⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

グローバル・ネットワーク社会で大きな可能性を感じさせるビットコイン。投資銘柄としても注目の仮想通貨の代表格ですが、実際に売買している人はまだそう多くありません。新しいシステムで歴史が浅い分、まだわからないことも多く、不安感が頭をかすめ実際に売買しようと思っても二の足を踏むのでしょう。

しかし、ご心配なく。ビットコインの買い方や売り方はインターネットで買い物をした経験にある人なら、誰でも簡単にできます。具体的にビットコイン売買方法や使い方をみていきましょう。

ビットコイン 買い方

ビットコインは、コインとは名ばかりで実際はソフトウェアです。

このソフトフェアをダウンロードすることで、誰でも入手することができます。

その際、「取引所」と呼ばれる仲介業者で円やドルと交換するのが一般的です。

具体的に取引所を紹介すると、現在日本で「ビットコイン取引量」、「ユーザー数」、「資本金」が日本1位がbitFlyer(ビットフライヤー)です。

初めて日本語対応しているビットコインの取引所として2014年に設立されました。

他にもビットコインの取引所がありますが、大企業のGMOペイメントゲートウェイと事業提携し、リクルートなどが出資しています。

アカウント開設も簡単で、メールアドレスだけで登録できます。

また、FX機能やビットコインでの買い物も可能にしている便利なサービスも揃っています。
コインチェックという取引所でもビットコインを購入することができます。

コインチェックも大きな特徴は、クレジットカードでビットコインが購入できる点です。
クレジットカードで購入する際に注意したい点は、「本人確認」が必要なことです。

とはいえ、写メを2枚ほど送る程度なので、それほど手間はかかりません。

間接購入

ビットコインを他人に頼んで購入してもらう方法もあります。

かつてはヤフーオークションではビットコインの購入代行をしている人がいました。

今現在、存在しているかどうかわかりませんが、ヤフオクをやられている方は一度検索してみてください。

個人間で集まって、ビットコインをその場で売買するサークルなどもあるようです。
このようなところでは取引所に登録しなくてもビットコインの売買をすることができます。

取引所での登録が煩わしい方は、利用してみてはいかがでしょうか。

ビットコインATM

ビットコインを購入する際にクレジットカードを使いたくないという人は、ビットコインを現金で購入できるATMもあります。

まだそれほど一般的ではありませんが、調べると2017年3月現在、日本全国に15ほどのビットコインATMが設置されています。

その内訳は、東京が一番多く4台。

千葉、茨木に各1台。

三重、大阪、京都、岡山、鹿児島に各1台。

いずれもカフェや結婚式場の貸し切りスペースなどにビットコインATMが設置されています。

探せば、まだあるかもしれませんし、ビットコインを手軽に買える方法として今後ますます増えていくでしょう。

ビットコイン 売り方

ビットコインの売り方は大別して2種類あります。

販売所で売る方法と取引所で売る方法です。

ビットコイン 販売所と取引所の違い

ビットコインの取引所には、「ビットコイン販売所」と「ビットコイン取引所」があります。

ちょっとややこしいですが、販売所とは取引所とのやりとり、取引所とは個人ユーザー同士のやりとりです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の例を取り上げます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の左サイド画面に「ビットコイン販売所」、その下に「ビットコイン取引所」とあります。

