⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインが仮想通貨の中でも儲かるもののひとつと考えられている理由は何でしょうか?事実、ビットコインは2016年の9月から2017年の2月までのわずか6ヶ月間の間に2倍もの価格上昇がありました。

また、この価格上昇が突然のことであればともかく、とあるきっかけがあって上昇したので、その情報を知っていた人にとっては当然上昇するものだと考えていて、だから投資して儲かったという話です。景気のいいはなしですよね。

そのきっかけというのは、泉忠司さんがビットコインっていいよ!っていうプロモーションを行ったことです(ちまたでは”泉ショック”と呼ばれているとか!?)。これはビットコインの時価総額が2兆円程度なので起こりうることなのです。

日本の有名企業1社の株よりも小さいくらいですから、影響力のある人の言動や、1国の政治情勢などによってビットコインの価格が上下することがあるのです。しかし、きっかけさえキャッチしていればチャンスはいつでもあるということでもあります。

こういう話はこれから仮想通貨の世界では珍しくなくなってきますので、このチャンスに乗り遅れないためにもアンテナをはっておきましょう。

そして、ここでは仮想通貨全般ではなくて、ビットコインに絞って儲かると考えられる理由について考えてみましょう。

ビットコインは仮想通貨の王者的存在

ビットコインがなぜここまで価格が上昇しているのでしょうか?ビットコインは初めてのブロックチェーン技術を使った仮想通貨でありながら、トップを独走しているからです。

仮想通貨そのものの中には、技術的にはすでにビットコインを超えているものが存在します。しかし、そのような仮想通貨ですらビットコインの時価総額を抜くことはできていません。

それは、ビットコインの認知度が抜群に高いということに他なりません。認知度が高くて使いやすいということは、何よりもユーザー数を増やすことには必要な要素です。だから、ビットコインは仮想通貨の王者的存在にあるのです。

おそらく今後はビットコインの技術的な限界によって新たな仮想通貨がトップの座を奪うことがあるかもしれません。例えば、今のビットコインの限界は1秒間に7つの取り引きを行うことが限界といわれています。そして、その限界はもう間もなくやってくるという話ですから、いずれ他の仮想通貨へと移ることがあるでしょう。

しかし、それでもビットコインはなくなるのではなく、むしろ特別な存在になると考えられます。そう考える理由は、世界中のお金持ちたちがビットコインを持っているからです。

彼らにとって資産を長く保有することは珍しいことではありません。そして、彼らが『分散投資』の観点から資産の一部を(といっても我々からすれば莫大な金額でしょうが)ビットコインに変えていくことでビットコインの流動は一時的に下がることになります。

流動が下がるといっても使う人がいなくなるのではなく、大金持ちはビットコインを持ち続け、残りの少数のビットコインが流通することになって、さらに価格が上昇する可能性があります。

ここから先はあくまで予測ですが、そうなればビットコインはお金持ちのための仮想通貨という位置付けになって、普通の人は別の仮想通貨を使う・・・ということが起こるかもしれません。

これについては、次のビルゲイツの話が参考になるかもしれません。

ビットコインは儲かると考えているビルゲイツ

あなたが投資をしようと思った時に、誰の意見を参考にしますか?専門家といわれているが、実際には儲けていなさそうな人の意見を参考にしますか?あるいは、儲かってるというまでもなく、明らかに儲かってそうな人の意見を参考にしますか?

もしも株に投資するなら、ウォーレンバフェットが最近買った銘柄を知りたいと思いませんか?

そして、マイクロソフトがこのビットコインを大量に保有しているという話を聞いたら、あなたはどう考えますでしょうか?

保有しているのはマイクロソフトですが、もちろんビルゲイツに内緒でということではないでしょう。そして、ビルゲイツは非常に優れた投資家でもあります。彼はマイクロソフトを経て手に入れた資産だけではなく、それ以外の投資からも非常に大きな資産を築いています。

そんな彼がビットコインを認めているのであれば、興味がわいてこないでしょうか?そして、先ほどの話でわかるように、ビットコインは徐々に資産家の手に渡って行くかもしれません。

そう考えられる理由は簡単で、彼らは長期に保持することの大切さを知っているからであり、さらに言えば、ビットコインを大量に買うほどの資金も持ち合わせているからです。たくさん買って、長期間持ち続ける人が増えれば、だんだん流通量が減るのは当然のことです。

もちろん自分一人で買い占めても意味がないので、そういうことはありませんが、それくらいの資金力を背景に買って保持すれば、ビットコインが今後どうなるかは明白と言えます。

