⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

皆様!

お疲れ様です!

今回については、ビットコインがどのように、今後、銀行とかかわりをもっていくのかという投稿をさせていただきます!よろしくお願いいたします!!

では、始めさせていただきますね!

ビットコインと銀行の関わりとは。。?

今回については、ビットコインが今後、銀行とかかわっていく事での記事という事で…

暗号通貨側と銀行側が対立しているのが現状です!じゃあ、実際にどのように対立しているのかという記事を投稿させていただきます!!

日本経済新聞の記事

2017/1/7 日本経済新聞一面に記載されていた事項です。

以下のとうりです。

『ビットコイン vs 銀行~22 世紀のカタチ そこに』の記事が掲載されています!

この記事はこれまで生活防衛の教室やセミナーでお伝えしてきた仮想通貨の未来を示唆するまとまった内容のため、ご紹介することにする。

『金融危機を何度も経験し、「政府も欧州中央銀行(ECB)も信用できない。資産の保全にビットコインは不可欠」との結論に至ったとの事です!!

いまや金融資産の約2割をビットコインが占める。経済が不安定なギリシャだけの話なのでしょうか??

いいえ、違いますよ!

これは通貨の未来そのものだと思いますね!これは不動ではないかと思います!

ビットコイン取引所を運営するビットフライヤー(東京・港)の加納裕三社長。3 年前、米連邦準備理事会(FRB)議長の発言でビットコイン相場が急騰しましたよね!?ご存知でしょうか?

「日経平均株価が 9 万円になるような衝撃」を受けましたね!

「仮想通貨は 100 年後にはもっと使いやすくなり、一部の国では法定通貨になる」。などと発表されました!

独自の仮想通貨「MUFG コイン」を今年度中にも発行する三菱 UFJ フィナンシャル・グループなども着々と動いていってるのが現状です!

また、「今後 10 年で総合職を 3500 人削減する」。平野信行社長はこう語っていらっしゃいますが、今後訪れるのはもっと深刻な変化かもしれないです!と発言されております!

「国・中銀による独占発行」という通貨の常識まで崩れかねませんね!そうする事で中銀もざわめく可能性も大いにあるでしょう!

「仮想通貨がどんどん増えていけば、(円の金利や発行量を操作する)金融政策が効きにくくなってしまうのが目に見えていますね!

日銀の岩下直行フィンテックセンター長は語はこうおっしゃっています!以下のとうり。

スウェーデン中銀や中国人民銀行はデジタル通貨の発行を開始しましたし、日銀内部でも「検討に入るべきだ」との声があがるのも無理はありませんね!この事からますますこれからの暗号通貨に対する法案などを可決されていく事が予測されますね!

一体どうなっていくでしょうか。。

22 世紀に銀行や金融のかたちはどこまで変わっているのか…また、断絶の先を巡る攻防はこれから本格化するのではないかと一個人は考えております!

今、世界の世の中で起きていることは、「現状維持VS破壊」、「既得権益VSアウトサイダー」、そして、「表VS裏」のキーワードに全てが当てはまると指摘してきた。今回投稿させていただいた記事につきましても、法定通貨は表のお金であります!

それを独占発行権の既得権益を握るのが中央銀行でありますね!

逆に、仮想通貨は裏のお金であり、それを発行している機関が存在しないアウトサイダーである。難しいでしょうか?w

要するに…裏のお金である暗号通貨はこれから表に出ようとがんばって銀行券と対立をつづけていく未来になるという事です!!

表に出るために今、暗号通貨は頑張っているといった表現法がただしいのではないかと思います!!

また、日本の金融機関はこれまで護送船団方式で守られてきたが、これからはというと…

仮想通貨「MUFG コイン」を発行するメガバンクの三菱 UFJフィナンシャル・グループは、この護送船団からの離脱を意味しているのです。

仮想通貨は現在の金融システムを揺るがすほどの存在ではないから高を括っているかもしれませんが、、、

仮想通貨「MUFG コイン」は蟻の一穴になりかねない存在であるという事出です。

経済危機を経験したギリシャではすでに金融資産の約 2 割をビットコインが占めているのが現状という事はご存知でしたでしょうか?

この記事では、「22 世紀に銀行や金融のかたちはどこまで変わっているのだろう」となっていますが、実際、22 世紀まで待たなくてもここ 10 年程度で仮想通貨は世界的に普及、日本でもかなりの普及をしているのではないでしょうかね?

「大量失業時代」の到来で金融で働く人々の不安は増大してくるだろうが、それは同時に、お金を使用する我々にも大きな不安となって跳ね返ってくることを忘れてはならないですよ!そのきっかけは近いうちに…

起こるであろう「第二のリーマンショック」として名を刻むのではないのかと思ったりしますね!!

ビットコインが銀行業にもたらす影響とは?

ビットコインが銀行業にもたらす影響とはなにかということをあらためて考えてみました!

その結果をお伝えいたします!!

決済ビジネス

ビットコインが直接銀行の競合となるのは、送金のところではないですかね?

世界中に、ほぼ無料で、瞬時におくれる送金・決済手段としてのビットコインは素晴らしいと思います!!

理由は2つ存在します。

銀行は基本的にローカルなものであって、地域の企業への融資が基盤となってますよね?銀行はグローバルではなく、地元密着の、分散型のビジネス構造にあります。これがグローバルな決済基盤を一社でつくることは難しです。。

せいぜい、銀行間ネットワークを通じて決済を行うに過ぎないが、この銀行間ネットワークは極めつけに古いシステムであり、これを捨てない限りコストが下がる見込みが無いのですね。

今後5、10年にかけて、ネット出自の支払手段は急速に成長しています!

融資ビジネス

ご存知でしょうか?

融資ビジネスにもイノベーションの芽がでてきています!

マイクロファイナンスや、ソーシャルレンディングなど、小口融資におけるネット出自のイノベーションの可能性は、すでに実現がされ、成長しています!

銀行は大企業向けの融資には一日の長があるのですが、小口の融資に関してはその座をネットにゆずることになるかもしれませんね!

ビットコインとの関連性でいえば…

P2Pというものがあります!通貨の暗号化と、スマートコントラクトにより、純粋なP2Pが可能になるどはないかと思います!

いままでのP2Pは、資金をやりくりする中央銀行などの中間組織がおり銀行が必要であったが、おそらくアンビシャスなひとにより、完全なP2Pのプロトコルが提案されるかもしれませんね!

すでに分散型な、交換所のプロトコルがありますので、これに、レンダーと、借り手のマッチングをスマートコントラクトでおこなえばどうなるでしょうか…

完全分散のP2Pレンディングが可能になると思います!!

ビットコインエクスチェンジにおけるマージン取引などから考えれば…まずは採用の可能性があるのではと思いますね!!

まとめ

今回については、ビットコインは今後、銀行とどうかかわっていくのかというお題についての投稿をさせていただきました!

まだ決定ではないが、これからこうなっていくのではないかという憶測での投稿でした!

参考までにどうぞ!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する