⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインに限らず、仮想通貨の世界では必ずしも日本円での取り引きを前提としていません。最も多いのが、世界通貨とも言われる米ドルではないでしょうか?過去の仮想通貨のプレセール(一般公開前の前売り)でも、購入は基本的には米ドル建てというのがほとんどでした。

1000ドルに対して、何通貨単位の交換レート、という形での販売です。

そして、ビットコインも同じように米ドルでのレートが一般的です。当然ですが、ビットコインがはじめに公開された時は米ドルでの取り引きでしたので、チャートも公開当時からのチャートは全て米ドル建てのチャートになります。

その後、日本にも日本円で取り引きできる仮想通貨取引所が出来ましたので、その取引所が提供する相場情報は、ビットコインと日本円のレートでの表示となります。

そこで、意外とややこしい相場の見方の中で、特にビットコイン相場で円チャートを見る方法についてお話ししてまいります。

相場について

まず、基本的なことですが、相場相場と言いましても、1つではありません。それは、日本円とビットコイン、米ドルとビットコインというペアも大事ですが、基準をどちらに取るか?ということが大事ですね。

よく新聞で見るドル円相場を例にご説明しましょう。通常のドル円相場というと、『1ドルに対して日本円がいくらか必要か?』という表示が一般的です。『1ドル=111円』という具合です。

これは1ドルを欲しいと感じたら、いくら日本円を支払えばいいか?ということを表しています。いまから海外旅行に行く人には必要な表示方法です。

しかし、逆もあります。例えば海外の人が、旅行で日本に遊びに来ていて1万円が必要だ!という場合は、100円に対して何ドルか?という表示をしてもらった方が便利でしょう。先ほどの例で言えば、1÷111×100=0.90ドルということになります。ややこしいですね。

しかし、このレートを見て『1万円だから100円の100倍、つまり0.9ドルの100倍の90ドル払えばいいんだな』となるわけですから、どちらの立場かによって同じレートでも表示は違ってきます。

そして、このあたりを理解していないと、相場の数字がまったく違っていても気がつかないということになってしまいます。単純な算数の話ですが、ハマるとややこしいので、ご注意ください。基準がどちらか?が大事ですよ。

米ドル建て

では話をビットコインに戻しましょう。ドル建てのビットコインの場合は、冒頭でお伝えした通り、プレセールの時には米ドルの数字がきりのいい数字で、ビットコインの数字がきりの悪い数字になります。

しかし・・・ここが肝心ですが、プレセールが終わって、一般公開するようになると逆になります。ビットコインで言えば、1ビットコインが何米ドルなのか?という表示が一般的になります。

ですから、一般的な海外の仮想通貨取引所は、1BTCが何ドルか?という表示になっています。

ここまでの説明を聞くと、ややこしいと感じるかもしれませんが、目にするビットコインと米ドルのチャートはこうなっていて、自然に受け入れているはずです。

これは、通常の生活には米ドルを使っている人の立場で考えると自然です。ビットコインを『手に入れよう』と思ったら、1ビットコインに対して普段使っている『米ドル』をいくら支払うのか?という思考になるはずです。ですから、自然に感じるということです。

つまり、物を買う時に1個いくらか?という感覚の方が自然だから、1ビットコインがいくら(この場合は何ドルか)という方を基準にしているということです。

日本円建て

では、前置きが長くなりましたが、とても重要なことなのでご説明しておきました。そして、ここまでくればもう日本円建ての相場がどういうもので、普段見ているチャートは1ビットコインに対して日本円をいくら支払うか?ということを示しているということはご理解いただけているかと思います。

なぜややこしいと感じるのか?

この手の話でややこしいのは、ドル円相場でいう『円高・ドル安』と『円安・ドル高』の表現です。例えば1ドルに対して日本円が減った時に、『円高・ドル安』になります。1ドル111円だったものが、1ドル100円になれば、日本円の数字は『減って』いますが、日本円の価値は『高く』なっています。そのため、『円高・ドル安』というわけです。

ややこしいですが、為替ではよく勘違いしてしまうのことですので、ご注意ください。今の所、ビットコインは通貨ではなく『モノ』という扱いなので、『円高・ビットコイン安』という表現はしませんが、一応仮想であっても『通貨』と名前がつくので基本は覚えておいてください。

ビットコインの相場の記録について

さて、ここまでくれば、後はさらりと説明するだけでご理解いただけるでしょう。そもそもビットコインのチャートは、米ドル建てでしか存在しませんでした。

ですから、2009年からの長期相場のチャートはドル建てチャートで見ることになります。そして、米ドルと円の相場も動くために円への変換をやるなら自分でやるしかありません。

ヤフーファイナンスのページには、過去10年のドル円相場を表示してくれます。これによると、2008年に120円だったのに、2009年には100円まで下がっていることがわかります。

ですから、ビットコインが一般公開された時は、今よりも日本円建てで買おうとすると、安く買えたということになります。

・・・このように、長期の場合はドル円レートを表示させながらということになります。

日本円建てのビットコイン長期チャート

さて、ここでは具体的に私がよく使う相場のチャートについてご紹介しておきましょう。私が一番よく使うのは、Crypto Currency Market Capitalizationsです。

http://coinmarketcap.com/all/views/all/

ここでは、仮想通貨の時価総額ランキングがわかるとともに、1通貨あたりの現在の取引額、取引量、を米ドル建てで表示してくれます。さらには、そのチャートも表示してくれます(ビットコインなら、Bitcoinと表示されたところをクリックすれば表示されます)。

Market Cap:時価総額
Price(USD):1BTCの価格

まず、これで相場の全体を見てから、円建てのチャートを見ましょう。

bitFlyerでは2016年6月からの円建てのチャートがあります。

https://bitflyer.jp/bitcoin-chart?top_link

※チャート左上にある『Zoom』をAllにすると、全チャートが表示されます。

Coincheckでは2016年11月からの円建てチャートがあります。

https://coincheck.com/ja/exchange/charts/

※チャート上部にある『BTC/JPN 1日足』を選ぶと、長期チャートが表示されます。

Zaifでは何と2014年4月からの円建てのチャートがあります。

https://zaif.jp/chart_btc_jpy

※チャート上部にある『角の丸い四角』を左右にドラッグすると、チャートの期間を変えることができます。

アプリ

スマホでみたいという人もいると思います。bitFlyer、Coincheck、Zaifはそれぞれスマホのアプリがありますので、ダウンロードして使いやすいものを使ってみるといいかもしれません。私はスマホのアプリではCoincheckが使いやすいので、いつも使っています。

それぞれ好みがありますが、選べない人はCoincheckから試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

プレセールは別にして、通常は普段使っている『法定通貨』で物を購入する時と同じ感覚になるように『1BTCが何円になるか?』という表示でチャートを表示しています。これは、物を1つ購入する時にいくら払うか?という感覚に近いので問題ないと思います。

そして、価格が上昇すれば『円が安くなる』ということになり、価格が下落すれば『円が高くなる』ということになります。これは、表現がひっくり返るのでご注意ください。よく、米ドル相場によって円高・ドル安という表現と、円安・ドル高という表現がややこしいのと同じです。

以上、とっても基本的なことですが、とっても重要なことなので、これを機会に今一度理解を深めていただければと思います。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する