ビットコインが儲かるトリガー

仮想通貨で儲けようと考えた場合、価格が上昇する前に購入して、価格が高騰した時に売るのが最も簡単かつ確実な方法です。

実はビットコインが今後高騰するであろうトリガー(引き金となる出来事)が、すでに用意されています。それが、アマゾンの決済手段にビットコインを採用することです。

アマゾンは2016年に年間15兆円の決済をしています。このうちの1割でもビットコインになったらすごいことになることは間違いありません。さらに、世界中のお金持ちたちがビットコインを保有し続けて、決済する人が増えて・・・となると、価格の高騰がないわけがないということです。

もちろん、アマゾンは一つの例に過ぎません。他にも多くの企業がありますから、大きな市場でビットコインの決済が始まれば、高騰するチャンスが他にもたくさんあるということです。

アマゾンはすでにビットコイン決済についてテスト運用を開始している

さらに、アマゾンはすでにビットコイン決済についてテスト運用を始めているようです。テスト結果によってはビットコインの決済を見送る可能性もありますが、今後のアマゾンのビットコイン決済にからむニュースには注目をしたいと思います。

ビットコインは金に並ぶ位置付け

ビットコインはいずれにしても、金に匹敵するような位置付けになるのではないでしょうか。他にも仮想通貨はありますが、その抜群の認知度は決してあなどることができません。また、将来ビットコインに仮に技術的な限界がきたとしても、技術には技術で対抗することも可能です。

政治や自然が相手なら思うようにならないこともあるでしょう。しかし、技術であれば違います。時代が変わって技術的な問題が生じたとしても、技術的な問題である限りは必ず解決する糸口があります。

だから、おそらくビットコインは他の仮想通貨が出てきて、時価総額を抜かれるようなことがあったとしても、初のブロックチェーン技術を使った仮想通貨であり、その功績も地位も不動であり続けると私は考えています。

ビットコインに隠された秘密

少々大げさな表現かもしれませんが、ビットコインに隠された秘密と私が個人的に考えていることについて触れたいと思います。ここは個人的なファンタジーの話なので、興味がない人はスルーしてください。

ビットコインは中本哲史という『日本人名だけど偽名』という方が提唱して始まった技術的な新しい試みの一つです。しかし、その中本哲史氏の思惑はことごとく的中して現在に至っています。

ある人の意見ですが、法定通貨に喧嘩を売るような真似をすると身に危険が及ぶから偽名を使っているという話があります。確かに、それはその通りだと思います。しかし、よく考えると疑問も生まれます。

それは、『ビットコインが初めからうまくいくと、なぜわかったのか?』ということです。

技術的なチャレンジではありますが、普通は最初からこんなにもうまくいくことの方が珍しいですよね。大抵は何度か失敗します。

しかし、ビットコインは違いました。初めてのブロックチェーン技術の実用であり仮想通貨の最初の1つ目であるビットコインがここまでうまく行ったのです。こんなことは普通ありえないことですが、しかし中本氏はうまく行くと確信をしていたから『身に危険が及ぶことを想定して偽名にした』とは考えられないでしょうか?

そして、もしも彼に未来を見通す力があるとしたらどうでしょうか?それは何もタロットカードで見通せということではなく、あくまで論理的に推論したら・・・どうでしょうか?

ビルゲイツや他の大金持ちたちが資産の一部をビットコインに替えて長期間保有する。そして多くの企業が決済手段として時代に背中を押されてビットコイン決済を認め始める。多くの人が意識することもなくビットコインを使い始める。それはまるでクレジットカードが現在当たり前になっているように、ビットコインが当たり前になる時代の到来です。

そして、そういう未来を的確に中本哲史氏が見通していたとしたら・・・。

ビットコインの最小単位は1億分の1を1satoshiと呼ぶそうですが、近い将来1satoshiは1日本円になる日が来るのかもしれませんね(それを見通して1satoshiと名付けたのかはわかりませんが・・・)。これは全くの私の推論ですが、そんなことを考えたりしています。

まとめ

ビットコインは技術的には課題を抱えていますが、まだまだ価格の上昇する要素はあります。時価総額が2兆円ですから、大手アマゾンが決済手段のひとつにしたり、アマゾン以外の大手企業が決済手段に認めれば、それだけで時価総額が上がって価格は高騰するでしょう。

また、マイクロソフトがビットコインを大量に保有しているという話もあるので、多くのお金持ちたちが資産の一部をビットコインにして長期保有することも考えられます。

その全てがビットコインの価格が上昇することにつながる出来事なのですから、まだまだビットコインで儲かるチャンスはあるということです。

最後に、今回の記事は色々と推論も多かったですが最後までおつきあいくださりありがとうございました!

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する