⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ようこそ!「仮想通貨投資ランキング」へ!!

代表的な仮想通貨のビットコインは、2017年3月初め15万円に届くところまで高騰していましたが、「米SEC、ウィンクルボスのビットコインETFを否認」、「ハードフォーク危機」とたて続けに発生したものですから、2017年3月26日には101,500円弱まで値を下げました。その後は徐々に値を戻して127,000円台まで上がってきました。

ビットコインの関連銘柄はどうでしょうか?ビットコインの関連銘柄という意味で、アルトコインと呼ばれています。直訳するとビットコインの「代わりとなるコイン」のことです。どんなコインがあるのでしょう。

今日はアルトコインについて説明します。よく勉強してくださいね。

アルトコインとは?

先ほど少し触れましたが、直訳するとビットコインの「代わりとなるコイン」のことです。基本的には機能やシステムを、ビットコインに似せて作られているのが特徴です。アルトコインを説明していきます。

アルトコインの銘柄

Litecoin、Dogecoin、Monacoin、DASH、Monero、Peercoin以上の銘柄は、コインとしての機能を主な目的に開発されたコインとされています。現在の時価総額の上位から順番に説明していきましょう。

DASH

暗号通貨時価総額で比べると、DASHとLitecoinは僅差で争っています。ビットコインと比較して特徴を見てみましょう。

公開日

DASH            Bitcoin

2014年1月18日     2009年1月9日

システム

DASH            Bitcoin

Proof of Work      Proof of Work

コイン発行上限

DASH            Bitcoin

約22,000,000DASH   21,000,000BTC

ブロック報酬(開始時)

DASH            Bitcoin

2222222        50BTC

ブロック報酬半減期

DASH            Bitcoin

-         210,000ブロック

ブロック生成期間

DASH          Bitcoin

約2.5分         約10分

DASHの秘匿性

DASHは、Darksendと呼ばれる秘匿性の高いトランザクションが特徴です。ビットコインの取引では、peer to peer(1対1)の取引なので、「誰が誰に送った」ということがわかりますが、(実際には取引を記録するブロックとウォレットが紐づかないのでわからない)DASHでは、「1対1」ではなく「複数対複数」という形に置き換えるので、誰と誰が取引したかということがわかりズラくなっています。

海外では、この秘匿性から人気が高まっています。所得が特定されなければ税金がかからないですね。

Litecoin

DASHの項で書いたように、DASHとLitecoinは僅差で争っています。暗号通貨の時価総額で4位、5位を競っています。ここでも、ビットコインとLitecoinを比較してみましょう。

公開日

Litecoin           Bitcoin

2011年10月7日     2009年1月9日

システム

Litecoin           Bitcoin

Proof of Work      Proof of Work

コイン発行上限

Litecoin           Bitcoin

約84,000,000LTC    21,000,000BTC

ブロック報酬(開始時)

Litecoin           Bitcoin

50LTC          50BTC

ブロック報酬半減期

Litecoin           Bitcoin

840,000ブロック     210,000ブロック

ブロック生成期間

Litecoin        Bitcoin

約2.5分         約10分

Litecoinは多くのアルトコインの中で、最初の方に作られた暗号通貨です。そしてビットコインのプログラムコードに基づいて作られました。そのことから、基本的にはビットコインと同じ仕組みになっていますが、ビットコインとの比較で表したように、取引の承認時間がビットコインの1/4と早いことが評価されていて、世界中で使われています。

Monero

暗号通貨時価総額6位がMoneroです。DASH同様匿名性に特化した暗号通貨です。リング署名という技術を改良して、ワンタイムリング署名という技術を開発して使っています。

ワンタイムリング署名は、取引内容がわからないシステムになっており、安全な匿名送金が可能です。2016年8月には、MoneroがAlphaBayやOasisなどの「ブラックマーケットでの支払いに対応する」というアナウンスで高騰しました。

ここでも、ビットコインとMoneroを比較してみましょう。

公開日

Monero          Bitcoin

2014年4月18日    2009年1月9日

システム

Monero          Bitcoin

Proof of Work      Proof of Work

コイン発行上限

Monero          Bitcoin

約18,400,000XMR   21,000,000BTC

ブロック報酬(開始時)

Monero          Bitcoin

50LTC         50BTC

ブロック報酬半減期

Monero          Bitcoin

840,000ブロック    210,000ブロック

ブロック生成期間

Monero        Bitcoin

約2.5分       約10分

Dogecoin

ドギーコインは、暗号通貨時価総額14位です。

ドギーコインの仕組みは、Litecoinとほぼ同じです。ドギーコインは発行上限がないことが特徴です。また、マイニングスピードが速く、1年でマイニングがほぼ終了する設計になっているようです。

ドギーコインの知名度が上がった要因には、ソチ冬季オリンピック当時のジャマイカボブスレーチームの寄付手段として採用されたことや、ミネソタ州のマット・トンプソン氏が、ドギーコイン1億枚で「別荘を売りに出した」という話題がありました。

Peercoin

ピアコインは暗号通貨時価総額35位です。Proof of Stakeを最初に導入した暗号通貨がピアコインです。そしてピアコインは、公開当初Proof of Workを採用していたので、「ハイブリット型」と呼ばれています。

ピアコインは、最低30日コインを保有していないとProof of Stakeのマイニングができないシステムになっています。同時にProof of Workも採用しているのですが、利用者が増えるとProof of Stakeの割合が増えるシステムになっています。また、取引手数料がマイナーの報酬にならずに、「破棄」されるのも大きな特徴と言えます。そのかわりに、Proof of Stakeのコイン発行量を無限にしてマイナーの報酬を維持しています。

Monacoin

モナーコインは暗号通貨時価総額89位です。2ch生まれの日本国産の暗号通貨です。実際に使用する仕組みを、利用者が整備しているのはおもしろいし、興味深いですね。現実のものやサービスに交換できるコインとして、世界的に評価されているようです。

まとめ

ライトコインの中から6種を選んで説明しましたが、2017年になって値を上げているのが、DASHMoneroですね。他のコインは、公開後に上げた高値を超すことができていません。

DASHとMoneroは、秘匿性が高いという特徴を持っているので今後も人気は続くでしょう。どちらも日本ではあまり流通していないですが、流通が広まれば秘匿性が強いがゆえに、「マネーロンダリング」等に使用される頻度が高まれば、当局の規制が入る可能性も危惧されます。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する