⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ここでは、仮想通貨のビットコインの購入方法についてご説明いたします。慣れてしまえば難しいことではありませんが、実社会のお金の両替とも違いますし、紙幣のように実態がないために、戸惑う人もいるはず。

特にオンライン上での送金手続きや振込手続きが、実社会での銀行から振り込む手続きとは微妙に異なるので、戸惑うことが多いようです(私もそうだったので)。

ですので、戸惑わなくてもよいように、ビットコインの基本的な部分も踏まえてご説明いたします。

ビットコインとはどういう通貨なのか?

さて、ビットコインは時価総額ランキングで一位の仮想通貨です。

また、最初の仮想通貨であり、リリース後に120万倍まで上昇したことや、マウントゴックス事件などでメディアに取り上げられたということもあって、もっとも有名な仮想通貨ということができます。そのため、主要な仮想通貨の取引き所でほとんど取り扱われています。

そして購入する時には、日本円でビットコインを購入することができます。あるいは、一定の条件を満たせば、取引き所によってはクレジットカードを使ってビットコインを購入することも出来ます。

つまり、とても購入しやすい暗号通貨の一つだということです。

ビットコインの相場

ビットコインを日本円と交換する時の交換レートの元になるのが、取引きする価格の変動、つまり相場です。

仮想通貨の取引き相場は売買される状況に応じて変動するため、通常の外国為替取引きのように購入日時によって時事刻々と価格が変わります。さらに、外国為替市場は日本、ニューヨーク、ロンドンなど世界各国の取引き所で行われているため昼夜を問わず変更しますが、さすがに土日は休みのために相場は動きません。

しかし、仮想通貨の取引き所は土日も関係なく動いています。

これは、取引きそのものがインターネットでのみ存在するために、24時間、365日いつでも取引きができるためです。そして、日時に関係なく変動します。

また、その相場の変動は、大変に変動が激しいことが挙げられます。目安として15分間に15%以上の値動きが生じると暴騰暴落と仮定すると、この暴騰暴落が生じることは珍しくはありません。

これは、時価総額がランキング1位とはいえ、まだ外国為替に比べて時価総額がはるかに少ないため、特定の地域で頻繁に取引きが行われると、その一部地域での売り買い状況の影響が、相場全体にまで影響を及ぼす規模であるためです。

以上のことから、ビットインを購入しようとする場合、その購入額、つまり交換レートは時事刻々変わります。海外旅行に行く人なら知っていると思いますが、外国の通貨に両替するときは、その日の交換レートが決まっていますよね。毎日変わりますが、その日は変わらない。しかし、ビットコインはその瞬間ごとに交換レートが変わるのだと覚えておいてください。

余談ですが、ビットコインでお買い物をする時も、お支払いをする瞬間ごとに交換レートが変わるので、お支払いタイミングの交換レートを元にしてお支払いすることになります。

仮想通貨と法定通貨の違い

まず購入する前に、仮想通貨と法定通貨の違いについて理解しておきましょう。ただし、すべての違いをここで説明することは避けて、ビットコインを購入するにあたって、最低限必要になることに的を絞ってご説明いたします。

仮想通貨というのは、そもそも実態がなく、一つのデータです。実態がないために、持ち歩いたりすることは出来ません。しかし、逆に言えば、データであるために持ち歩く必要はなく、データを瞬時に動かすことが出来ます。

それに対して、法定通貨は紙幣や硬貨という形で物理的に存在します。それを、財布やポケットに入れて持ち運び、必要に応じて支払いをします。

しかし、その法定通貨も電子的なデータになることがあります。それが、銀行の預金です。あなたが銀行口座にお金を預けると、その金額を電子的に記録して、あなたの口座にいくらのお金が入っているのかが記録されます。

仮想通貨の場合、手に触れて移動させることが出来ないため、移動は銀行口座でいう振り込みのような手続きが必要になります。(電子マネーのように、カードや機器にチャージしたものは除きます。)

そのため、ビットコインは購入すると自分の口座に保存されて、そこから自分の財布(以後、ウォレットと表記します)へ移動する時も、自分のウォレットに”振り込み作業”することになります。

それから、法定通貨の銀行口座は名前と銀行名と支店名、口座番号で振り込みますが、ビットコインはアルファベット大文字小文字と数字で記載された34桁のアドレスと呼ばれるものを使って振り込みします。また、このアドレスは入力ミスを防ぐために、QRコード(二次元バーコード)で表現されることもあります。

