⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインで儲かるという話や、ビットコインをからめた投資の話があちこちで見受けられます。実際にHYIPと呼ばれる、日利での高配当をうたった投資案件がありまして、いろいろと問題を起こしているようです。

そうすると『ビットコインはねずみこうではないか?』と考えてしまう人がいても不思議ではありませんね。

しかし、はじめに結論を言っておきますが『ビットコインはねずみこうではなく、ブロックチェーンという技術を応用した仮想通貨のひとつです』。ビットコインそのものは投資案件ではありません。

しかし、ビットコインを使ってねずみこうをする人がいるため、誤解を受けているだけのことです。ビットコインがねずみこうなら、とっくに締め出しをくらっているはずですが、事実問題なく利用できていますよね。

そこで、ここではビットコインとはねずみこうなのか?について考えてみて、ねずみこうについても言及したいと思います。

ビットコインはあくまで暗号化技術のひとつ

まず誤解がないようにするために、ビットコインは暗号化技術のひとつであることを再度お伝えしておきます。ビットコインはブロックチェーン技術という新しい不正防止のための技術を電子的な通貨として応用した『ひとつの技術』なのです。

ここには、ねずみこうだとか儲け話という考え方は存在しません。

ではなぜねずみこうや儲け話という考え方が生まれるのか?についてお話をしておきましょう。それは、通貨としての性質と、マイニング報酬という2つのことを知っておく必要があります。

通貨としての性質

ビットコインはブロックチェーン技術を元にして、通貨としての性質をもたせています。ブロックチェーン技術とは、取り引きの記録をすべて記録して、記録したものをあちこちにコピーして残してしまう技術だと考えてください。

仮に取り引きの記録を改ざんして、他人のビットコインの送金先を自分の口座に変えようと考えたとしても、あちこちに取り引き記録のコピーが存在するためにすべての記録を改ざんしない限りは不正がバレてしまいます。そして、この技術があることで通貨としての安全性と信頼性を担保しているのです。

さて、ビットコインには通貨としての性質がありますが、実際には国が発行する法定通貨(日本円や米ドル、ユーロなど)ではありません。一部例外の店舗はありますが、通常使用するには法定通貨に両替をする必要があります。

その両替する際には、外国為替取り引き(FX)と同じように両替のための相場が存在します。そして、相場は変化するために日時によって両替のレートが変わります。

そのために、FXと同じように投資として考える人が出てきているのです。さらに言えば、全くの無名だった頃はビットコインはほぼタダみたいなものでした(2010年には1万BTCで25ドル相当のピザを購入した)。しかし、その後ビットコインの価格は上昇して、投資として持っているだけで利益を得ることができたのです。

そして、そのような背景から『仮想通貨は儲かる!』という話につながって、技術的な側面やビットコインが持つ本来の意味(不正させないという技術)を忘れて儲け話に人が集まってきたという側面があります。

当然ですが、その中には意図的に儲かるからとダマそうとうする人がいたり、ビットコイン以外の仮想通貨を開発して『儲かる』といってダマした人たちもいます。

このように、悪いイメージが先行しているために、悪いうわさは簡単に広まるという背景があります。

マイニング報酬

もうひとつ、ビットコインにはマイニングというものがあります。これは、超ハイスペックなスーパーコンピューターを使ってビットコインの承認作業を手伝うことで報酬を得ることです。

ビットコインは不正を防止するために、ブロックチェーン技術による記録を作成する時に承認作業というものを行います。その承認をしてくれたお礼としてビットコインの報酬を与えているのです。

この報酬を求めて、世界中のマイナーと呼ばれる人たちがゴールドラッシュのように一攫千金を求めてスーパーコンピュータを使ってマイニングを試みています。なお、承認は10分に1回行われていて、それをできるのは1マイナーのみですから、奪い合いなのです。

このマイニングに必要な資金を投資という形で募っているのですが、このマイニングという一攫千金とビットコインが混じり合って、さらにはマイニングを目的とした投資案件が生まれてきたために、ビットコイン関係の投資が加熱してきたという背景もあります。

その延長線上に、ねずみこうの仕組みを用いて儲けようという人が現れているのです。マイニングしませんか?と投資を募り、ねずみこうまがいの手法で投資を集めて、結局マイニングできないまま・・・という具合です。しかし、くどいようですが、これとビットコインの存在は全くの別物です。

