビットコインを購入するには具体的にどうすればいいのか? 一番主流になっている方法は? などビットコインの購入方法を検証してみましょう。

ビットコインを取引所で購入する方法

ビットコインを入手する方法は大別して三つあります。

「購入」「採掘」「収入」です。

文字通りお金とビットコインをトレードするのが「購入」。

「採掘」とは、まだ発掘されていないビットコインブロックを採掘する方法です。

「収入」とは対価としてビットコインを入手する方法で、クレジットカードの「ライフカード」はポイントの代わりにビットコインを付与しています。

その他、インターネットのポイントサイトでもビットコインをポイントの代わりにしているところもあります。

ビットコインを購入するうえで現在、最も主流になっているのは取引所での購入です。

BitFlyer(ビットフライヤー)などの取引所に登録し、日本円でビットコインを購入する方法です

アカウント開設は「メールアドレスだけ」なので、簡単に登録することができます。

直接購入する方法

現在、日本でビットコインを購入する際、取引所を利用するのが主流ですが、直接個人から売ってもらう方法もあります。

ビットコインは個人間でも簡単に取引が可能なので、要は相手との交渉次第です。
まだ一般的な方法ではないですが、ビットコインファンの集まるSNSなどをみつけて声をかけると売ってもらえることも多いようです。

受け渡しも簡単で、双方合意の上、スマホにインストールしたビットコインウォレットのアドレスを提示し、ウォレットのQRコードスキャナーで読み取り、ビットコインを送付してもらうだけで完了します。

ビットコインを日本円に換金する方法

ビットコインを円と同じように保有し、常時日本で使っている人はまだまだ少ないでしょう。

ビットコイン保有者のほとんどは投資目的でしょう。

そこで必要となってくるのがビットコインを日本円に換金する方法ですね。

その方法は基本、取引所で行うことです。

取引所は購入ができるし、日本円に換金もできます。

「受取用アドレス」などを取引所に送付し、そこで受け取ったビットコインを日本円に換金。

その後、登録している自分の銀行口座へ出金依頼をすれば完了です。

取引所と販売所の違い

ビットコインを購入するうえで注意したい点は取引所と販売所の違いです。

取引所はオンライン上のトレード場です。その名の通り、ビットコインを売買する際の取引をするための場所です。

証券や為替の取引所のような感じです。売り買いの言い値が合致すれば取引が成立するという仕組みです。

それに対して、販売所は運営者がビットコインを売っている場所です。

価格は販売者が決めています。取引所の相場よりも少し高くなりますが、手軽に購入できる点がメリットです。

いうなれば日本円とビットコインなどの仮想通貨を交換する場所です。

取引所の中に取引所と販売所があります。

ちょっとややこしいですが、その違いを認識しておきましょう。

ビットコインをコンビニ支払いで購入する方法

銀行口座を登録する必要なく、ビットコインをコンビニ支払いで手軽に購入する方法もあります。

コンビニでは、チケット購入などの店舗専用端末や店頭での支払いに慣れている人が多いでしょう。
その方法は、まず取引所の自分アカウント内の「入出金」のページをクリックします。

