⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

ビットコインのことを知って、実際に使い始めると、今まで気づかなかったことに気づくことがあります。便利だなぁとか、こんなところでビットコインが使われているんだとか、価格の値動きが激しいなだとか、たくさんの気づきがあるはずです。

実際に私自身『世の中にはビットコインに絡むニュースが結構あるな』と感じました。というのも、実際にビットコインを使って、ビットコインを所有するまでは、そのようなニュースはよほど大きく取り上げられない限りは気に留めていませんでした。

ところが、一旦ビットコインを使い始めて所有すると、相場の変化やニュースがあるとどうしても気になって見てしまいます。ビットコインや仮想通貨のキーワードを見るだけで目が止まるようになってしまうのです。

そうなると次に気になるのがリスクです。つまり、危険性ですね。便利だし、実際に利益を上げているのですが、メリットの反対側にはデメリットがあります。

そこで、ここではビットコインを持ち始めた人が気になるであろうビットコインの危険性について解説をしたいと思います。

ビットコインの相場変動リスク

私が初めてビットコインを使い始めたのは、海外への送金のためでした。ある商品の代金を振り込むためにビットコインを使ったのですが、その時に感じたリスクは価格の変動リスクです。

ここ2016年の終盤から2017年の前半にかけて相場が上ったり下がったりしていますが、全体的には『上って』いました。ところが、送金をする側からすると価格の動きは『変化なし』の方が助かります。なぜなら、両替をして振り込むまでのわずかな間に相場が下がってしまうと、追加でお金を振り込む必要があるためです。

海外の家族に送金するならともかく、相手は商売でやっているために決まった価格で送金する必要があり、1円でも不足すれば最悪商品が手に入らないというリスクがつきまといます。そのため、多めに用意する必要があって、これが結構大変でした。

もちろんビットコインが上げ相場で待てるならば、受け取ってから日本円や米ドル、ユーロなどの法定通貨へ換金すればいいのですが、状況によりけりですね。大抵は暴落のリスクの方が気になるためにすぐに換金することになるでしょう。

以上から、変動のリスクがビットコインのリスクのひとつです。

ビットコインの換金ができないリスク

日本ではあまり気にする必要がないかもしれませんが、海外(中国、インド、フィリピンなど)では実際に取引所に規制がかかってしまい、一時的にビットコインの取り扱いを停止または制限するケースが生じています。

場合によっては、換金ができたとしてもとても割高なレート(損をする側のレート)での取引になったりしたこともあります。そのため、規制によって取引への制限、最悪は取引そのものができなくなる制限を受けるリスクはあります。

ただし、これは異常なまでのビットコインへの資金流入(つまり外貨の購入が急激に高まることと同じ原理)を政府が規制するため(※)であって、日本や他の先進国では今の所そういうことは生じていません。

ただし、時価総額が現在の2兆円程度から10倍、20倍、30倍、・・・と増えていくと、将来はわかりませんので、念のために理解しておいてください。

※普段は意識しないかもしれませんが、日本円から米ドル、ユーロなどに両替をする時は、銀行で身分証の提示と利用目的などをきかれます。また、海外への持ち出し金額も数百万円規模になると申告が必要となり、制限を受けることもあります。これは、貨幣の流出が国にとって重大な監視項目であるためであって、ビットコインも流通量が増えれば監視や規制の対象になるということです。

ビットコインでよくある事件に遭遇するリスク

ビットコインは、基本的に政府が間に入っていません。そのために、様々な事件が生じています。この手の『事件に遭遇するリスク』は常に一定の確率で存在します。

もちろん、法定通貨でも詐欺事件や盗難などの標的になる可能性はありますが、法定通貨の事件の場合は報道などによって注意喚起がありますよね。しかし、ビットコインに関しての事件の扱いはそれほど大きくありません。自分から事件のニュースをキャッチして、自己防衛をする必要があります。

とはいえ、それほど被害をうける事件の種類が多いわけではないので、ここでは代表的な情報を共有しておきます。このようなリスクがあるため、どうすればいいのか?ということを考えるきっかけにしてみてください。

ビットコインを盗まれる

これは、セキュリティへの意識があまい人は気をつけてください。ビットコインをウォレットから盗まれる(口座から勝手に盗まれることを”抜かれる”と表現したりします)危険性が銀行口座に比べて高いという認識を持って下さい。

理由はいくつかありますが、代表的な理由は2つ。1つは銀行の口座は銀行がその威信にかけてセキュリティを強化しています。だから、ハッキングへの脅威は常に高いですが銀行側がそれを食い止めています。

