⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

三菱東京UFJ銀行が、2017年秋に一般の方向けに独自の仮想通貨を発行します。その名を「MUFGコイン」と言います。「銀行が仮想通貨を発行する」ということでビットコインと思いきや、実体はちょっと違います。

三菱東京UFJ銀行がなぜ、仮想通貨を発行するのか、三菱東京UFJ銀行でビットコインを購入できるのか・・・など関心を持っている方は多いと思います。銀行が仮想通貨に参入する意図や購入方法などを検証します。

三菱東京UFJ銀行が仮想通貨を発行する意図

三菱東京UFJが今秋発行する仮想通過は、IT技術を活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、「分散型台帳」と呼ばれる「ブロックチェーン」技術が使われます。

そのMUFGコインは、コインをスマートフォンに取り込むアプリケーションを用いて、スマホによるコインのやり取りをします。
MUFGコインのイメージとしては、利用者が三菱東京UFJ銀行の口座にある預金を「1コイン=1円」でコインに交換してスマホのアプリに取り込んで使うようにします。

利用者同士であれば、インターネットを通じて「送金」できたり、コインを取り込んだスマホをかざしたりすることで、コインのやり取りができるようになります。

たとえば会食時に割り勘にしたい場合や、さまざまな店舗と提携して支払いにコインを使えるようになうようです。

また、空港での外貨両替などの利用も考えられています。

なによりのメリットは利用手数料が安くなる点で、海外送金を含め、現行の送金(振込)手数料などと比べて、大幅に安くできる可能性があります。

要するに、三菱東京UFJ銀行が仮想通貨を発行する最大の意図はコスト軽減でしょうか・・・。

ただ、決済手段の多様化を図るという意味もあるでしょう。

とはいえ、このUFJの仮想通貨発行を契機に市場は拡大していくという予測が多く出ています。

MUFGコインの特徴

MUFGコインの特徴は、1コイン=1円(日本円)とレートが固定されている点です。

ビットコインやその他の仮想通貨のような価格変動がなく、日本通貨と同じ価値として定義しています。

ビットコインのような投機性はなく、メガバンクの資金力と信用力によって中央主体で成り立つことができるのです。

利用者側のメリットは、従来のお金の移動時に発生する手数料が安く抑えられ、色んな店舗で使えるようになれば利便性も増します。

また、MUFGコイン用の口座の開設もスマホでも作成可能で、より便利なデジタルマネーを気軽に利用できるようになります。

コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せる新型ATMの開発も進めているようです。

実現すれば、三菱東京UFJ銀行の口座を持たなくても、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになります。

MUFGコインとビットコインとの違い

MUFGコインとビットコインとの最大の違いは、投機性の有無でしょう。

ビットコインは値段が変動しますが、MUFGコインは1コイン=1円と固定されています。

仮想通貨というよりは「電子マネー」と呼ぶ方がいいかも知れません。

仮想通貨に興味のない一般の人には電子マネーと認識されるのではないでしょうか。
では、MUFGコインはなぜ、仮想通貨と呼ばれるのでしょうか?

その理由は「ブロックチェーン」というビットコインが生み出した最新テクノロジーを利用しているからでしょう。

MUFGコインの先々の思惑はともかく、現状ではコスト削減のためテクノロジー活用と捉えることができます。

三菱東京UFJ銀行がビットコイン取引所に出資

三菱東京UFJ銀行は、MUFGコインという独自の通貨を発行する一方で、アメリカのビットコインの取引所「コインベース(CoinBase)」に出資すると発表しています。

つまり、三菱UFJ銀行とコインベースが協働でビジネスを行うということです。

三菱東京UFJ銀行が主体となるMUFGコインという独自の通貨を作るのに、その一方で管理者がいないビットコインの事業に出資するのは「なぜ?」って思いますよね。

ビットコインは、ブロックチャーンシステムを使って銀行などの直接管理者を通さずに、資金のやり取りを可能にするシステムです。

それ自体、銀行が嫌がるシステムです。

誰もがビットコインでやり取りしたら、銀行は必要なくなるからです。

だから、三菱東京UFJ銀行は独自の仮想通貨であるMUFGコインを使って、取引をしてもらおうという考えているのでしょう。

多くのユーザーがMUFGコインを使うようになれば、三菱東京UFJ銀行としてはそれがビジネスになります。
それなのに、ビットコイン取引所に出資するとは・・・。

三菱UFJにどういうメリットがあるのでしょうか?

