⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 
メルマガ

2017年!「仮想通貨元年」!あなたは、仮想通貨に興味はありますか?

2017年、まさに今年はビットコインをはじめ熱いです。値動きが激しいですね。今年は、仮想通貨にかかわっていたら、何か起こりそうですよ!

今回は、「ビットコインの買い方講座」で、アプリを使った買い方についてご案内します。よろしくお願いします。

仮想通貨とは?

まず最初に、仮想通貨について確認しておきましょう。

日本では、「仮想通貨」という呼び方が一般的ですが、海外では暗号通貨(Crypto currency)と呼ばれています。

「仮想通貨」と「暗号通貨」日本では同じような意味でつかわれでるので、この記事内では「仮想通貨」を使います。

「通貨」というと通常あなたが使っている「日本円」。他には「アメリカドル」、イギリスが離脱した「ユーロ」、「中国元」、フィリピンの「ペソ」等があります。これらは「法定通貨」で、各国の中央銀行がその通貨を管理・コントロールして、保証するものです。

「法定通貨」には紙幣や硬貨のような現物がありますが、「仮想通貨」は、紙幣も硬貨もありません。インターネット上で取引される「仮想」の通貨なのです。ただ、ビットコインで支払いができるレストラン等の実店舗も増えています。

電子マネーとは何が違う?

電子マネーも現物がないことでいうと、仮想通貨と同様ですが、大きな違いがあります。それは、発行主体があるということです。例えば、「nanaco」はセブン&アイグループが発行して、コンビニやスーパーで買い物ができます。

JR西日本では「ICOCA」を発行して、「乗車券」を買わなくても、自動改札機にかざすと「ピッ」と鳴って運賃の精算ができますよね。電子マネーには、特定の発行体が存在します。

これに対して、仮想通貨は違います。特定の発行主体がないのです。不特定多数の利用者(参加者)が、インターネットに接続して取引をします。その取引を取引の当事者以外の参加者が認証して、互いに取引を監視するシステムです。

ビットコインとは?

ビットコイン(Bitcoin)とは、仮想通貨の代表的なコインです。仮想通貨の時価総額の85%以上をビットコインが占めています。2017年3月現在で時価総額2兆円を超えました。

ビットコインは、2008年「サトシ・ナカモト」という名前で投稿された論文に基づいて、その論文に共感した多くのエンジニアが協力して、作り上げ2009年より運用が開始されました。

前項で説明した通り、法定通貨は当該国家の信用により価値を担保していますが、ビットコインはネットワークの参加者が、相互にビットコインに価値を見出し、信用を形成しています。

ビットコインの仕組み

マイニング

最初に、ビットコインは、発行上限を2,100万枚とプログラムに組み込まれています。2,100万BTCを超えて発行されることはないのです。そしてビットコインの取引は、1対1(P2P(ピアツゥピア))で行われます。

その一定期間の取引を認証する作業(取引台帳への追記)が行われ、この作業のことを採掘(マイニング)と呼びます。

この作業の報酬として、新しいビットコインが生成されます。最初の報酬は50BTCでした。約10分に1ブロックの採掘作業が行われますので、1時間に6回、1日144回、1年52,560回。1年で52,600ブロックのマイニングができる計算です。

そして、21万ブロックのマイニングが終了すると半減期を迎えます。21万ブロックのマイニングは、計算上約4年なので、最初の半減期は2012年11月28日に迎えました。ここからの報酬は半分の25BTCになります。ここからまた21万ブロックのマイニング。次の半減期は、2016年7月10日。ここからの報酬は半減して12.5BTC。このルーティーンが継続して2,100万枚に到達するのが2140年になります。

ビットコインをスマホアプリで買う

スマートホン・アプリで、購入できる取引所を探しましたが、どうやらcoinchekだけのようです。ということで、coinchekのアプリを使ってビットコインを買いましょう。

coinchek

coinchekは、ResuPress株式会社が、スムーズな取引を進めるためにリリースしたWEBサービスです。PCにもスマート・ホンにも対応したアプリを開発しました。もちろん、iphone、Androidどちらも対応しています。

そしてcoinchekは、「初心者におすすめ」というキーワードでは、ほとんどの人がcoinchekの名前をあげます。まさに、お勧めの取引所です。

更にcoinchekは、BitcoinだけでなくEthereum、Ripple、Ethereum Classic、Lisk、Factom、Moneo、Zcash、Augurといった時価総額上位の人気のある仮想通貨を取り扱う取引所です。

coinchekの使い方

アカウントを作成する

coinchekを使うには、まずアカウントを作成します。メールアドレスかfacebookどちらからでも作成できます。facebookのアカウントをお持ちの方は、「facebookで登録」のボタンをタップすればすぐに登録できますよ。アカウントを登録すると、ウォレットIDがもらえます。

メールアドレスを登録する方は、入力フォームにメールアドレスとパスワードを入力して、「登録」ボタンをタップしてください。画面が切り替わります。登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

「迷惑メール」に届いている事がありますので確認しましょう。後はメールの指示に従ってアカウントの登録を完了してください。

ウォレットIDを確認する

coinchekアプリの左端の「メニュー」ボタンをタップして「受け取る」をタップすれば、ウォレットIDその下にQRコードが表示されますので確認してください。確認できましたか?

ビットコインの購入

日本円で購入する

まず、「日本円を入金する」ボタンをタップします。画面が切り替わります。SMS認証をしますと、銀行振り込みで入金できます。私は、ビットコインを買うときに、この画面で「クイック入金」を選択して、三井住友銀行の「インターネットバンキング」から入金しています。

クレジットカードで購入する

クレジットカードで購入する場合は、電話番号登録と本人確認書類(運転免許証等)の提出しなければいけません。「クレジットカードの決済口座」のコピーも必要だったはずです。

メニュー画面から「クレジットカードで買う」をタップします。購入希望額を選んで「購入する」をタップすれば購入できます。ここでご注意です。クレジットカードで購入するには、手数料がかかりますので(手数料分受取BTCが少ない)、ご注意ください。

まとめ

今回は、「ビットコインをアプリで買う」点にフォーカスした記事だったので、他の機能については触れませんでしたが、coinchekのアプリでは、「ビットコイン購入」以外にも「送金」「受け取り」「ビットコイン売却」「日本円の入金」「出金」等の処理もできます。

coinchekは、スマートホン・アプリでも、PCソフトに劣らないほどのクォーリティです。使いやすいアプリです。2017年の仮想通貨のビジネスチャンスに、あなたの成功をお祈りします。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

投資は自己責任でお願いします。

一番簡単に有望な仮想通貨に投資する方法

現在仮想通貨は種類が様々存在しており、

どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!

となっている人も多いかと思います。

一番簡単な仮想通貨の投資としてオススメなのが取引所「コインチェック」が取り扱っている通貨を買うことです。

⇒コインチェックのサイトへ

コインチェックはこれから有望である仮想通貨のみを選定して取り扱っている日本の仮想通貨取引所です。

【コインチェック取扱通貨】

コインチェックが取扱い始めた通貨は軒並み価値が10倍以上の値上がりを記録しています。

今コインチェックが扱っている通貨の中から一つ選んで投資してみてもよいです。

また、それ以上に今後コインチェックが新しく取扱いを始める通貨要チェックです!!

これまでの通貨と同様に、コインチェックが扱った瞬間に爆上げする可能性を秘めています!

新しい通貨を取扱い始める際には、登録者にメールが来ますので、とりあえず今のうちにコインチェック登録して、情報がきたらすぐに投資できる準備をしておくことをオススメします!

>>今激アツの仮想取引所「コインチェック」<<

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する