HYIP系の投資案件

さて、ビットコインの価格上昇を背景にして『投資したい人』が集まってきているので、そこでビットコインに直接関係がないけれど、ビットコインを使った投資案件を提示すると、多くの人が注目してくれる・・・という環境が整いました。

そこに目をつけてきたのがHYIP系と言われる日利数%という驚異の配当金をうたった投資案件の登場です。

元々はビットコインの値段が上がっていて気になった人たちですが、ビットコインを持つだけよりも、もっと効率良く儲かるよといって人を集めて、投資を募るというものです。そして、たいていは投資が集まった段階で連絡が取れなくなるというパターンですね。

この手のHYIP系は投資資金を早く集めるために、人から人への紹介をすることでさらに利益が上がるような仕組みになっています。そこが、いわゆるねずみこうの組織構造をとっているのです。

ただしHYIP系だから全てダメというのではなく、こういう投資案件が存在していて、多くの人にとっては良し悪しの見分けがつかないために怪しいと感じてしまうのではないでしょうか。また、十分な理解がないまま危険な案件に投資してしまうことも同様です。ですから、ちゃんとした判断基準が必要だと思いませんか?

MLMの性質をもっている

HYIP系に限らず、ビットコイン関連の投資案件はMLMの形式をとっていることが多いようです。

MLMというのは、マルチレベルマーケティングの略で、人がツリー構造に並んでいるために、まるでねずみこうの組織図に見えてしまうものです。しかし、MLMそのものは決してねずみこうということではありません。

事実、ねずみこうであれば警察のごやっかいになりますが、問題なく存在しているところがありますよね。そこでこのあたりを深掘りしてみることにしましょう。

MLMにもねずみこうとそうでないものがある

MLMは、組織構造を見た時に、自分に商品やサービスを紹介してくれた人と、自分が商品やサービスを紹介した人でツリー状に組織が構成されています。自分よりも下のツリーにいるひとをダウンと呼んだりします。

MLMは『マーケティング手法』であるため、簡単に言うとお客さんがお客さんを口コミで集めてきて、商品の説明や登録もお客さんがおこなうスタイルを意味しています。なお、マーケティングは集客と商品紹介と考えてください。(注:最終的に商品やサービスを売る(法律的には売買契約を結ぶ)のはセールスの役割です。)

さて、ここで組織図がツリー構造であれば、すぐに『ねずみこうだ!』という人がいますが、組織構造だけではねずみこうかどうかの判断はできません。実際に見極めるには、お金の流れを見ておく必要があります。

お金が『下から上』に上がっていくとねずみこうですが、『上から下』に流れる分にはねずみこうではありません。ここはよく理解しておいてください。

これは株式会社の組織を考えればよく理解できます。株式会社もトップに社長がいて、その下に役員がいて、部長、課長、係長、一般社員というツリー構造になっています。

しかし、誰も株式会社をねずみこうだという人はいません。なぜならば、給料をそれぞれ受け取りますが、それは会社が会社の名前の元に利益をあげて、会社からそれぞれに分配される仕組みをとっているからです。つまり、お金が上から下へ流れるからねずみこうではないのです。

これに対してねずみこうは違います。ダウンの人からお金を吸い上げて、それを上に上にと分配していくのです。ここがねずみこうとそうでないものの決定的に違う点のひとつです。これについては今後悪いのに引っかからないように、よく覚えておいてください。

まとめ

ビットコインがねずみこうではない・・・それは当然のことです。しかし、ビットコインにはマイニングという『報酬発生の仕組み』があるために、一攫千金のイメージがつきまとい、誤解を生みやすいようです。

また、価格の高騰を狙って投資したい人が集まってくるために、そういう投資へ前向きな人を狙っている人たちがいることも事実です。

そのためには、しっかりと良し悪しを見極める判断基準が必要になります。ねずみこうは組織構造ではなくて、お金の流れが下から上にあがってくタイプであることをしっかりと記憶しておいてください。

なお、これを別の表現にすると『お金の原資がどこにあるか?』と表現することができます。下から上にお金が吸い上げられる場合は、お金の原資は参加するダウンの人のお財布が原資になります。これは完全にアウトです。お金の流れる方向と、その原資がダウンのお財布でないことが最低限チェックすることになります。

また、投資は少しでも不安があるなら『ストップのサイン』です。他の人がどれだけ儲けたという話を聞いても『ストップのサイン』に従ってください。儲け話はたくさんありますが、いちいち全部に投資することはできないので、不安が生じたならば見送る勇気も必要です。

ぜひ、見極めるポイントを忘れることなく、落ち着いていきましょう。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する