三菱東京UFJ銀行でビットコインが購入できる?

2016年7月8日付けの「日経FinTech」に三菱東京UFJ銀行が米国の仮想通貨取引所「コインベース」に出資というニュース記事が掲載されています。

記事によると、

仮想通貨取引所大手の米コインベース社は2016年7月7日(現地時間)、三菱東京UFJ銀行と戦略的パートナーシップを結んだと発表。

三菱東京UFJ銀行と三菱UFJキャピタル、ベンチャーキャピタルの米Sozo Venturesが計1050万ドル(約10億5000万円)をコインベースに出資。

コインベースはアジアを含む世界市場への展開で、三菱東京UFJ銀行からサポートを受ける。

三菱東京UFJ銀行は今回の出資について、「Coinbaseはビットコインに代表されるパブリックブロックチェーン関連企業として、現時点で世界的トップクラス。本出資を通じてCoinbaseと提携をすることで、既存の銀行取引(預金・為替)のみならず、新規ビジネス機会の創出や、ブロックチェーン領域における当行の将来的な活動の選択肢拡大を狙う」とコメントしています。

そして、Coinbase共同創業者のEhrsam氏は、2016年5月の「日経FinTech」のインタビューで興味深いコメントを残しています。

「ワンクリックで銀行口座から日本円を引き出し、ビットコインを購入できるようにしたい」。

将来的にビットコインを三菱東京UFJ銀行で購入できるようにしたい、ということではないでしょうか・・・。

三菱東京UFJ銀行がビットコインに参入?

コインベース社は米国の中では大きな取引所ですが、アジアではいまひとつ。

そこでアジア進出の拡大を狙って、メガバンクである三菱東京UFJ銀行との提携を図ったのでしょう。

当然、三菱東京UFJ銀行の取引口座数の多さに期待をかけているはず。

三菱東京UFJ銀行は、国内に4000万口座を持っていると言われています。

単に口座の多さだけでなく、日本国内における三菱東京UFJ銀行の信用力を考えても、ビットコイン普及に向けた相乗効果は相当に高いと思われます。

日本では仮想通貨を現金に戻す際に、先に三菱東京UFJ銀行口座を通じて取引をする仕組みになるのではないでしょうか。

仮想通貨の取引所では指定口座が設けられています。

米コインベースは、日本では三菱東京UFJ口座がメインになるのではないでしょうか。

形としては、三菱東京UFJ銀行がビットコインに参入ということになりますね。

改正資金決済法

2017年4月1日に改正資金決済法が施行。

ビットコインなどの仮想通貨が事実上の支払い手段として法的に位置づけられました。

また、仮想通貨交換所を登録制にするなど、消費者が安全に仮想通貨を利用するための制度整備が進んでいます。

ビットコインの時価総額は、2017年4月時点で180億ドルを超えており、この1年で3倍近く増加しています。

そのほとんどは投資目的での利用が中心とみられていますが、大手小売店などでもビットコイン決済が導入の方向です。

ビッグカメラがビットコイン決済を導入

2017年4月5日、ビッグカメラがビットコイン決済を店舗に導入すると発表しました。

4月7日からビックカメラ有楽町店とビックカメラ有楽町店とビックロ ビックカメラ新宿東口店で試験利用を開始するそうです。

他店舗への拡充も予定されており、決済手段を広げ、海外観光客などを含め顧客の利便性を高める狙いです。

ビッグカメラは今後は日本の消費者にもビットコインの利用が広がるとみています。

仮想通貨元年

今年はビットコインの普及が一気に加速しそうです。

ビッグカメラに続いて、リクルート系も今夏をめどに26万店で利用できるようにする予定です。

投資が中心だったビットコインの利用が店舗での決済手段に広がれば、それまで仮想通貨に興味のなかった人々にも認知されるようになるでしょう。

文字通り2017年は仮想通貨元年になりそうです。

まとめ

ビットコインが普及してくれば、決済手段に銀行が不要になってきます。

銀行の役割は今後変わっていくのではないでしょうか。

銀行などの金融機関は何かにつけてチャレンジしていかなければなりません。

将来的に銀行もビットコインなどの仮想通貨の取引所の役割を担う可能性も・・・。

銀行でビットコインを購入できる日も、そう遠くない未来に実現するかもしれません。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する