そうすると「クリック入金」のぺージがあるので、そこを選択すると最上位に「入金額」を記入する場所があります。

そこで入金したい額を記入し、その下にある「コンビニから入金する」を選択。
コンビニ入金でもセブンイレブンは対応していないので要注意です。

セブンイレブンの店頭でビットコイン取引所への日本円の入金はできません。

ローソン、ファミリーマートなどのコンビニを利用しましょう。
必要事項を記入すれば、「お客様番号」「オンライン決済番号」「確認番号」などが表示されます。

そして、支払い手順なども表示されますので、メモするか写メして保存しておきましょう。

慣れていない方は多少戸惑うかも知れませんが、チケット購入などを経験している人なら問題ないでしょう。

ビットコインをクレジットカードで購入する方法

ビットコインはクレジットカードでも購入できます。

どこの取引所でもクレジットカードに対応しています。

取引所の自分のアカウント内の「クレジットカードで購入」をクリック。

そこで購入分の金額を入力して「購入する」をクリックします。

そして、次に別ページにて、クレジットカード情報を入力します。

入力が終わったら「決済開始」をクリックしたら購入完了です。

ただ、注意したいのは前述のコンビニ入金もクレジットカード決済も手数料がかかります。

余計なお金を使いたくない方は、銀行振込が最適でしょう。

ビットコインATM

ビットコインをATMで入手する方法もあります。

では、今現在、日本でビットコイン対応のATMは何台設置されているのか?

調べたところ、15台ほど。
場所としては東京が最多で、他では千葉、茨木、三重、大阪、京都、岡山、鹿児島に設置されています。

ビットコインはインターネット環境があれば手軽に購入したり売買ができるので、ATMの需要はそれほど高くないかもしれませんが、

2020年の東京オリンピックに向けて、外国人観光客が増加してきます。

その外国人観光客の利便性を考えれば、ビットコイン対応のATMが増加してくるのではないでしょうか。

ビットコイン デビットカード

ビットコインを日本国内で円建てして使えるデビットカードがあります。

バンドルカードです。

1回につき3万円、月額12万円までビットコインを日本円としてチャージできます。

チャージは1000円単位です。電話番号と生年月日だけで簡単に発行できます。

取引所で対応していますが、なかでも「coincheck」が最も簡単です。

国内取引所の特徴

現在、日本国内でビットコイン取引所は11社ありますが、その中でも販売所サービスも提供し、売買も盛んな3社を紹介します。

BitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、4Zaif(ザイフ)です。

これらの取引所の進化のスピードは速く、現在の日本ではこの3社が大手として注目されています。

それぞれの特徴をみていきましょう。

BitFlyer(ビットフライヤー)

BitFlyer(ビットフライヤー)は取引量、資本金とも国内最大です。

三菱UFJキャピタル株式会社やリクルート、SBIインベストメントなどの大手企業が出資している点も信用力を感じさせます。

他の取引所ではビットコイン以外の仮想通貨も数多く扱っていますが、同社はほぼビットコイン中心の事業展開。

ビットコイン以外の仮想通貨に興味がなく、ビットコイン一本に絞りたいって方には最適の取引所です。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は、ビットコイン以外にも多くの種類の仮想通貨を扱っています。

ビットコイン以外の仮想通貨に興味のある方に打ってつけの取引所です。

前述した通り、VISAデビットカードと連携している点も注目材料です。

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)の最大の特徴は、ビットコイン現物取引手数料がマイナスである点です。

実際に取引をすれば手数料が戻ってくるのです。

ただ、「仮想通貨関連法」が施行されたことにより、取引所に対して厳格な管理体制を求められます。

今後は各取引所とも事務・運営コストが跳ね上がることが予想されます。

また、仮想通貨交換業者としての登録申請に際しては、事業収支見通しを記載した書面の提出も必要とされています。

そのため手数料無料化を継続するのは難しくなってくるのではないでしょうか。

まとめ

2014年のマウントゴックス社の破綻によって一時縮小の動きがありましたが、時代の流れが要求しているのか、ビットコインブームが過熱しています。

日本語/日本円に対応したビットコイン販売所が増加傾向にあります。

この傾向は今後も続き、取引所同士の競争は過熱してくるでしょう。

揃ってユーザーにとって有利なサービスを打ち出してくるでしょうが、目先の利益だけを追い求めるのは感心しません。

信用性やセキュリティ面、サポート、対応力、資本金など取り巻く背景などをよく吟味して、利用する取引所を決めましょう。

そして、マウントゴックス事件を教訓に、取引所に多額の仮想通貨を預けておくのも避けるべきです。

取引所で仮想通貨を購入したら、すぐに自分のウォレットに移動させる癖をつけておきましょう。
ビットコインは中央主体ではなく、管理者不在です。

すべては自己管理、自己責任です。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する