2つ目は、ビットコインのウォレット(ビットコインの財布のことで、保管する口座のこと)は、ほとんどがオンラインであることです。オンラインということは、世界中のどこからでもアクセス可能で、ハッキングの脅威を受けやすい環境にあるのです。

以上から、ビットコインを持つということは、セキュリティを今までの認識から高める必要があるのですが、どうしても銀行に任せるようにウォレットのサイト管理側にセキュリティの責任まで任せてしまう意識が働いてしまいます。これは、リスクをわかっていてもそうなのです。

ですから、大きな額のビットコインやしばらく使う予定のないビットコインは、オフラインのハードウォレットなどに保管したり、最低限オンラインウォレットのセキュリティレベルは『2段階認証以上』の選択できる最大のレベルを使うべきです。

また、パスワードなどをスマホで撮影して保管することは絶対にさけてください!

これが一番パスワードの流出で多いということですので、必ず紙の手帳などを使うということを徹底してください。

マウントゴックス倒産

それから、ビットコインの危険性といえば、このマウントゴックス倒産事件を外すことはできません。このマウントゴックスとは、ビットコインを日本円や米ドルなどと両替をする取引所のひとつです。

そして、その取引所のひとつでビットコインを口座から盗まれるという事件が起こりました。片言の日本語で『モウシワケゴザイマセンデシタ』という記者会見が印象的な事件でしたが、これはどういう事件だったのでしょうか?

取引所で法定通貨から仮想通貨へ、あるいは仮想通貨から法定通貨へ両替をする場合、全て電子的なデータで管理されます。仮に1万円をビットコインに両替した場合、米ドルなら1万円相当の紙幣をあなたは受け取りますが、ビットコインなどの仮想通貨は紙幣ではないので物理的に受け取りようがありません。

そのために、取引所には個人のアカウントに紐付いた銀行口座のようなものがあって、そこに1万円相当のビットコインをチャージしてくれます。

その口座のパスワードが盗まれて、口座に保管されたビットコインが盗まれたという事件です。

一説によると経営陣がパスワードを不正に盗んで使い込んだ・・・という話もありますが、結果的にマウントゴックスは倒産してしまい、盗まれたビットコインもうやむやになってしまいました。

ここで重要なことは2つあります。

1つは、マウントゴックス倒産=ビットコインの破滅ではない、ということです。ビットコインそのもののリスクとは全く別の話です。

もう1つは、取引所の口座にビットコインを放置しないことです。必ず自分の管理するウォレットに移すようにしましょう。送金にはたとえわずかでも手数料が必要ですが、これは自分のビットコインを守るための必要経費だと思って、必ず実行しましょう。

逆に言えば、これが徹底されていれば、同様の事件に巻き込まれないということになりますね。

ビットコインを持つことは危険なのか?

ビットコインを持つことにリスクはある程度ありますが、それは他の通貨でも同じことです。日本円でも米ドルでもリスクがゼロということはありません。ですから、正しい知識を持って、使い分けるということが大事です。

インフレが心配で、日本円を持つことが心配な人でも生活に必要なお金は日本円で持つしかありません。リスクがあるからといって、一切それを使わない・・・ということではありません。

それと同じことで、使うビットコインはオンラインウォレットで管理して、しばらく使わないビットコインはハードウォレットに保管するという具合にリスクをうまく管理すればよいのであって、ビットコインにリスクがあるから使うのがやめた方がいいということにはなりません。

さらに先ほどのインフレの話でいえば、インフレで日本円の価値が下がると心配する人は、金・株・不動産に資産を変える場合もあります。そのひとつにビットコインが加わると考えれば、金・株・不動産にも変動リスクもありますし、株なら企業の倒産リスク、不動産なら固定資産税などを考えなくてはなりません。そしてビットコインにも変動リスクや管理上のリスクがあるというだけのことです。

つまり、危険性は何にでもあるので、それほど過度に心配する必要はないのでしょうか?セキュリティ管理や分散投資など当たり前のことをしておけば、リスクとうまく付き合うことが十分可能ではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ビットコインにもリスクはありますが、一番のリスクは盗まれるリスクではないかと思います。そして、そのリスクは自衛することができます。

ハードウォレットを使ったり、認証レベルを最大にしたり、スマホでのパスワードを撮影する(キャプチャする)などの禁止行為をしないということで、リスクは最小限に抑えることが可能です。

相場の上下や取引制限は自分では避けようがないですが、ある意味においては『そういう状況下にあるから資産が増えるチャンス』ということでもあります。

ビットコインのリスクは、ビットコインの可能性と表裏一体でもあります。チャンスととるか?リスクととるか?それは個人の考え方ですが、リスクは最小限に抑える方法もあります。ぜひ、賢くなってリスクを抑えて、チャンスに乗ってはいかがでしょうか?

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する