⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

仮想通貨ビットコインは、売り買いのほかに採掘という方法で手に入れることができます。採掘というのは膨大な計算を行って答えを求める作業です。この答えを見つける行為が金脈を掘り当てるような作業に似ていることから採掘といわれているのです。

その採掘を成功させれば、無の状態からビットコインを生み出すことになるので、文字通り「丸儲け」です。なぜ、このような仕組みになっているのか? 実際に儲かるのか? 検証してみましょう。

ビットコインの採掘とは?

ビットコインの採掘とは、いったい何をしているのか?

採掘、言い換えればマイニングは、簡潔に言えば、ビットコインの採掘は、ある条件に合う数字をみつけるために計算する作業です。

見つけた数字が条件に合うかどうかは、他の人が簡単にチェックできるようになっています。

この仕組みだけをみれば、単純なように思われますが、実は競争が激しいのです。

簡単に大量の発掘されてしまうと、世の中にビットコインが溢れて価値が下がってしまいます。

だから、採掘は10分に1回と限られています。

しかも、先着1名です。

10分に1回、先着1名とあれば、より高速なコンピューターを使う方が当然有利です。

中国ではビル一棟を借り受け、その中で何千台もの高性能コンピューターを動かして採掘を行っている猛者もいます。

もはやビットコインの採掘は競争が激化して、個人レベルでは太刀打ち不可能な状態です。

採掘の採算性

10分に1回、先着1名の権利獲得を目指して、世界中のスパコンが作動しています。

電気代も膨大なものになります。

ビットコインが発行された当初、まだ知名度が低い時代は競争相手も少なく、普通のノートパソコンでも採掘はできました。

しかし、知名度も上がり、価格も高騰した今では普通のパソコンでは勝てなくなりました。

今ではビットコイン採掘専用のコンピューターまで開発され、高額な高性能コンピューターで挑んでいます。

金に例えれば、昔はスコップやつるはしで金脈を掘り当てていたものが、今では巨大なトンネルを掘るような掘削機を使っているようなもの。

個人レベルで採掘に挑んでも、よほどの資金力のある人でない限り、採算は合わないでしょう。

プールマイニング

もはや個人レベルでは採算が合わない採掘。

そこで、多くの人が協力し複数のコンピューターをインターネットで接続して発掘するプールマイニングという方法も出現してきました。

とはいえ、多数のコンピューターを接続するのも大変な作業だし、仮にビットコイン得られたとしも山分けすると、ひとりあたりは大した量になりません。

こうした現状を考えると、ビットコインの採掘は「儲け話」とは言い難いようです。

採掘(マイニング)の具体的な意味

採掘とは何かを具体的に噛み砕いて説明すると、

・送金した人がそのビットコインの本当の保有者なのか?

・ビットコインを正しく扱っているか? 重複して使っていないか?

・偽物のビットコインを使っていないか、本当に保有しているのか?

といったことを、世界中の採掘者たちがチェックします。

このチェック作業を前述したように10分に1回、先着1名が行っています。

従来の考え方ではお金は中央省庁が管理するものです。

しかし、その代わりに個人がこうしたメンテナンスをやってくれるというシステム、それが採掘作業です。

その採掘作業の報酬として、新規のビットコインが与えられるのです。

いわばメンテナンス報酬ということです。

採掘(マイニング)の現状

採掘するには許可などは必要なく、かつてはインターネットに接続できるパソコンがあれば誰でも参加することができました。

しかし、今では数百台ものコンピューターを駆使した「採掘のプロ」が登場するなどして競争が激化。

前述した通り、もはや個人レベルでは採掘に参入の余地はありません。

利用者や価値の増大によって、数多くのパソコンを使わないとビットコインを発掘することはできません。

とはいえ、考え方次第で、費用を安くし、スマホで採掘する人も出現してきました。

どういう方法で? となりますね。

他の仮想通貨を迂回して採掘

調べると、個人で1台のパソコン、スマホを使って採掘をしている人もいるそうです。

どういう方法かというと、比較的簡単に採掘できる他の仮想通貨を採掘し、その入手した仮想通貨をビットコインに替えるのです。

ビットコインはSHA256Dタイプのアルゴリズムを使っています。

しかし、その他のライトコインなどで使われるScryptタイプや、Quackタイプ、または独自の暗号タイプのコインなら、まだライバルの少なく、比較的容易に採掘できるそうです。