販売所でもビットコインを売ることができます。

売る時も買った時とほとんど同じ操作で済みます。

まず、売却したいビットコインの量を決めます。

数秒ごとに売却価格が変化するので価格に注意しながら「コインを売る」ボタンを押します。

次に注文内容の確認画面が表示されるので10秒以内に注文実行ボタンを押して注文を確定させます。

もし10秒以内にどのボタンもクリックしなかった場合は自動的にキャンセルになります。

個人ユーザー同士でのやりとりとなる「ビットコイン取引所」のボタンをクリックすると、ビットコインの買い注文と売り注文を行うことができます。

ここでは自分で価格を決められます。

また、買う時も売る時も数量が0.01以下の単位でも可能です。

取引所の価格を目安に

ビットコイン取引所の方が販売所より、利益があげやすいからと言って、取引所でついた値段よりかけ離れていては売買が成立しません。

買う方も売る方も販売所の価格をみています。

その販売所の価格を目安に取引所での売買を考えているのです。

販売所では表示された価格でしかビットコインの売買ができませんが、取引所では自分で決めた金額で売買できるとはいえ、

現在の値動きと高すぎても買い手はつかず、安すぎても売り手はつきません。

販売所はスマホアプリで利用可能ですが、取引所はパソコンでしかアクセスできない点にも注意が必要です。

ビットコイン ウォレット(財布)比較

ビットコインを売買するには、それを保管するウォレットが必須です。

ビットコインの送金や受け取り、また、取引所で購入したビットコインを保管しておく財布です。

ソフトウェアウォレット

そのビットコイン ウォレットにはいろんな種類があります。

パソコン上に保存しておく「ソフトウェアウォレット」。

自分のパソコンにソフトウェアを保存して利用します。

オンラインウォレット

次にインターネット上に保存しておく「オンラインウォレット」。

上記のソフトウェアウォレットより口座開設や各種設定が簡単に行なえます。

自分以外のパソコンなどからもアクセスできるので、自分のパソコンが壊れても安心です。

ネットバンキングに近いイメージです。

ビットコイン その他のウォレット

ビットコインのウォレットにはその他にもいろいろあります。

スマホで利用できるもの、紙で保管できるものなど。

モバイルウォレット

インターネット上のウォレットをスマホで使えるようにした「モバイルウォレット」もあります。

iPhone、androidのどちらでも利用できます。

ともにストアからアプリをダウンロードして使用します。

持ち運びできる点、これが一番便利でしょう。

ビットコインが利用できるお店などでお会計する時に気軽に使えます。

しかし、問題はセキュリティ面です。

スマホにセキュリティソフトを入れていない人はハッキングされる危険性があります。

大量のビットコインをモバイルウォレットで保管するのは、あまり感心しません。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、その名の通りアドレスと秘密の鍵を印刷して保管しておく方法です。

ハッキングされる恐れがないので、一番安全です。

大量のビットコインを長期間保管するのに向いています。

ただ、一度ペーパーウォレットからビットコインを引き出してしまうと、そのアドレスを再利用することはできません。

もちろん、印刷した紙をなくしてしまったらすべておしまいです。

紙の保管は慎重さが要求されます。

専用端末ウォレット

パソコンやスマホなどではなく、専用端末を使って保管する「ハードウェアウォレット」もあります。

ペーパーウォレットに次いで高いセキュリティを誇り、パソコンにつないで利用できる利便性も兼ね備えています。

ただ、日本では販売されていませんので、海外から導入しなければなりません。

その分、コストや時間がかかります。

まとめ

2017年4月1日から改正資金決済法が施行されました。

ビットフライヤー(bitFlyer)やコインチェック(coincheck)などの国内仮想通貨取引所では「犯罪収益移転防止法に基づく追加情報のご登録」という案内がホームページに表示。

既存ユーザーには案内メールも届いているでしょう。

取引する際は、法律に則って本人情報の確認や取引目的等の確認を行うこと(取引時確認)が義務付けられることになりました。

新規に口座を開く人はもちろん、既存のユーザーも厳重に登録が必要になります。

登録しないと4月1日以降取引ができなくなるそうです。

要はいままで以上に本人確認が厳重になり、当局が目を光らすことになります。

法律施行は自由度の低下を意味しますが、その半面、仮想通貨全般の信用アップにつながり、認知度の高まりにつながります。

2020年の東京オリンピックに向けてビットコインを始め仮想通貨全般が世間により一層広まるのではないでしょうか。

今からでも遅くはありません。

ビットコインの買い方、売り方を完全にマスターして、投資で利益をあげる方法を身につけておきましょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する