⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年の年明け早々にビットコインの価格は暴落しました。その後、猛烈な勢いで高騰しました。しばらくは高値をつけて、過去最高記録の15万円台をつけたと思ったら、また暴落。

つまり、ビットコインは大変に相場の動きが激しいということができます。しかし、今の所ビットコインの認知度は非常に高く、どの仮想通貨取引所でも扱っているので、ビットコインが仮想通貨の投資の入口として入りやすいのは間違いありません。

また、海外送金についても、他にも仮想通貨はあるものの、ビットコイン以外は受け付けてくれないケースの方が圧倒的に多いという点も重要です。相手がビットコインのみ受け付ける・・・と指定されたら、ビットコインを使うより他ありませんね。

そのような背景から、ビットコインはますます多くの人が使うようになり、相場は上下しながらも上昇基調に推移していく条件が整っています。

しかし、仮想通貨に慣れていない人からすると、やはり気になるのが投資のリスクではないでしょうか?投資は、稼ぐよりも損しないことの方が重要ですから、リスクについて注意することは当然であるといえます。

そこで、ここではビットコインの投資リスクについてあげてみたいと思います。

ビットコインと株の比較

ビットコインと株は、どちらも同じように価格の上下に合わせて取引をします。価格の上下による差額で利益を出します。保持する期間はもちろん長期でも短期でも構いません。(このようにして得る利益のことを、キャピタルゲインといいます。)

両者の違いといえば、株の方は配当金というのが年に2回程度ありますし、株主優待というちょっとした優遇措置があります。とはいえ、キャピタルゲインを得るという点においては、ビットコインと株の違いはあまり見当たりませんので、投資上のリスクも同じと考えてよいでしょうか?

これについては、完全に同じということではありません。まず、株式投資と比較した時の大きなリスクといえば、ビットコインの方は2点あります。

・実態が存在しない

・時価総額が株(その企業)と比較して低いことが多い

まず株式であれば、企業という実態が存在します。企業には従業員や提供する商品があります。ですから、毎月利益が出る仕組みがあります。その他にも、大小様々な資産があります。自社ビルや工場などの不動産、子会社や他社の株式という有価証券を持っているケースもあります。他にも特許や製品の登録商標、過去の図面という場合もあります。

つまり、このような実態こそが株式の価格の下支えをしているので、価値のあるものに投資をしているということになります。

これに対して、ビットコインは実態がありません。正確に言えば、実在しますが、電子的なデータと、ブロックチェーン技術、その他プログラムの集合体です。極端な言い方をすれば、たった1つのソフトウェアでしかない・・・という表現も可能です。

あくまで実態があるのではなく、多くの人が通貨として認めて取り引きしている『個人間で通用する為替』でしかありません。ビットコイン自体は価値はなく、お互いに価値があると認め合って取り引きしているにすぎません。ですから、ある日突然ビットコインのプログラムに大きなバグが見つかって、全く機能しなくなれば、多くの人がビットコインを認めなくなります。結果として価値がなくなるというリスクがあります。

続いて、時価総額の方ですが、こちらも株式を上場しているような企業であれば何十兆という時価総額も珍しくありませんが、ビットコインは1.5兆円程度の時価総額しかありません。これはつまり、大きな資金を持つ人がビットコインを買えば相場は簡単に上昇して、その人が一気に売れば相場は簡単に暴落するということを意味します。

いわゆる仕手という行為を、比較的簡単に行うことが可能である。それが、株式と比較して時価総額が低いビットコインのリスクの一つになります。

ビットコインと外国為替取引(FX)の比較

株式と同様に、ビットコインの投資はFXとも近い性質があります。外国為替は株式と違って、通貨という点において、よりビットコインに近い取り引きといえます。

しかし、やはり両者には決定的な違いがあります。それは、為替への中央銀行の介入の有無です。

仮に、日本円と米ドルの相場が大きく動くと、輸出入をしている企業に大ダメージが出てきてしまうことがあります。それ以外にも国家間の関係維持において望ましくないために、日銀が介入して為替が極端に変化しないように調整します。

これに対してビットコインはこのように暴騰暴落において調整がはいることがありません。完全に自由な状態で相場は動きます。そのために、大きく利益を出すことができる場合もありますが、同じだけお金を失う可能性もあると言えます。これが、ビットコインの投資のリスクの1つでもあります。

ビットコインが使えなくなるリスク

この可能性は低いですが、ゼロではありません。ビットコインはまだ新しい技術です。今後どんな技術的な問題が出てくるかわかりません。ある日突然なんらかの理由でビットコインが使えなくなるリスクはあります。

もちろん、自分の持っているビットコインがゼロになるわけではありません(記録は残っているのでなくならない)。しかし、ビットコインの取り引きができなければ意味をなしません。ビットコインが消滅しなくても、なんらかの理由で無期限で使えなくなるというリスクはあります。

大切な投資資金が数週間、あるいは数ヶ月、数年も使えなくなったら、それは十分リスクといえます。

取引所が取引を制限するリスク

日本ではあまり関係ないように感じますが、海外ではビットコインの取り引きに制限がかかったという事例があります。具体的には、中国、インド、フィリピンなどでありました。

制限の背景や内容はまちまちではありますが、両替したいときにできないという場合は、売り時や買い時を逃す可能性があるということになります。これはひとつのリスクといえます。

ハードフォーク

あまり聞きなれない言葉かもしれませんので、簡単に説明しておきます。ハードフォークとは、ビットコインがビットコインとビットコインアンリミテッドという2種類のビットコインに分裂することを意味します。

仮に今10ビットコインを持っているとすると、10ビットコインと10ビットコインアンリミテッドに分裂(ハードフォーク)するのです。

ではなぜこうなるかというと、ビットコインは現在1秒間に7取り引きが限界になっていて、ユーザー数が増えてきたためにこれを超える可能性が濃厚になってきたからです。そして、これを超えると、送金手数料を安く設定した人は送金を後回しにされて、最悪のケースでいえば1週間そのビットコインが戻ってこなかったという話も聞きます。

そのために、2つに分裂させることによって、1秒間の取り引きを緩和するということです。また、ビットコインアンリミテッドの方は、新しい技術を取り込むことで1秒間に7取り引きよりも多い取り引きを可能にすることもできますので、使う側からするとありがたいといえます。

しかし、イーサリアムという仮想通貨でこのハードフォークが実際に起こったのですが、大変な混乱を招いたということなので、大変慎重になっている・・・という状態です。

これも覚えておいてください。ハードフォーク問題はまだ解決していませんので、ビットコインの価値を左右するリスクのひとつです。

ハッキングのリスク

これは仮想通貨においては常につきまとうリスクです。世界中のハッカーたちが、いつも誰かのウォレットを狙っています。ですから、セキュリティの姿勢があまいと、知らない間にビットコインがなくなっている・・・というリスクは常にあります。

もちろん、これを回避する方法として、オフラインでビットコインを保管する『ハードウォレット』などが売られています。ある程度まとまった額のビットコインを扱うようになったら、ハードウォレットを使うことを考えた方がいいでしょう。

まとめ

以上が、ビットコインによる投資をする時に覚えておくべきリスクです。リスクとは、利益を得るためにはつきまとうことですから、ただしく理解して、常に情報を手に入れることでうまく付き合う必要があります。やみくもにリスクを恐れるのではなく、理解して付き合うことを考えてみてください。

最後に、ビットコインのリスクを伝えてきて相当慎重になってしまったかもしれませんが、マイクロソフトなど大手がビットコインを大量に保有しているということも知っておくといいかもしれません。決してリスクばかりではない・・・ということが感じられるのではないでしょうか。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する