このあたりが最初は少々わかりづらいところですね。

購入前に準備しておくこと

ビットコインを購入する場合は、購入できる両替所にまずアカウントを開設する必要があります。アカウントを開設すると、その両替所に自分のビットコインを保管するための口座が開設されます。

購入したビットコインは、一旦そこに保管されることになります。

また、ビットコインを購入する場合、クレジットカードを利用することもありますが、銀行口座から日本円を振り込む必要があります。

日本円を両替所の自分のアカウントに紐付けされた口座に振り込む際には、自分の振り込みだということがわかるように、振り込み人の名前の前もしくは後に個人を特定するための番号を振り当てることになります。

また、突然振り込むのではなく、事前にいくら振り込むのか?ということを申請してから、数日以内に振り込むというのが一般的です。

それから、両替所で用意する口座に購入したビットコインを保管することも出来ますが、セキュリティーを考えると早めに自分のウォレットに移動することをおすすめいたします。

そこで、購入前に出来れば自分のウォレットを用意しておくとよいでしょう。
ウォレットについて言えば、BLOCKCHAINなどが有名ですが、他にも様々なものがあります。まずは使いやすいものを選びましょう。

購入する場所

主要な仮想通貨の取引き所であれば、どこでも購入可能です。

有名なところでいえば、ビットフライヤー、コインチェックなどがあります。他にもたくさんありますので、グーグルで調べてみるとよいでしょう。

その時、一番気になるのは手数料かもしれませんが、ここで注意が必要です。仮想通貨の場合は、政府の対応が未整備であるところが多々あります。法整備もその一つです。信用度の低い取引き所も中にはあるため、トラブル発生のリスクもまだまだ存在します。

手数料が安い・・・というだけでは選ばず、ちゃんと入出金のトラブルがない、信用の高いところを選ぶようにしましょう。

購入の手数料

ビットコインの購入手数料は、売り買いの価格の差(スプレッドといいます)がその役割を果たします。

何ビットコインにつきいくら必要というのではなく、ビットコインを買う時は価格は高めで、売る時は価格が安くなることによる幅が両替所の手数料になるわけです。

購入時点でよくつまずくポイント

購入でつまづくポイントは、価格が変動するために、売り買いが瞬間で決まるとは限らないということです。これは、FXをやっている人であれば理解できることなのですが、FXをやったことがない人であれば、少々戸惑うかもしれません。

購入価格を入力して、何ビットコインを購入する、あるいは、アカウントに入金済みの日本円の何%分をビットコインの購入に充てる、という形で購入します。

とにかく購入するということであれば、買値を少し高め(1〜2%)に設定しておけばいいのですが、心理としては少しでも安く購入したいと思います。そして、安めに設定するとなかなか購入できない、ということも起こります。

決して難しいことではないのですが、このようなことがあるのだな、ということを知っておいてください。

購入した後にすること

先ほども触れましたが、購入したビットコインは自分のアカウントの口座に一旦保管されます。この口座には、ビットコインの購入時に使わなかった残りの日本円などの法定通貨もあわせて保管されます。

購入後にして欲しいこととして、購入したビットコインについては、より安全のために、出来るだけ速やかに自分のウォレットに移動することをお勧めします。なお、仮想通貨の振り込みに必要な手数料は非常に割安なため、ウォレットへの移動にかかる費用はそれほど大きな負担になりません。

以上から、安全のためにビットコインを購入後は、自分のウォレットにビットコインを移動させるようにしましょう。

続いて、送金手数料について触れます。

送金手数料

ビットコインは、送金手数料が安いことが特長です。というより、そもそも送金を頻繁に行う性質から、安くなくては困るのですが・・・。

さて、その送金手数料は一定ではありませんのでいくらとは言えませんが、私の取引き履歴を見たところ0.0002〜0.0003BTCでした。当時のレートで34円前後でした。

送金手数料は、急ぎでなければ工夫することで安くすることも可能です。上記は送金する時間が決まっていたために確実に送金手続きを完了する必要があった時の手数料です。

もちろん、これをうのみにせず、あくまで参考としてください。
ご自身が使う両替所やウォレットの手数料をご確認ください。

大切なことは、銀行の手数料よりも安く、変動するものだということです。

まとめ

以上が、ビットコインの購入方法についての説明になります。

ご説明したように、ビットコインを保管するウォレットというのは自分の財布という意味です。しかし、初めてビットコインを購入する時の感じ方としては、自分の財布というよりも自分の銀行口座に近いですよね。

この辺りがややこしいところなのですが、順を追って手続きすれば誰でも購入することが出来ますので、まずは落ち着いて購入してみてください。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する