その他のタイプで採掘した仮想通貨を使って、取引所でビットコインと両替しているのです。
いうまでもないことですが、現在最もメジャーで力を持っているのはビットコインです。

ビットコインそれ自体を狙えば敷居が高くなりますが、迂回すれば余計な労力を使わずに個人でも可能ということです。

クラウドマイニング

もはや個人レベルで採掘を行うのはお金がかかり過ぎて現実的ではありません。

しかし、マイニング団体に投資することによってマイニングに参加する方法があります。

マイニング団体に資金を提供して、マイニング団体の一部分のオーナーになります。これをクラウドマイニングといいます。

クラウドマイニングは実際にコンピューターを用意してマイニングに参加するマイニングプールとは違って、

資金提供するマイニング団体への参加度合い、資金量によって受け取れる配当の量が変わってきます。

株式投資で配当を受け取るようなイメージです。

マイニングでは知識や技術が必要になってきます。

ビットコインのブロックチェーンを作っていくための演算方法も勉強しなければなりません。

高性能コンピューターへの設備投資も必要です。

しかし、クラウドマイニングではそのような必要はありません。

資金を提供することでオーナーになれますので、そこまでの知識は必要なく、必要なのはお金だけです。

クラウドマイニングは儲かるのか?

クラウドマイニングでは、いうまでもなく投資先がマイニングに成功することで配当が生まれます。

もちろん、個人でマイニングを行うより収益率は低くなりますが、現在のマイニング事情を考えれば配当をもらえるだけ「良し」とすべきでしょう。

とはいえ、ビットコインはそのシステム上、徐々にマイニングによってもらえる報酬は少なくなっていきます。

だから、元金を回収するのには時間がかかるようになってきます。

定期的にビットコインを得て、元金を回収できれば、プラスということになりますが・・・。

クラウドマイニングのリスク

クラウドマイニングのリスクは、元金を回収する前にマイニング団体がつぶれてしまうことです。

クラウドマイニング団体が詐欺だったというケースもあります。

この世にノーリスクでリターンを得られることはありません。

クラウドマイニングに参加するには十分に知識を得てから行いましょう。

元金さえあれば儲かるという話ではありません、

クラウドマイニングに関してはインターネットにも色々と情報が出ています。

クラウドマイニングに限らず、仮想通貨全般にいえることですが、大事なのは十分に知識を身につけることです。

まとめ

仮想通貨ビットコインには取引履歴を記録する「取引台帳」というものがあります。

世界中の取引を、その台帳に追記していきます。

大変な作業です。

人の力では到底作業が及びません。コンピューターの力が必要です。

ざっくり言えば、その台帳に追記するために「コンピューターの力を貸してください。正確に追記した人には報酬(ビットコイン)を支払いますから」ということです。

これが「採掘(マイニング)」です。

いわばコンピューターの労働対価です。

この採掘する人がいるおかげでビットコインを送金や売買が可能になります。

とはいえ、現在では「プロの採掘者」も数多く出現してきており、個人が採掘で儲けるということは不可能な状況です。

クラウドマイニングにしても「怪しい団体」があります。

インターネット上でクラウドマイニングと検索しても、その団体のURLをクリックしても表示されないサイトが結構あります。

詐欺までとはいえないまでも、うまくいかず消えてしまったのでしょう。

仮想通貨はまだまだ発展途上の段階です。

この先、いろんなマイニング方法が出現するかも知れませんが、

現段階では採掘自体で儲けるのは難しいと言わざるを得ません。

これからは、仮想通貨ビットコインは売買で利益をあげることに専念した方が賢明ではないでしょうか・・・。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する